審査にはどのくらいの人が落ちているのか?

キャッシングベスト3

キャッシングって、どれくらいの人が落ちてるんでしょうか?

はじめまして。ケイイチと言います。初めて、こういう質問をするので、ちょっとドキドキします。

僕は26歳の、某企業で働く会社員です。僕の勤めている会社は、一応一流企業と呼ばれているところで、給料も同年齢の男の中では貰っている方だと思います。

僕には彼女がいて、彼女とは大学生の頃からの付き合いです。彼女には夢があって、歌手になりたい、と言っています。歌は本当に上手いです。僕も、そんな彼女の力になりたいとも考えています。

彼女とは、いずれ結婚しようと言う話をしています。でも、まだ歌手への夢を追う為に、結婚するのは先に延ばされています。結婚資金さえあれば、きっと彼女も結婚を決意してくれると思うので、普段から積み立てをしています。

だから、実家住まいで、ほとんどお金なんてかからない生活なんですが、あまり自由になるお金がありません。それには、特に不満は無かったんですが、ちょっとお金が必要になってきました。

それは、とあるアーティストさんの特別講義が期間限定であるんです。普通の人なら絶対に知っている、国民的に人気のシンガーさんです。その人から歌のレクチャーを受けられる、と言うのはとても彼女にとって力になると思うんです。

しかし、彼女も僕もお金があまりありませんので、僕がお金を借りて、その講義をプレゼントする事にしました。

キャッシング、初めてするんですが、僕は審査に受かるんでしょうか?と、言うか、審査に落ちる人ってどのくらいいるモノなんでしょうか?僕が審査に落ちる側になるかどうかが知りたいです。教えてください。(参考ページはこちら→融資の審査落ちには法則があります

大手消費者金融の通過率は40%前後になっています

ケイイチさん、質問ありがとうございます。彼女さんの夢が叶う様に願う、ケイイチさんはきっと良い旦那さんになるでしょうね。二人で協力して、夢を叶えてくださいね。

さて、審査に受かる、受からないは、キャッシングをしようと考える人にとっては、重大な点ですよね。

そこで、大手消費者金融の数字を見てみると、高くて48%、低くて40%ちょうど、と言った割合で通過率が出ています。つまり、大体60~50%の人が審査に落ちている計算になります。
(⇒融資審査の現実は厳しいのか

つまり、半数の人は審査に落ちていると言う事になりますね。消費者金融は、通常のローンなどよりも、審査に通りやすいと言われていますが、この数字を見るとやはり審査に落ちる人は落ちている事が分かります。

ですが、この数字の中には、今まで債務負債を抱えている人も当然含まれます。そういう人が落ちるのは当然ですし、ケイイチさんの様に初めてお金を借りようとしている方が審査に落ちる事はほとんど無いと思って良いと思います。
(⇒多重債務は審査落ちの大きな原因

そんな訳で、自信を持って、キャッシングを申し込んで、彼女さんの夢を叶える手伝い頑張ってくださいね。

キャッシングはどれくらいの人が利用しているのでしょうか

キャッシングはいったいどれくらいの人が利用しているのかと思ったときに、実は参考になる統計はほとんどありません。一説には労働人口の1割が利用していると言われることもありますし、人口の1割が利用していると言われることもあります。しかし、詳しく調査した統計はありませんから、だいたい1割くらいと言ったことしか分からないのが現状です。

なぜ分かりにくいのかと申しますと、口座を開設している人と利用している人とが同じではないからです。口座を開設するだけなら無料ですから、口座を開設したままお金を借りていない人も多くいます。例えば、クレジットカードに申し込みをすれば、キャッシング機能を利用することができて、ある程度の限度額は確保されます。申し込みもしていないのに30万円くらいの限度額が確保されることも多いです。

このような口座を持っている人は非情にたくさんいます。クレジットカードを3枚持っていれば、3枚ともに限度額が確保されていることもあります。ですから、開設されている口座の数は非常に多く、それを合計しても利用している人の数にはならないのです。

各社の利用者を合計すれば分かりそうなものなのですが、これも正しくはありません。キャッシングを利用する人が1社だけから借りるのであれば合計すれば分かるのですが、そうではない人も多くいます。複数の消費者金融から借り入れをしている人は多くいます。それができるシステムになっているのですから、借りたい人はいろいろなところから借りるのは当然のことです。ですから、借りる人はいろいろなところから借りていて、借りない人はどこからも借りないという状況になっているのです。

このような状況がありますから、正確な調査はなかなか難しいのが現状です。ただ、いろいろな調査を参考にすれば、大まかに見れば労働人口の1割くらいは実際に利用しているだろうと考えられているようですから、この数値を参考にするのがよいでしょう。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2017 お金を借りるならココだ!一番人気のカードローン・ランキング All Rights Reserved.