在籍確認なしのカードローンは実在するか

キャッシングベスト3

在籍確認なしのカードローンがあるって聞いたけど、ホント?

カードローンって、普通は会社に在籍確認の電話をしてきますよね?でも、在籍確認なしで審査するカードローンもあると聞きました。本当にあるとしたら緊張しなくていいし、便利だなーと思うんですけど、実際にそんなところあるんですか?

ごく僅かですが別の方法で在籍確認するカードローンは実在します

今でもほとんどのカードローン審査で、在籍確認の「電話審査」が行われています。これが一番手っ取り早く、しかも確実にお勤めの申告が本当か嘘かを確かめられる手段でもあるからです。審査と言っても、「誰々さんいらっしゃいますか?」と呼び出しをお願いして、休みや外出で不在でも、「席を外しております」「お休みです」と答えが返ってくればOKな程度なんですけども。
(⇒在籍確認がダメなら審査に落ちるの?

ご質問で仰っているのは、この「電話審査」のことでしょう。それをしていないカードローンもごくごく僅かですが存在はしています。しかし、「在籍確認」は行なっているのでお間違えのないように。そのごく一部が行なっている在籍確認の代表例をひとつご紹介します。

①カードローン会社が指定する銀行口座を持っていて、その口座を返済用に利用すること。②お勤め先のわかる健康保険証を「身分証明書とは別に」提出できること。③直近の給与明細書を提出できること。

①は指定銀行に口座さえあればOKですし、②は社会保険や共済組合に加入していれば問題なし。③は申込みの前の月にもらった給与明細書を捨てていなければ大丈夫。銀行口座以外の条件は難しくないでしょう。唯一問題があるとすれば、「身分証明書」に健康保険証は使えないことでしょうか。そのカードローンでは、身分証明書類として、「運転免許証」または「パスポート」と指定しています。車に乗らない海外旅行もしない方には「マジで~!」と言いたくなるかもしれませんね。

と、このように電話ではなく書類で在籍確認をしている所もあることはあります。しかし、圧倒的少数で、まだまだ普及するまでには時間も課題も残されているでしょう。なにより「国民健康保険はNG」というのが痛いですね。非正規雇用の多くは国保加入者ですから。

借り入れ審査・在籍確認なしのカードローンについて

個人が自由に使えるお金を借りる方法としては、消費者金融や銀行などのキャッシングまたはカードローンがあります。これらは個人向けの小口貸付で500万円以下の貸出が中心で、無担保でお金を借りることができますが、利用するためには返済能力に関しての審査を受ける必要があります。

一般には消費者金融が行っているキャッシングの場合は、安定した収入があり、ほかに借り入れがなければ審査は通るとされています。ただし、収入によって借り入れられる金額が制限され、また返済能力の信用が低いと判断された場合には金利が高めに設定されます。一方で銀行のカードローンも条件は同じですが、サラリーマンや公務員が貸出対象となっており、その分、借り入れられる金額が多く、金利も低いというメリットがありますが、キャッシングに比べて審査が厳しいとされています。また信販会社のクレジットカードも同様とされています。
(⇒金利が低いカードローンの魅力

また審査を受けるさいに行われる確認としては、住所や氏名、生年月日のほか、実際の居住年数や居住実態、勤務実態があります。住所、氏名、生年月日は身分証明証で確認されます。居住年数や居住実態、勤務実態に関しては、自己申告ですが、このうち勤務実態に関しては確認が取られる場合があります。いわゆる在籍確認と呼ばれるもので、審査の段階で申告した勤務している会社に電話などで、その在籍を確認するというものです。あくまでも在籍を確認するだけなので、詳しい勤務実態や勤続年数を聞かれることはありません。また金融機関名を名乗ることもないので、勤務先に審査を受けているということを知られることはないよう配慮してくれています。

この在籍確認は、どの金融機関でも審査の段階で行っていることですが、場合によっては行われないこともあります。特に新規の借り入れ審査の場合には、在籍確認なしのカードローンは存在しませんが、定期的な借入や返済実績がある場合には在籍確認を行わないことが多いとされます。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2017 お金を借りるならココだ!一番人気のカードローン・ランキング All Rights Reserved.