キャッシングできる最低条件は収入と年齢

キャッシングベスト3

キャッシングできる最低条件ってなんですか?

今春に大学を卒業した新社会人の新人1年目の新入社員の男性です。いままで大学生だったのでキャッシングを利用したことはありません。

が、社会人となったことでいろいろと付き合いも増えてきたので、キャッシングが必要な機会もあるかと思います。そこで実際にキャッシングを利用する前に、キャッシングできる最低条件というものがあれば教えていただきたいのです。よろしくお願いします。

キャッシングの最低条件は貸付条件クリアです

わかりました。あなたのご質問に答えましょう。キャッシングできる最低条件というものはあります。そして、キャッシングできる最低条件とは言い換えれば、各金融機関でのキャッシング可能な貸付条件ということになり、この貸付条件をクリアすることが、まずキャッシングするためには必要となります。

貸付条件に関して具体的に言えば、年齢制限と安定収入の有無ということになりますね。年齢制限については、満20歳以上の成人であり、年齢の上限としては満65歳以下か満70歳以下となっているところが大半です。

そのことから未成年と満70歳以上の高齢者は貸付条件をクリアできないのでキャッシングできる最低条件を満たせないことになるのです。一方、安定収入の有無については、継続した一定の安定収入が見込めることが条件となります。

それゆえ、無職無収入の人はキャッシングできる最低条件をクリアできません。ただし、これにはひとつ例外があり、無職無収入の専業主婦のケースでは、配偶者に安定収入があればこの条件はクリアしたと見做されるのです。

以上の2点がキャッシングできる最低条件となります。しかしながら、この2つの最低条件をクリアすれば絶対にキャッシングできると言う訳ではありません。あくまでもキャッシングできる最低条件として、言い換えれば、「キャッシングが利用できる最低限の資格はありますよ」と言うことなのです。

それゆえ、この2つに加えて、キャッシングできるには、いくつかの条件をさらにクリアする必要があるのです。具体的に言えば、過去に金融事故を起こして金融ブラックでないことです。金融ブラックだと、たいていの金融機関のキャッシング審査に通りません。

加えて、住所確認や在籍確認が取れない人は、キャッシング審査に通らない場合があります。住所確認については、身分を証明できるような運転免許証や健康保険証を提出できればOKです。

また、現在の借り入れ状況もキャッシングできる最低条件のひとつとして考えて良いでしょうね。たとえば、複数社からの借り入れがあったり、他社から多額の借金をしていると「キャッシングできる最低条件を満たしていない…」と審査で判断される場合があります。

が、この審査基準については、各キャッシング会社によってまちまちと言えます。以上で指摘した点がキャッシングできる最低条件と言ってよいでしょう。そして、上記のキャッシングできる最低条件をすべてクリアできれば、たいていの金融機関でキャッシングが可能になると思いますよ。

キャッシングの基礎知識:キャッシングできる最低条件

急にお金が必要になってしまった場合、銀行のローンを利用してお金の融資を受けるといった手段がありますが、銀行から融資を受けるためには担保や保証人を用意しなければならないことも多く、また、借りたお金の使い途が限定されてしまいます。たとえば自動車を購入する目的で借りたお金に関しては、自動車の購入目的以外に流用することができない決まりになっているのです。また、銀行のローンでは審査に時間が掛かってしまうため、すぐにでもお金が必要な人には最適なサービスとはいえません。(参考ページはこちら→その日にでもお金が欲しい場合の方法

すぐにでもお金が必要だという人に最適なのは、最短でその日のうちにお金を借りることのできる消費者金融のキャッシングです。消費者金融のキャッシングでは、融資を受ける際に担保や保証人を用意する必要はありません。そのため、審査に掛かる時間も短時間で済み、融資までのスピードがとても速いといったメリットがあります。

しかし、消費者金融のキャッシングでお金を借りるためにはまず、審査に通らなくてはならず、所定の条件を満たしていなくてはなりません。確かに消費者金融のキャッシングでは審査が甘いといわれてはいますが、所定の条件を満たしていない場合には残念ながらお金を借りることはできません。キャッシングできる最低条件として求められるのは、確実に借りたお金を返済する能力です。そのため、返済を継続して行えるように安定した収入があることがキャッシングできる最低条件となっています。安定した収入がない人の場合、たとえギャンブルなどで一時的に収入があった人や、貯蓄がたくさんあるような人であったとしてもキャッシングを利用することはできません。

また、未成年者の場合、きちんとした仕事に就き安定した収入を得ている場合であったとしても、未成年者の金銭の賃借契約は保護者によって一方的に契約を白紙にすることが法律によって認められているため、キャッシングの利用はできません。そのため、キャッシングできる最低条件としては、成人に達している必要があります。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2017 お金を借りるならココだ!一番人気のカードローン・ランキング All Rights Reserved.