秋田銀行カードローンは幅広いニーズに対応

キャッシングベスト3

秋田銀行のカードローンに関する評判を知りたいのです

地方の土木建設会社で働いている46歳の男性会社員です。来月に実家で法事があるので、その法事にかかる費用をカードローンで借りようと思います。

できれば金利が低くて安心して借りられるところがいいと考えています。そうなるとやはり銀行のカードローンと言うことになるのでしょうか?地元の銀行は秋田銀行で、自分も給与の振込等に利用しています。
(⇒やはりお金を借りるなら銀行が良いの?

が、いままで秋田銀行でお金を借りたことはありません。そこで秋田銀行のカードローンについてお聞きしたいのです。よろしくお願いします。

秋田銀行カードローンは幅広いニーズに応えます

秋田銀行は、通称“あきぎん”と呼ばれて地域住民のメインバンクとして親しまれてきた地方銀行です。秋田銀行の本店は秋田市にあり、県下にある市の指定金融機関とされている多くの地銀と強い関係をもった地銀でもあるのです。

そんな地域住民の支えとなっている秋田銀行が提供する個人向け無担保カードローンのラインアップは実に多彩なのです。それゆえ、幅広い借入ニーズに対応できるカードローンになっていると言ってよいでしょうね。

そんな多彩なカードローンの中で、まず注目してみたいのが『モビット ネクスト』なんです。インターネットから申し込めば審査は最短で即日に回答してくれて、しかも来店不要で融資が受けられます。

また、秋田銀行に口座を持っていなくても利用可能で、安定した収入さえあれば誰でも申し込みができます。融資は30万~300万と余裕も十分です。そして、次に注目したいのが『<あきぎん>SMART NEXT』です。

秋田銀行に口座が無くても利用でき、原則として即日回答、しかも来店不要で融資が受けられます。そして、特徴としては、カードローン型と一括借入型の2通りの申し込み方法がある点です。

カードローン型では、30万から500万までの枠内の10種類の融資額の中から選べて、通常のカードローンの借入方法で利用しながら各々の融資額に定められている約定返済額を支払っていく方式となります。

一方、一括借入型では、10万以上500万以下で任意の金額が借り入れでき、300万までの借り入れでは7年以内に、300万超の場合には10年以内に完済する目安で計画的に自分なりの返済ができる点が特徴となります。

また、秋田銀行に口座が無くても利用できます。金利は年5.8%~14.8%といった低金利です。加えて、カードローン『A サポート』も魅力的なカードローンとなっています。使い道は自由で、旅行資金やカルチャー関連資金として、また冠婚葬祭資金や理美容関連費用にも充てられます。

さらに結婚費用にも使える様々な生活シーンで役立てられるカードローンなのです。利用は満20歳以上満65歳以下で、勤続年数が3年以上あること、かつ保証会社から保証が受けられれば誰でも利用が可能です。

融資は10万~300万までとなり、借入単位は1万円単位となります。他方、金利については、リビング関連資金等では年4.500%、医療・歯科治療・介護費用といったケア利用では年3.500%、そしてブライダル関係の利用の場合は年2.500%となり、それ以外の用途の場合は年2.000%といったように、低金利が特に目立つ内容になっています。

もちろん担保も保証人も不要です。申し込みには収入証明書、健康保険証と預金口座の届出印が必要になります。以上のように、秋田銀行のカードローンは様々な借入ニーズに応えられるバラエティなラインアップになっており、その点が秋田銀行カードローンの魅力と言ってよいのです。

カードローンは普段のメインバンクで。秋田の人は秋田銀行など

手元に現金もなく、預金口座も引き落としの関係でお金をおろすことができないというときに、急なお金が必要になったら、どうしますか。

誰かからお金を借りると言う方法もあります。でも、お金を借りられるほどの近い関係の人でなければ、難しいでしょう。しかも、近い関係の人とお金の問題を持ちたくないですよね。やはり、そのような時は、カードローンでしょう。カードローンを契約しておけば、困った時にいつでもお金を引き出すことができます。コンビニのATMなどから、まるでキャッシュカードで預金を下ろすように、カードローンでお金を借りることができます。

もちろん借金という形ですので、返済能力に関わる審査はあります。仮審査と本審査です。仮審査は、申し込んだ人の属性を基準にして、融資ができるかどうかを判定するものです。年収や他社からの借り入れ状況などを参考にします。仮審査に通ると、今度は本審査です。

本審査では、本人の過去の借金の履歴が調べられます。借金をしていること自体は問題がないのですが、それを滞りなく返済しているかどうかが問題です。返済ができなくなって、法律のお世話になる債務整理の履歴があると、借り入れは非常に厳しくなります。

ところで、カードローンは銀行や消費者金融などで扱っていますが、申し込むならばより有利なところに申し込みたいですよね。審査も通り易く、限度額もなるべく大きく、そして金利の安いところです。あなたの返済に関わる信用力を良く知っている金融機関に申し込めば、他の金融機関よりも条件が有利になります。つまり、普段使っているメインバンクです。メインバンクなら、あなたの給与が毎月安定的に入っていることや、そこから滞りなく公共料金の引き落としをしていることなどの履歴があります。これらは信用情報機関にはない情報です。よって、他の金融機関よりも、メインバンクのほうがあなたの信用力は高いと言うことになります。

メインバンクは、意外に地元銀行である例が多いのです。秋田の人なら秋田銀行、静岡の人ならスルガ銀行などです。必ずしも大手都市銀行や大手消費者金融のほうが有利になるわけではないのです。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2017 お金を借りるならココだ!一番人気のカードローン・ランキング All Rights Reserved.