カードローンのためにアルバイトして大丈夫

キャッシングベスト3

カードローンのためにアルバイトするってアリ?

カードローンのためにアルバイトするってアリ?

こんにちはーっす。俺、現役の大学3年生やってます。男です。大学もまあ3年生になると結構単位とか取っちゃってるし、俺は就職じゃなくて大学院に進学組で、もう卒論とかも基礎は作ってるから結構周囲の皆に比べて時間が余ってるんすよ。

今までだったら徹夜で麻雀とか飲み会とかカラオケオールとかしまくりだったんですけど、さすがに就活始まるとピリピリしだしてるし、あんまし誘ったりできないなーと。

そんで、なんか面白いことでも始めよっかなと思って、最近ハマってんのが自転車なんですよね。ロードバイクっつって時速30キロとか軽く出ちゃうらしいやつ。これが欲しくなったんすけど、高いんですよね。

今までバイトなしで親からの仕送りで生活してきたんで、うん十万もするような自転車買う金ないし、でも欲しいしで、そういう時にぱっと名案が浮かんだんす。

アルバイトして、定期収入ゲットしつつ、カードローンでがつっと金借りて自転車買えば良いんじゃないかなって。カードローンのためにアルバイトするってアリ?(参考ページはこちら→アルバイトでカードローンを使う事は可能なのか?

もちろんアリです。おかしなところはありません

はい、こんにちは。大学3年生と言うと、確かにぼちぼち就職活動を意識し始めるシーズンですよね。かく言う私はスタートダッシュで遅れてしまったためか、就職活動には苦い思い出しかないのです。

などと言いつつ、ちゃっかり今の職場に巡りあっているのですから、余り大きなことは言えないのですが。

という話は一旦横に投げ捨てて、今回のご質問に対してお答えしていきますね。いただいた内容というのは、カードローンを利用するためにアルバイトを始めるのは、アリなのかナシなのか、です。

もちろん、アリです。確かに、コツコツとアルバイトを続け、頑張ってためた貯金をはたいて欲しいものを手に入れるというのも一つの手です。達成感もあり、バイト先でも仕事ができるようになれば頼られる機会も増えるでしょう。良い社会経験になります。

しかし一方で、欲しいものを欲しい時に手に入れる。時間を無駄にせず欲しいものを楽しむということも、同じくらい素晴らしいことなのです。スポーツでもなんでも、時間をかけてやりこんだ分だけ成果は出るものですよね。

我慢して我慢して1年経って資金ができてから自転車を買うより、今買っておいて、1年間乗り込んだ方がきっと様々な楽しみと出会えるはずです。

カードローンを利用するためには、原則として継続した収入が必要となりますので、そこまで考えてアルバイトを、という発想になったのでしょう。

審査に通れば自転車をすぐ手に入れることができますし、アルバイトを続ければきちんと返済だって進みます。余裕のある時はしっかりシフトを入れて偏差額を増やせば、大学院進学までに完済しきることだって可能です。

若い時の1分1秒は黄金の砂粒と同じくらい貴重なもの。悩んでいるのも一つの青春の形ですが、動きたいと考えているなら、思いっきり行動してみてはいかがでしょうか。

アルバイトを始めてカードローンの申し込みをする。お金を借りたら自転車を買って乗り込みつつ、アルバイトもがんばる。返済も進めていく。全てを成立させていくのは時に困難を伴うかもしれませんが、やってみる価値は十分にあると思いますよ。

カードローンのためにアルバイトを始めましょう!

カードローンのためにアルバイト:どのくらいの期間、続ければ?

消費者金融のキャッシングは消費者金融の店舗数が多く、いつでもキャッシングの申し込みの手続きをしに店舗へ出向けるというメリットがありますが、その金利については高く設定されているというデメリットな面があります。小額のお金を短期間だけ借りるといった使い方であればキャッシングの利用に関しては特に問題となることはありません。少額の利用であれば支払う利息も少額で済みますし、すぐに返済を終えてしまえば良いからです。しかし、ある程度まとまった金額をキャッシングで借りるとなると、利息の負担は重くなりますし、必然的に返済期間は長いものとなってしまいます。

ある程度まとまった金額をより低金利で借りる方法としては銀行のカードローンがありますが、カードローンの場合、キャッシングと比べてやや審査が厳しい印象があります。カードローンでは保証人なし、担保なしで融資を行っているため、審査に通るためには安定した収入を得られる職業に就いていることが求められます。安定した収入を得られる職業に就いている限り、返済不能の状況に陥る可能性が低いとみなされるからです。そのため、カードローンの審査に通るためには何らかの職業に就いている必要があります。審査の段階では正社員として働いている人が有利となりますが、たとえアルバイトや派遣社員、契約社員であったとしても安定した収入を得ているのであれば審査に通る可能性は十分にあります。

もしも、現在無職の人がカードローンを作りたいと考えた場合、とりあえず何らかの職業に就く必要がありますが、なかにはカードローンのためにアルバイトを始めようと考えている人もいることでしょう。そのような人の場合、カードローンの審査に通るためにはどのくらいの期間アルバイトを続ければいいのでしょうか。

確かにアルバイトを始めれば収入を得ることができますが、その仕事を短期間で止めてしまった場合、その収入は安定したものとはいえません。そのため、カードローンの審査に通るためには最低でも一年間は同じ職場で働き続けた方がいいでしょう。

【参考ページ】
消費者金融を最大限活用するコツとは

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2017 お金を借りるならココだ!一番人気のカードローン・ランキング All Rights Reserved.