定期担保貸付に興味があります。定期預金の担保の方法は?

少しお金が足りなくなってしまい定期預金の解約も考えたんですが、定期預金を担保にしてお金が借りれると聞きました。定期担保貸付というものらしいのですが、今まで全く知りませんでした。

定期預金の担保の方法はどうすればよいのでしょうか?

定期預金をおこなっている金融機関から一時的な借り入れができます!

定期預金を解約することなく、その定期預金を利用して一時的な借り入れを行うことができます。特別な手続きなどをする必要はほとんどありません。定期預金がセットされた総合口座を作ると、自動借り入れというサービスを簡単に利用することができる金融機関(銀行)があります。この自動借り入れというサービスが、定期担保貸付と同じものになります。

毎月の家賃や公共料金を引き落としにされている方も沢山いらしゃるでしょう。普通口座の残高が不足していても、引き落とし日に「自動借り入れ」で払ってくれたり、普通口座の残高以上のお金を「自動借り入れ」で引き出すことだって可能です。

引き出せる金額は、総合口座にある定期預金の90%程度かと思います。借り入れの上限もありますので、定期預金の金額が大きい場合は300万円程度までとなってしまう場合もあります。

この借り入れ金額の設定は金融機関によって違いますので、定期預金をされている金融機関に確認されてください。

定期担保貸付の良い点は、金利が低いこととちゃんと返せば定期預金を解約する必要がないことです。せっかく、コツコツ貯めた定期預金を解約する必要はありません。普通口座の残高はマイナスで記載されてしまいますが、直ぐに返せば金利もあまり支払うこともなく、今まで通りの生活が送れます。

定期預金を解約されて別の金融機関に預金を移されるのは銀行にとっても痛手になります。定期預金を解約されないように金融機関側も薦めてくれる借り入れ方法ですので、是非、定期担保貸付を上手に利用されてください。

定期預金の担保で借り入れをする方法が存在する?

最近は金利もすごく落ちてしまって、利息がつかないので預けていても意味が無いとまで言われることが多い定期預金ですけれども、定期預金の金利は高いところでも1%すら行かない状況です。これは景気が上がっていかない限りはどうしようもないわけですが、定期預金を仕方なくしている人は多いようです。

日本人は株式取引が一時期流行したといっても、まだまだ年齢の高い層にとっては定期預金のほうが人気が高いようです。金利がつかないことがわかっていたとしても、お金を預けるという人たちが中心なのでまだ沢山の人が使っているのですが、実は他の理由から使っているという人もいます。主にビジネスをしている中小企業の社長や個人事業主の人に多いとされています。

それが定期預金の担保としてお金を借りるという方法なのです。定期預金の担保が存在するということ自体、知らない人のほうが多いと思いますが、実はこういう貸出を銀行は行っているのです。やり方は簡単でビジネス向けの融資を受けるのであればそれと同額か、半額くらいのお金を銀行の定期預金に預けるのです。そうすれば借り入れができるというわけです。

これはある意味定期預金の担保なんですけれども、言い方を変えれば預金を人質にとっているということになります。預金を保証金のような形で取ることによって、お金を貸しているという形です。借入をする側としてはなんとしても借入をしたいわけですから、こういう定期預金の担保を必要とする貸出というものが使われているのでしょう。

この方法は基本的にフリーローンやカードローンなどでは使われていないとされているので、個人向けの融資を必要とする人にとってはあまり関係がないかもしれません。ただ、銀行系カードローンを多く使うようになれば、色々な勧誘がやってきます。定期預金もそうですし、投資信託や保険など、営業を受けるようになります。

一般的には考えにくいかもしれませんが、今でもこの定期預金の担保が必要な融資というものを受けている中小零細企業の社長というのは、以外に多いものなのです。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2017 お金を借りるならココだ!一番人気のカードローン・ランキング All Rights Reserved.