銀行カードローンのリスクとメリットとは

キャッシングベスト3

初心者が注意したい銀行カードローンのリスクとメリットは何か

私は今日までカードローンを利用したことは一度もありませんが、最近サービスがとてもよくなったと聞いたので安心感のある銀行カードローンの利用を考えています。しかし、カードローンのことについてよく知らないので何から検討してよいのかわかりません。

利用初心者が注意しておいたほうがよい銀行カードローンのリスクとメリットは何でしょうか。

安心感があり低金利であるがゆえに使い過ぎやすい点が要注意です

多くの銀行がカードローン事業に参入しその商品やサービスの内容を強化していますが、利用者、特に初心者が利用する上で注意すべきメリットとデメリットがあります。安心感、低金利や金利引き下げサービスなどのメリットがある一方、低金利で使いすぎる、変動金利タイプがある、審査が厳しい、といったデメリットもあるので適切な利用を心がけないと損やリスクに結びつくこともあります。

銀行はカードローン事業で後発であり消費者金融と比べると知識や経験が少なく競争力となるノウハウが乏しいといえます。そのため銀行は商品やサービスの内容を充実させ競争力を高めようと取り組んでいます。例えば、低金利化です。消費者金融では4~18%程度であるのに対し、銀行では3~15%程度の金利にして差別化を図っています。

さらに、住宅ローンなどの利用に対してカードローンの金利を引き下げるというサービスもあります。銀行によっては、住宅ローンのほかに、マイカーローンや教育ローンなどにも適用しているところもあり、利用者にとっては金利が引き下がる可能性が大きくなっています。

また、銀行では消費者との日常での取引(給与振込、公共料金の決済など)を利用した預金口座の貸越サービスも行っています。これは口座の残高が不足して公共料金などの支払いができないときにカードローンから立替払いする仕組みです。うっかり口座への入金を忘れて口座の残高が不足する場合にはローンから払ってくれるのでさまざまな支払いが滞ることがないので安心です。

このように銀行カードローンには独自の魅力的なサービスがあるのですが、逆に大きなリスク要因もあります。まず、審査が厳しい点が挙げられます。いくら魅力的なローン商品であっても利用できなければ意味がないので、審査に通るための対策も必要となります。そのため審査への準備に労力を費やしたり、ローンを利用できる時期が遅れたりするという負担をもつことになるのです。

また、金利が低いために使い過ぎてしまいやすいという欠点もあります。銀行の貸付金利は消費者金融と比べて低くなっており、また銀行という金融サービス機関としての安心感があるので、安易に利用されることも少なくないのです。いくら金利が低いといっては100万円未満の借入れでは15%ほどの金利がかかることは珍しくありません。

長期に渡って返済していけば利息の負担はかなり大きくなり、やがて返済が困難な状況に陥ってしまうこともあるのです。また、銀行の場合は変動金利を採用していることも少なくないので注意が必要です。現在では国債の金利が低めで安定していますが、経済状況が一変して急激に高騰するということもあり得ます。単に安いからといって何の対策も考えずに放置しておくと大きな損失を被ることになりかねません。

このように銀行カードローンには多くのメリットとデメリットがあるので、それらをよく理解して自分に上手く適合させることが重要です。どのリスクを回避しどのメリットを最大に享受すべきかを自分なりに分析してベストの銀行ローンを選定してほしいものです。

銀行カードローンリスクとメリットを解説します

銀行カードローンは、金利が低くて限度額が大きいと言うことから多くの人にとって魅力的なものに映るようです。しかし、銀行カードローンリスクとメリットがあるということも知っておかなければなりません。良い面もあれば悪い面もあります。

まずメリットについてですが、全体的な傾向として低金利である事が挙げられます。金利が低いですから発生する利息の金額も小さいです。ですから、借り入れとしては有利だと考えられます。ただ、これは契約によって異なる部分が大きく、例えば限度額が10万円くらいの契約であれば、金利が10%を超えるくらいの高金利になる事もありますから、一概には言えません。(参考ページはこちら→融資で低金利はやはり大きな魅力

とは言っても、全体的に見れば低金利です。とくに、限度額を大きくできればかなり金利を低くすることができますから、利用しない手はないでしょう。消費者金融と比較すると、相当な違いがあります。この点では銀行カードローンは優れています。

もう一つのメリットは限度額です。銀行カードローンは、消費者金融とは違って貸金業法の規制は受けません。そのため、総量規制の対象外となるのです。総量規制の対象外とはなりませんから、法的に借入限度額に制限が設けられることはないのです。この点でも銀行カードローンは優れていると言えるでしょう。

リスクについては、借りすぎてしまう可能性がある事が挙げられます。お金がないときには、つい借りてしまうものです。これを続けていくと、ついには返済ができなくなるくらいまで借金を重ねてしまうことにもなりかねません。銀行カードローンは、消費者金融よりも多く借りることができますから、つい借りすぎてしまうといったことにもなりかねません。

銀行カードローンは非常に便利で、消費者金融などに比べると借りやすい傾向がありますからつい使いすぎてしまうものですが、借りすぎることによって返済できなくなる可能性もあります。返済計画はきちんと立ててから借り入れをするようにしましょう。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2017 お金を借りるならココだ!一番人気のカードローン・ランキング All Rights Reserved.