消費者金融で借りるのに銀行系のカードローンの金利高い?

転勤をきっかけに、大学時代から住んでいた部屋を引越すことにしました。やっと部屋を見つけたのは良いですが、契約だけでかなりお金がかかって、貯めていたお金をほとんど使ってしまいました。まだ引っ越し費用も必要なので、足りない分はカードローンで補おうと思ってます。

それで有名な銀行系のカードローン会社にしようと思うのですが、やっぱり気になるのは金利です。消費者金融で借りるのに、銀行系のカードローンの金利高いですか?(参考ページはこちら→消費者金融と銀行ってそんなに違うの?

銀行系のカードローンの金利が特に高いということはありません

引っ越しは本当にお金がかかるのよね。これから引っ越し費用はもちろん、引っ越してからも何かと必要な物を買うことになると思うわ。契約だけで貯金が少なくなってしまったのなら、やっぱりカードローンを利用した方が良いわね。銀行系のカードローンを選んだということだけれど、それなら安心して借りることが出来るわ。

質問の金利のことだけど、今はどの消費者金融もあまり大きな違いが無いのが現状なの。それぞれに上限から下限までの金利があって、多少の違いはあるけれど、ほとんどの上限金利は横並び状態ね。だから消費者金融を金利で比較するのは難しいって感じかしら?利息だけの面で言えば、いっそ銀行のカードローンの方が低金利よ。それもカードローンを選ぶときに選択肢になるんじゃない?
(⇒消費者金融の金利に決まりはあるの?

というわけで、銀行系のカードローンの金利が高いってことはなくて、他の消費者金融とそんなに変わりは無いわ。しかも銀行系のカードローンは、銀行の信頼性と、消費者金融のサービスの良いとこどりだからおすすめだといえるわね。安心して便利に利用が出来ると思うわよ。早速申し込んで、引っ越し&新居での生活に備えてね。

消費者金融に比べて銀行系のカードローンの金利高い?

消費者金融に比べ、銀行系のカードローンの金利高い?という疑問があります。これは実際には銀行系のカードローンの金利の方が弾くのです。そのため返済を行うことがしやすく、利用しやすいのです。

銀行系の場合には、銀行が発行している金融商品であるために、金利が高く、また審査厳しいというイメージがあります。しかし実際には、銀行系の方が金利が安く、そして審査が優しい傾向にあります。これらは銀行系であるために、より利用しやすいことが要因で引き起こされているのです。

カードローンの審査に必要なことは、利用中にしっかりと利用している金額を返済することが出来るのか、ということの能力をしますことです。そのためには年収が勤続年数が重視されるようになり、審査の基準にこれらが満たされなければならないのです。銀行系がこれらの審査において、消費者金融よりも審査が緩いと言われている理由には、金利が低いために、それほど大きな金額を稼いでいなくても借りられるからです。
(⇒融資審査に落ちた場合はこれらに引っかかったから?

カードローンの返済の場合には、借り入れを行った金額に、利息を加えて返済することになります。そして審査においては、どれだけの金額を一度に返済することが出来るのか、ということを判断されるのです。そのような場合においては、返済には利息が加えられており、そしてその利息は金利により金額が変わるのです。金利が高ければ高いほど、利息が高くなってしまい、同じ金額を借りたとしても、より多く返済しなければならなくなるのです。

ここが消費者金融系と銀行系のカードローンの違いなのです。返済をする際に、返済する金額が少なければ少ないほど、支払い能力が低く済むために、年収や勤続年数が少なくても大丈夫なのです。金利が低ければ同じ金額でも支払い能力が少なくて済みます。そのため金利の高い消費者金融系のカードローンに来れば、銀行系のカードローンが利用しやすいのは、このように金利が低いからなのです。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2017 お金を借りるならココだ!一番人気のカードローン・ランキング All Rights Reserved.