銀行カードローンに通るにはどうすれば?

キャッシングベスト3

銀行カードローンに通るために今すぐするべきことはある?

会社員1年目の24歳です。まだお給料が安定しないので、いざというときのために、銀行カードローンを申し込みしようかと思っています。クレジットカードのキャッシングも考えましたが、キャッシング専用のカードの方が便利だというウワサを聞いて、いつも使っている銀行のカードローンを申し込みしようと思います。(参考ページはこちら→キャッシングは何故便利なのか

でも、審査があるということで不安です。銀行カードローンに通るには、何をすればいいのでしょうか。自分にも、今すぐできることはあるのでしょうか。

銀行カードローンに通るためには勤続年数も重要

銀行カードローンの審査が不安ということですね。それでは、まず、銀行カードローンに通る人の特徴をご紹介します。

一言で言うと、銀行カードローンに通る人は、返済をちゃんとできるという人です。返済をちゃんとできるということは、収入が安定していて、他に借り入れのない人ということですね。

例えば、Aさんは、貯金がたくさんあるとします。でも、Aさんは無職です。一方、Bさんは、貯金はほとんどないけれど、毎月安定した収入を得ています。この二人の場合、どちらが銀行カードローンに通るでしょうか。正解は、Bさんの方です。全財産を比較するとAさんの方が多くても、銀行カードローンは、安定した収入のあるBさんの方を選ぶのです。

それは、銀行カードローンが、「安定感」を第一の条件にしているからにほかなりません。貯金は使えば減ってしまいます。しかし、毎月の収入があれば、必ずお金は入ってきますよね。そちらの方が、キャッシングの返済には安心なのです。

また、他社にキャッシングがあるのは、審査のマイナスポイントです。たとえたくさんの収入があっても、すでに借金があるのでは、そちらの返済に大変になってしまい、新しくキャッシングを申し込みしても、そちらにまで返済が回らないかもしれません。ですので、銀行カードローンは、他社にキャッシングしている人を避けるのです。

これを踏まえて、ご質問者様の場合、他にキャッシングはないということでしょうし、会社員ということで毎月安定した収入があるとは思いますが、「会社員1年目でまだ安定しない」ということが、銀行カードローンの審査のマイナスポイントになることが予想されます。ですので、銀行カードローンの審査に通るためには、今すぐにできることは残念ながらありません。毎月ちゃんと働き続け、1年や2年くらい経って、安定した収入があるということを証明できるようになってから、銀行カードローンに申し込みするのが得策でしょう。

審査に通ることが簡単な銀行カードローンとは

現在地球上に存在している国というのは、貨幣制度を導入している国ばかりです。貨幣制度を導入しているということは、物品を取得したりサービスを受けたりする際の交換物としてお金が使用されるということです。例えば、食べ物が欲しいといった場合、食べ物に付けられている金額と同等のお金を、食べ物の売り手に支払えば、その食べ物を得ることができるということです。こういった仕組みによって、現代社会は成り立っています。

では、このお金という物は、どのようにして社会に存在し得るのでしょうか。貨幣制度を導入している国には、中央銀行というものが存在しています。これは、国のお金を発行したり流通量を管理したりする機関です。一国の全てのお金はこの中央銀行によって生み出されています。お金は、この中央銀行から一般の銀行などの金融機関に貸し出され、そして各金融機関から会社などの事業者や個人に対して貸し出しが行われています。こういった流れを経て、一般国民はお金を手にすることができます。

この金融機関から個人に対してお金が貸し出されることは、現代においてはカードローンなどと呼ばれています。このカードローンの特徴は、スピーディーにお金を借りることができるといった特徴があります。例えば、急な出費などの時に手元にお金が無くても、すぐにお金を借りるといったことができるようになります。ですから、非常に便利で頼りになるサービスと言えます。
(⇒カードローンはどんなところが発行してる?

カードローンを利用する場合に必要なことがあります。それは、審査を受けるということです。どういったことが審査されるのかというと、借り手側にきちんとした返済能力があるかどうかということです。この審査の基準というものは、明確には設定されておらず、各金融機関によって基準は違ってきます。したがって、審査に通ることが簡単な銀行カードローンと、そうでない所とが存在しています。審査が甘い所の特徴としてどういったことが挙げられるかといえば、銀行と消費者金融とが提携を結んでいるような所です。こういった所は、より多くの顧客を取り込みたいという方針を採っているようで、審査基準も厳しくない設定にされているようです。
(⇒審査に落ちる場合の理由について

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2017 お金を借りるならココだ!一番人気のカードローン・ランキング All Rights Reserved.