銀行キャッシング付けれない理由が知りたい

キャッシングベスト3

働いてるのに銀行キャッシング付けれないのはナゼ?

30代の派遣社員です。車が趣味で、車にはどうしてもお金をかけてしまいます。今月はちょっとお金を使いすぎて困ってしまったので、キャッシングを利用しようかと思いました。今使っている銀行のキャッシュカードに、キャッシング機能も付けれると聞いたので申し込みしてみたのですが、ナゼか付けれませんでした。

ちゃんと働いていれば、銀行キャッシング付けれると思ってたんですけど・・・なんで付けれないんでしょうか?(参考ページはこちら→融資は誰でもOKというわけじゃない?

銀行キャッシング付けれない理由は人によっていろいろ

銀行キャッシングを、キャッシュカードに付けるのは、あなたが思っているよりも難しいかもしれません。確かに、働いていれば、銀行キャッシングを付けることはできるのですが、必ずしも付けられると決まったわけではありません。

それでは、銀行キャッシングを付けられない理由を考えてみましょう。たとえば、あなたが他に借り入れがある場合です。銀行以外の、消費者金融会社で借り入れがすでにある場合、銀行キャッシングは、多くの場合消費者金融会社よりも審査が厳しいですから、審査に落ちてしまう可能性があります。他社への返済が大変で、銀行キャッシングをつけたとしても、借りるだけ借りて返済できないのではないか、と思われるからです。

また、職業も、審査の重要なポイントです。派遣社員は、正社員よりも審査で不利になります。銀行キャッシングは「安定感」を第一にするので、公務員や正社員に比べると、派遣社員や契約社員やアルバイトはどうしても不利になってしまうのです。それでも、銀行キャッシングを付けられる場合はあるのですが、もしその銀行キャッシングが人気で、正社員や公務員の人たちが多く申し込みしたとしたら、競争で負けてしまうことでしょう。

その他、勤続年数が短すぎることや、過去の債務整理などの事故情報の他、書類不備などでもキャッシング審査に落ちることが考えられます。人によって様々の理由があるのです。

【参考ページ】
銀行カードローンを持つのは一苦労?

銀行キャッシング付けれないには理由があります

最近では銀行のキャッシュカードのキャッシング機能をつけることができて便利です。別にカードを持つよりもキャッシングをつけようと考えるのは自然な事でしょう。しかし、人によっては銀行キャッシング付けれないこともあります。キャッシュカードを持つことができるにもかかわらず、キャッシングをつけることができないのはなぜでしょうか。(参考ページはこちら→何故融資ができないのか?

これには、実はキャッシングの構造が関係しています。銀行預金は銀行が独自に提供しているサービスです。それぞれの銀行がお金を預かるという業務を行っていて、それを利用しやすくするためにキャッシュカードを採用しています。貸し付けに関しても銀行が独自に行うものもありますが、キャッシングについては完全に独自に行うのではなくて、保証会社が役割の一部を担っています。

保証会社は、もしも借り入れをした人が返済しなかった場合に、その人の代わりに一旦銀行へと返済をします。そして、最初に借り入れをした人から取り立てて回収を行います。銀行から借りるときには保証会社の保証を受けなければならないのですが、これはもしも返済できなくなったときのためのものだと言えるでしょう。

ですから、キャッシングの審査については銀行も行うのですが、保証会社も行います。保証会社が保証できないと判断をすれば借りる事はできません。このような構造になっているために、銀行としてはよいお客さんであっても、保証会社がよいお客さんだと認めてくれなかった場合には、キャッシングを利用することはできないのです。
(⇒保証会社ってどんなの?

このような複雑な構造になっていますから、少し分かりにくいと感じる人もいるでしょう。誤解を恐れずに簡単に言えば、銀行預金は銀行が独自に行っているサービスで、キャッシングは別の会社が行っているサービスだと考えれば良いのです。保証会社という別の会社のサービスを利用するのですから、保証会社が認めなければ口座開設をすることはできないのです。
(⇒融資の審査内容を少しでも分かりやすく解説

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2017 お金を借りるならココだ!一番人気のカードローン・ランキング All Rights Reserved.