カードローンの審査に通りやすい人の行動

キャッシングベスト3

カードローンの審査に通りやすい人とは?どんな行動をするのか

私は今まで3回カードローンの審査で落ちているのですが、その対策のためにカードローンの審査に通りやすい人の特徴やタイプを調べています。ネット上ではそれに関する情報が多く見られのですが、どうのように参考にしていけばよいかわからず困っています。
(⇒融資審査に何度も落ちる理由

カードローンの審査に通りやすい人とはどんな特徴があるのでしょうか?どんな行動をとる人が審査に通りやすいのでしょうか。

約束を守る、物事を計画的に行えるなどの特徴が想定できます

カードローンの審査に通るためにはその人の行動を分析し真似ることが有効になることもあります。そのため、どういう行動なのかを知っておく必要がありますが、審査の合否に影響しそうな要素を根拠にするとその行動を想定できます。例えば、決まったことを忘れず行う、約束事を守る、物事をある程度計画的に行える、感情に任せないで論理的な行動がとれる、一定の忍耐力がある、などの行動が挙げられます。

ローンの審査は、申込者の信用力と返済能力の面から主に行われています。そのため、それらに関する質問項目への答えの内容が良ければ合格しやすくなり、そういった答えの内容に合致する行動が審査に合格しやすい特徴といえるでしょう。したがって、質問項目と望ましい答えの関係を特定しその答えに結び付く行動を導けば、それが合格しやすい行動として見ることができるでしょう。

例えば、信用力の面では、信用事故を起こしていると審査に通りにくくなります。逆にいうと、信用事故を起こさなければ審査に通りやすくなるといえます。そのため、返済を遅らせない、滞らせないことが必要であり、返済日を忘れない、返済ができなくなるような借入れをしない、返済を計画的に行う、といった行動が求められます。

こうした特徴を抽象化すると、約束ごとを守る、物事を計画的に進められる、自己コントロールできる、というような行動にまとめられます。一方、返済能力に関してはさまざまな審査内容があるので、どれを対象に考えるか難しいですが、主要な収入と支出の内容からいくつかの行動をあげることができます。

例えば、職歴や転職が多いと審査では一般的に不利になるといわれています。その状況がまた退職するかもしれないという可能性を想起させそのことをリスク要因として考えるから不利としてみられていますが、逆にいうと職歴や転職が少ないと審査に通りやすいということになります。つまり、一つの会社でコツコツと働いる人、嫌なことがあってもある程度我慢して働ける人は審査に通りやすいということになります。

収入のよい仕事に就くためには、学生時代からしっかり勉強し、どの学校を卒業し、どの資格を得て、どの会社に入るかなどのプランをたて実行していくことが重要となります。成り行きで給料の高い仕事に就けることもありますが、一定の目標とそれを実現するための計画をもち進めていかないと多くの場合は上手くいきません。つまり、ゴールに向かって合理的な行動をとることが必要といえるでしょう。

こうした行動をまとめると、一定の忍耐力をもって仕事に取り組める、コツコツと物事に取り組める、思いつきでなく合理的な行動がとれる、といった特徴が浮かんできます。もちろん、こうした特徴は審査に合格した人のアンケートなどを参考にしたものではないですが、審査結果に影響する要素とかかわりの深い行動なので無視することはできないのではないでしょうか。

審査通りやすいカードローンの特徴と有利な利用の仕方

審査通りやすいカードローンの特徴はいくつかあります。まず、金利が高いことが特徴の一つとして挙げられます。金利は法律によって上限が定められていますから、いくらでも高くすると言うことはできません。具体的には、10万円までは20%、10万円以上100万円未満は18%、100万円以上は15%と、借入金額に応じて金利に上限が定められているのです。

審査に通りやすいカードほどこの上限に近くなっています。この傾向がありますから、逆に金利を見れば審査に通りやすいのかどうかを判断する事ができるのです。この使い方も知っておくべきでしょう。また、借入限度額はあまり大きくない場合が多いです。借りることができても数十万円くらいが上限になると考えておいたほうが良いです。中には数万円しか借りる事のできないものもあります。

審査に通りやすいカードローンは金利が高い傾向がありますから、利息も大きくなる傾向があります。ですから、利息を抑える事ができるように工夫して借りるべきでしょう。では、どうすれば良いのかと申しますと、もっとも良い方法は早く返済をすることです。利息は借入期間に応じて大きくなります。借り入れる期間が半分になれば、支払う利息も半分になるのです。(参考ページはこちら→融資の利息計算方法

カードローンの契約をすれば返済日は契約によって定めます。決めた日に決めた金額を返済しなかった場合には、それは滞納として扱われてしまいますから、遅れるべきではないでしょう。しかし、返済日よりも早く返済できる制度はたいていの金融機関が備えています。

このような制度を利用すれば、利息を非常に小さくすることができます。例えば、3日後に給料が入るのであれば、3日間だけ借りると行った使い方ができるのです。3日後に返済をすれば3日分の利息しか発生しませんから、利息の金額を小さくする故尾賀できます。このようにして利用していけば、審査通りやすいカードローンでもデメリットを抑えて有利に使うことができるのです。
(⇒カードローンをより良く利用するコツ

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2017 お金を借りるならココだ!一番人気のカードローン・ランキング All Rights Reserved.