カードローンに落選後の申し込みについて

キャッシングベスト3

カードローンに落選したら、申し込みは控えた方がいいでしょうか

50代のパートをしている母についてなのですが、先日、カードローンの審査に落選したとのことで、その後はしばらく申し込みを控えた方がいいのか、とたずねられました。私もカードローンについては詳しくないので、「一度落ちたんだから、無理なんじゃないの?」と答えはしたんですが、その答えで合っているでしょうか。1社に落選したからといって、他の会社の審査も落選するとは限らないことは知ってはいますが、それでも不安材料が解消されていないなら無駄足に終わるんじゃないのかなとも思っています。
(⇒融資審査には何故落ちるのか

条件を下げる、落選理由を改善するなどで他社通過もありえますよ

カードローンの審査って、学校の入試並みに落ちたときのショックは大きいですからね…。その落ち込みの中で、「次行ってみよう!」とポジティブになれる方ならばいいのですが、「どうせ他も断られるに決まってるし…」とネガティブになる方も沢山いらっしゃいますから難しい問題です。

もし、他社に申し込みをするのであれば、「なぜ前回落選したのか」とよく考えることをお忘れなく。例えば収入と希望借入額とのバランスは適当だったか。例えば勤務年数は短すぎなかったか。例えば自宅や携帯電話への確認電話を放置してしまったりしていなかったか…。考えられる原因というのは、その人それぞれに沢山浮かんでくるはずです。「いや、1個も思い当たるフシがないんだよね…」という方はそうそういないでしょう。
(⇒融資の審査では何を見られているか確認

何かしらの原因が見つかったら、それを改善できるものなら改善をしてから申し込みを。改善できない事柄(年数や収入は時間が経つまで変えようがないですからね)が原因と思われるときは、借り入れ希望額を下げるなどの条件を低くした申し込みを検討するといいでしょう。同じ金額を申し込みするよりも、審査での通過率は上がってきますよ。(参考ページはこちら→次こそ確実にお金を借りるには

「こういう理由で今回はお断りさせていただきます」と理由を教えてくれればいいんですが、どのローンでも審査の落選理由は絶対に教えてくれませんから、お母様の状況を踏まえて、一緒によく考えて差し上げるといいでしょう。

カードローンの審査に落選してしまっても申し込みは出来るのか

カードローンを利用する時には必ず審査を受けなければなりません。これはどの金融機関と取引する場合においても必ず受けなければならない事です。お金を貸す事になる相手は、金融機関としても慎重に選ぶ必要があります。もし、滞納を繰り返すような人に貸してしまえば、金融機関は損失を被る事になります。そんな事にならないようにする為にも厳正に審査をされます。

審査では利用者の経済力から返済能力の有無を算出し、更にその人物が信用に足る人物かどうかを調べられる事になります。では、一度審査を受けて落選してしまえば、もう一度申し込み出来るのかというと、時と場合によって変わってきます。まず、同じ金融機関に間を置かずに再審査を申し込む事は出来ません。実際申し込みは出来ますが、絶対に審査には通らなくなっています。出来れば半年は期間を空けて再申し込みする事が大切です。

では違う金融機関に申し込む事は出来るのかというと、出来るには出来ますが審査通過の可能性は低いです。審査の際には信用情報のデータベースにアクセスして、利用希望者の素性を調べられます。そこには、過去に審査を受けた日付と時間が事細かく記載されています。一度審査を受けていて落選してしまったという事はそれなりに理由があるという事です。たとえ経済力や信用性が基準に達していたとしても、過去に審査を受けて落ちているという情報があれば警戒されます。金融機関によっては過去に審査落ちをしている人物は申し込みを断っている場合があります。

狙い目としては、金融機関が何らかのキャンペーンを行っているタイミングです。キャンペーン期間中は審査基準が引き下げられている事が多いです。キャンペーンを開催する理由としては、顧客を確保する為であるのでこの機会に多くの顧客を引き入れようと考えています。

過去に一度審査に落ちていて半年以上待てないという人は、キャンペーンを行っている金融機関に申し込む事が大切です。
(⇒審査の甘いところなら融資も受けやすい

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2017 お金を借りるならココだ!一番人気のカードローン・ランキング All Rights Reserved.