銀行系カードローンの利用上のメリットとは

キャッシングベスト3

銀行系カードローンで借りたらどうなるの?メリットは何なのか

私は都内の食品加工会社に勤めるサラリーマンですが、別居している子供への養育費の負担が大きく毎月の生活が厳しくなっています。このままではいざという時に困るのでカードローンを利用しようかと思っているのですが、消費者金融系や銀行系のカードローンなどがあり何を選べばよいかよくわかりません。(参考ページはこちら→銀行と消費者金融ならどっちを選ぶ?

できれば馴染のある銀行系のローンがよいのですが、銀行系で借りたらどのようなメリットがあるのでしょうか

低金利、利下げや借越サービス、などのメリットがあります

多くの都市銀行や地方銀行がカードローン事業に進出しており、かつ積極的に事業を進めています。その結果、そうした銀行系カードローンの内容も充実しており、大手消費者金融と比べても見劣りしないものになっています。具体的には、銀行ならではの低金利、住宅ローンの利用などによる利下げ、預金口座の残高不足への借越、などの銀行系独自の魅力的な内容やサービスが用意されています。
(⇒低金利は融資で要チェックの重要なポイント

銀行系カードローンの定義は明確にはありませんが、ここでは都市銀行や地方銀行など銀行で運営されているカードローンを銀行系カードローンとします。リーマンショック以降の不景気で日本のビジネス分野における借入ニーズも減退し銀行の事業運営も厳しくなっていましたが、多くの銀行が収益の拡大を目指し個人向けの貸金事業に本格的に参入し始め強化を図っています。

銀行は消費者金融と比べ貸金事業への進出が出遅れ知識やノウハウで劣っているので、その差を埋めるための商品やサービスの開発に熱心なところも少なくありません。具体的には、低金利の貸付が第一に挙げられるでしょう。銀行の一般的な金利の範囲は4%~15%となっていて、利用者個人の利用限度額と対応して具体的な金利が設定されます。

最も低い銀行では、下限金利が3%台、上限金利が12%台にしているところもあります。一方、大手消費者金融が4%~18%で設定されているので、銀行のほうが低いといえるでしょう。100万円未満の比較的低額の借入れの場合、大手消費者金融は15%~18%程度であるのに対して、銀行系は12%~15%程度であるので、銀行系がかなり有利です。

また、銀行系カードローンでは独自の金利引き下げサービスを実施しているところがあります。その代表が住宅ローンの利用者への金利引き下げサービスです。例えば、対象の銀行で住宅ローンを利用している場合にカードローンを申し込めば、カードローンの借入金利が通常より0.5%下がる、といったサービスです。単に住宅ローンを利用しているだけで金利が下がるので本当にお得です。

公共料金などの支払いを銀行の総合口座から自動引き落としで決済している人も多いですが、時々口座に入金するのを忘れて支払いが遅れるようなことはないでしょうかそんな時に役立つのが銀行系カードローンによる借越サービスです。これは預金口座の残高不足で支払いができない場合に、カードローンから利用限度額の範囲内で自動的に融資する仕組みなのです。

そのため、口座への入金を忘れていてもカードローンから立替払いしてくれるので、支払いが滞ることがなく安心です。ただし、口座をしっかり管理しておかないと、不足したことや借入れしていることに気付かないまま長期間放置してしまい多額の利息を負担するはめになりかねないので注意が必要です。

以上のように銀行系カードローンならではの魅力がありますが、さらにその銀行独自の特典などが用意されていることも珍しくないので、お近くの銀行や既にお取引のある銀行に確かめてみてはいかがでしょうか。

銀行系カードローンでお金を借りたらどうなるか

現在ではさまざまな金融機関が融資のサービスを展開しており、金融機関や消費者金融などからカードローンの利用手続きが手軽に行えるようになりました。最近では銀行系カードローンも種類が増えており、申し込み利用者も増えています。銀行が提供するカードローンというのは消費者金融が行っていたカードローンを銀行で独自の審査を行い利用出来るようになったカードローンになります。

銀行系カードローンでお金を借りたらどうなるかと言うと、消費者金融でお金を借りる場合に年収の30%までの融資に制限される総量規制がありますが、銀行が行うカードローンに関してはこの帰省の対象外となっています。それでも銀行系カードローンにも借入限度額の設定はあるので、決められた限度額内での融資が受けられることになります。

それまでの銀行が行うカードローンについては消費者金融のカードローンに比べて、使い勝手が悪いイメージがありました。それはキャッシングの引き出しが銀行のATMのみに限定されていたり、返済に関しては口座引き落としのみの設定だったことがありましたが、現在では銀行系のカードローンは引き出せるATMも銀行のみならず、24時間対応が可能なコンビニに設置されているATMの利用が出来るようになったり、郵便局に設置されているATMから利用することも可能になりました。また返済方法に関してもそれまでの口座引き落としは継続して行われていますが、コンビニのATMを利用していつでも返済が出来るようになったり、自由に上乗せ返済が出来るようになったりと、利用者がいつでもどこででも利用が出来るように幅広い設定となりました。

銀行系カードローンには保証会社があり、消費者金融を傘下に置いて保証を受けるようになっています。利用者側が保証人を用意する必要はない代わりに銀行側で保証会社を要して、返済の遅延があった場合に保証会社から返済が行われる仕組みになります。それだからといって返済の遅延に寛容であるというわけではなく、返済が遅れる人には相応のペナルティが課されます。

【参考ページ】
銀行カードローンを選んで受けられる恩恵について

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2017 お金を借りるならココだ!一番人気のカードローン・ランキング All Rights Reserved.