就職内定で銀行のカードローンは作れるか

キャッシングベスト3

就職が内定したら、銀行のカードローンは作れるでしょうか?

21歳、大学4年生です。おかげさまで希望していた企業から内定を頂くことができてホッとしているところです。友人達もほぼ就職先が決まって、卒業旅行へ行こうかとか、最後の夏休みは派手に遊ぼうなんて話で盛り上がっています。もちろん僕も参加して、最後の学生気分を満喫したいと思っています。

それで、お金の相談なんですが、就職に内定していたらその会社を勤務先にして銀行のカードローンを作ることは可能でしょうか。もちろん遊ぶためだけでなく、引越しやスーツの購入などの就職に向けた準備でも利用したいというのが理由です。
(⇒まだ仕事をしていなくても融資は可能なの?

就職して一定の期間が求められますから、内定段階では不可能です

希望企業への内定と、ご友人の就職決定、おめでとうございます。社会人になるとなかなか会う機会の減っていくでしょうから、最後の学生気分を満喫してくださいね!

と、ここまではいいのですが、肝心の「内定状態で銀行のカードローンを作れるか」については残念ながら不可能です。カードローンの利用条件を見ていただければ解るとおり、「安定した収入のある方が対象なので、まだそれが確定していない段階では申し込みできないというのが単純な回答です。
(⇒融資を受ける為に欠かせない条件

また、申込みには在籍していることも審査の対象になりますし、前年の収入か今年の年収見込みを正確に申告する義務があります(申込書に記載する重要項目です)。ですから、内定の段階ではそれも証明できないことになってしまうため、申込みができないことがお解りいただけるでしょう。

学生さんでもアルバイトである程度の収入を稼いでいるのならば、銀行のカードローンにも申込めますし、限度額が少額なら利用することも不可能ではありません。もし、就職の準備も含めて借り入れを希望されるのであれば、その収入とお勤め先で申し込まれてはいかがですか?欲張りさえしなければ融資を受けることも不可能ではありませんから、各行の商品概要をよく比較してみるといいでしょう。

就職内定が決まったら、銀行カードローン作れることも

カードローンやキャッシングは、比較的収入が少ない人や短期のパート、アルバイトの人でも利用できるように審査に通りやすいところがたくさんあります。そのため、現在10人に一人の割合でこれらの融資を利用している人がいるといわれていますが、中でも銀行系のカードローンは安心感があること、金利が安いこと、利用限度額の上限が高いことなどから人気がありますが、一方で保証会社がつくために審査が厳しいこと、融資までに時間がかかることなどもデメリットとして知られています。

現在仕事をしていない人や学生の場合、収入が全くなければ借り入れをすることはできません。また、企業によっては内定を出す前に借り入れの有無を調査するところもありますので、出来るだけ借金はない状態にしておきたいものです。一方で、就職内定した後は借り入れについて知られることはありませんので、勤め先に対する心配はありません。この状態で銀行カードローン作れるかというと、在籍確認のための電話ができないので実際には不可能です。内定が出てもそれを辞退することもありますし、最終的な決定ではありませんので支払い能力があるとはみなされません。

内定が出た時点で借入をしたいと考えているのであれば、まずは本格的に仕事に就く前にアルバイトをして、収入をあげることです。収入がある人ならば、パートやアルバイトでも融資の対象となっていますので、金額はそれほど多くありませんが、借り入れ自体は可能となっています。まとまった金額を借りたいと思うのであれば就職するまではバイトでとりあえず借入を利用して、正式に勤務するようになってから増枠の申し込みをするとよいでしょう。ただし、増枠は半年から一年近く継続して返済をしている人に限っているところが多いので、しばらくの間は少額の融資で何とかやりくりをしなければなりません。会社に知られずに借入をするということであればいろいろ不便ですが、参考にしましょう。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2017 お金を借りるならココだ!一番人気のカードローン・ランキング All Rights Reserved.