銀行カードローンで借りる事のデメリット

キャッシングベスト3

銀行のカードローンを借りるとデメリットはありますか?

銀行のカードローンて、消費者金融のものよりも低金利だし、メリットは多そうだけどデメリットってなさそうですよね?安心感もあるし。でも、使ってみないとわからないデメリットもあるのかなと関心があります。銀行のカードローンでお金を借りると、デメリットはありますか?あるとしたら、どんな事が考えられますか?(参考ページはこちら→カードローンにありがちな問題について

安心感からくる油断、借金という感覚が鈍る点でしょうか

そうですねぇ…。それを言っちゃおしまいじゃないかという回答になりますが、「利息が発生すること」が何よりのデメリットでしょう。低金利であっても借金は借金ですから、利息はしっかりと発生します。それが最大のデメリットでしょうね…。
(⇒利息が怖い人はしっかりと計算をしておこう

最初に極論を書いたのは、銀行カードローンの便利さに慣れて、「借金と思わなくなる」人が多いからなんです。最近の銀行カードローンはキャッシュカード一体型ものも増え、口座引き落としの残高不足を条件付きで自動融資をするなんてサービスまでついていたりします。うっかりミスをカードローンがカバーしてくれるなんて、非常にありがたいですよね。

しかし、これらのサービスによって、「自分のお金」と勘違いする、あるいは「自分が使えるお金」と思ってしまう、人間の弱さに勝てるかが問題となってきます。困ったときの非常手段として借りる。期間限定の欲しい商品に少し手が届かないときの助け舟として借りる。人間関係の上で必要な分を借りる…。借りる目的は様々ですが、間違っても「自分のお金」と思ってはいけないんです。

消費者金融のカードローンよりも平均的に低金利で、使い勝手のいい銀行のカードローンだからこそ、「お金を借りているんだ」という強い意識が必要だということですね。

銀行のカードローン借りるとデメリットは?

カードローンやキャッシングというのは、無担保で保証人をつけずに借り入れをすることができますので、多くの人に利用されています。これらのサービスを行っているのは、銀行系や消費者金融系、信販系、流通系といろいろな業者ですが、それぞれに特徴がありますので自分に合ったところを選ぶのが良いでしょう。(参考ページはこちら→たくさんの金融業者の中にはユニークなところもあります

銀行系の場合、民間の業者と違って安心して借り入れができるというメリットがあります。また、資金力が豊富ですので、他の金融機関よりも比較的金利が安くなっており、利用限度額の上限も数百万円と高額になっているところがほとんどです。そのため、できることなら銀行系で借入をしたいと考えている人は少なくありません。

一方で、銀行のカードローン借りるとデメリットはないというわけではありません。銀行系での融資は基本的に保証会社が付きますので、申し込みをしたときには銀行と保証会社の両方で審査が行われます。そのためどうしても時間がかかってしまい、消費者金融系のように即日融資ができるところというのはまずありません。また、融資先を限定しているところも多く、ほとんどの銀行系は本支店の営業区域内に居住または勤務している人だけに融資をしています。遠方の銀行で使いやすそうなカードローンを見つけたとしても、利用できないことがほとんどです。さらに、審査は消費者金融系や信販系よりも厳しくなっているといわれています。これまで民間の業者で借り入れができていた人が、銀行系では断られたというケースも多くありますので、申し込みをするときには気をつけましょう。

これらのリスクはありますが、審査に通って借り入れができたときには非常に便利な金融機関です。金利が低いのでまとまった資金を借りたり、長期的な利用をしても負担が少なく、おまとめローンや車の購入資金、教育資金などに活用することもできますので、目的別ローンに通らなかったときに代わりに使う人もいます。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2017 お金を借りるならココだ!一番人気のカードローン・ランキング All Rights Reserved.