カードローン在籍確認の方法はどういうもの?

カードローン在籍確認の方法はどういうもの?

失礼致します。お恥ずかしい話ではあるのですが、実は私これまでカードローンなるものを利用した経験がなく、少々困っているのです。

こういうことをいうと嫌味になってしまいますが、私、元々実家はそれなり以上に余裕のある状態で育っておりまして、今の夫と結婚して生活を始めるまでは実家でゆうゆうと羽を伸ばしておりました。

夫とはここではいえないような大恋愛の末に結婚をすることになったのですが、両親は大反対の姿勢を取っていて、二人の生活は私にとっては経済的に苦しいのです。

夫の稼ぎが少ないこと、昇給がしばらくは望めないことは分かっておりますので、少ないながらもパートに出て働かせていただいておりますが、それでも足りない時があって。

夫に相談すると落胆させてしまうと思いますので、分からないように用立てたいのです。カードローンの在籍確認の方法とはどういうものなのでしょうか。

通常は電話での確認となりますが、きちんと配慮してくれます

こんにちは。こういっては不躾かもしれませんが、ご質問者さまはいわゆる良いところのお嬢さんというやつなのでしょうか。私自身は一般家庭で一般庶民として生まれて育ちましたので、イマイチピンと来ない部分はあるのですが、お金があっても無くても人はそれなりに苦しむものですよね。

今は恋愛の末にご結婚なされているとのことですが、確かにお金が足りない、ということを旦那さんに相談するのは気が引けるものですよね。

ですが、できれば旦那さんに気づかれたくないという前提を覆してしまって心苦しいのですが、カードローンの申し込みをするに当たっては旦那さんにご相談ください。

万が一返済が滞ったり、という時に家庭内でのトラブルになると、対処が大変だからです。(参考ページはこちら→融資で悩むのはブラックになってからでは遅い

まあ、とはいってもバレたくないものはバレたくないでしょうから、お知りになりたいであろうことをお伝えいたします。

在籍確認を気にされていらっしゃるということですが、在籍確認というのは、カードローンやキャッシングに申し込みをした後、本人が本当にその職場に勤めているのか、電話番号は本物なのかといったことを確認するために行われます。

フリーのメールアドレスなど、簡単に取得や破棄ができるものに関しては重きが置かれていません。当然ですよね。

ですから、基本的には書類に記載した職場当てにカードローン会社から電話がかかってきます。

ですが、カードローン会社もわざわざ「今うちに借金の申し込みをしている人が、本当に在籍しているのかちょっと確認のお電話を……」なんてことはいいません。

さりげなく自然な感じで確かめてくれます。ですから、取引先が限定されていて、外部からの電話は一切入ってこないというような会社でもない限り問題にはなりづらいのです。

ご質問者さまはパートをされているということなので、ご自分の収入から返済していくことになると思います。ここで、旦那さんの収入をあてにしてお金を借りようとすると、旦那さんの職場に在籍確認が行きますのでご注意ください。

ただし、在籍確認は行われない場合もありますし、それに定期的に届く返済の書類や、ダイレクトメールからお金を借りていることがバレてしまうという可能性もありますので、前もって色々と考えておきましょう。

怖い人から電話がかかってくるようなことはありませんので、ご安心ください。

カードローン在籍確認の方法にはどんな方法があるのか?

カードローンを申し込む時、必ず契約書に名前と住所と電話番号を記入させられ、勤務先の名前と住所と電話番号も記入させられます。そして金融機関はこの契約書に記入された勤務先に本当に働いているかを確認する為に在籍確認をします

それでカードローン在籍確認の方法ですが、金融機関は契約書に記入された電話番号に電話をして、申込者が本当にそこで働いているかを確認する為に在籍確認をします。この時会社名を名乗らずに個人名で電話をします。その理由ですが、申込者に配慮して金融機関からの電話だとばれないようにする為です。

それで折り返しで電話をしても通じないように非通知で電話を掛けます。ただ非通知で電話をするから、企業によっては非通知を受け付けない会社が有ったりして、在籍確認が出来ない場合が有ります。その場合は在籍確認が出来なかったとして審査で落とされたりします。(参考ページはこちら→融資の審査落ち理由は多数存在

カードローン在籍確認の方法として、勤務先に電話を掛けて聞くのが最もポピュラーな方法です。他に方法があったとしてもコストが掛かり過ぎるか、期間がかかり過ぎるかのどちらかで、採用されないかのどちらかです。そして金融機関によっては電話までコスト削減の対象と考えられていて、在籍確認の電話すらない場合が有ります。

そして大手消費者金融は、カードローン在籍確認の方法として、在籍を確認出来る物で在籍確認をするようになりました。これは在籍確認の電話をして欲しくない人向けの方法でして、電話して欲しくない人には好評です。それで在籍を証明出来る物として、社員証や会社のハンコが押されているまたは会社名が入っている給与明細書や源泉徴収票、会社の保険証などです。

これらのうちどれか一つを提示するだけで在籍確認になります。

カードローン在籍確認の方法としては、勤務先に電話をするか、在籍を証明する物の確認をするかのどちらかだけです。その他の方法は、コストや時間がかかるとして、有っても採用されません。

【参考ページ】
在籍確認がどうしても嫌な人向けの豆知識

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2017 お金を借りるならココだ!一番人気のカードローン・ランキング All Rights Reserved.