消費者金融が最初にする審査って、どんなことですか?

消費者金融のカードローンに申し込みをしたら、いろんな審査がありますよね?その中でも最初に行なわれるのはどんな内容の審査ですか?いきなり在籍確認とか本人確認の電話がかかってきたりするものですか?

最初は書類審査が一般的で、電話などは審査の最終段階です

ネットでの申込みだと、最初に行なわれるのは申込みフォームに入力された内容ですね。会社間で順番は前後するとは言え、いきなり最初に在籍確認をしてくることはありません。まずは申込み内容を見て、次に取り寄せた信用情報を見て、その後に在籍確認の電話や本人確認の電話などがかかって来るという流れが基本です。単純に考えてみて下さい。申込み書類で融資不可になる人のために、わざわざ電話代をかけて在籍確認や本人確認をしたりするのは勿体無いじゃないですか(笑)。

そのため、申込みフォームへの入力は慎重に、かつ正確にしなければいけない事になります。審査のファーストステップで否決されることがないように、空欄は作らず、正確な収入や電話番号などを入力するように心がけましょう。特に他社借入欄を適当に申告したり、収入を大まかにこれくらいと申告したりはしないように気をつけましょう。あくまでも正確に、正直に行なってください。いい加減な申告は、信用情報のチェックや身分証明、収入証明の提出でバレる可能性が非常にたかいですから、くれぐれも適当でいいや、とは考えないようにしてくださいね。

最近の審査結果は、メールで行なわれることも多くなりました。本人確認の電話が来ないうちに審査結果のメールが来たら、そこまで審査が進む前に否決となった可能性が高いということになります。あ、もちろん連絡がなくても可決というパターンがないわけではないので、結果のメールはしっかり確認するようにしてください。

【参考ページ】
融資の在籍確認は今でも行われているの?

消費者金融が最初にする審査の基本的なポイントとは

カードローンのサービスを提供する消費者金融が最初にする審査としては、仮審査があります。消費者金融でカードローンを利用する際には、事前に審査を受ける必要がありますが、この審査には事前に受ける仮審査と、より詳しい内容が評価される本審査があります。カードローンで融資を受ける場合には、まずは消費者金融が最初にする審査である仮審査に通過する事が必要なのです。
(⇒融資には何故借り審査と本審査があるのか

このカードローンの仮審査の場合は、インターネットで個人情報を入力する事で、簡単に審査の申し込みができます。そして、この仮審査は無記名でも受けられるもので、信用情報機関に登録される心配もないもので、複数の業者の事前審査を受けられます。この仮審査で申し込みを行う際には、生年月日などの個人情報に加え、他社からの借入れ件数や、融資総額などを申請する必要があるのです。この第一段階の審査では、本人の個人情報を詳しく収集しないので、審査結果も目安としてとらえておくことが重要になります。

そして、この後に行われる本審査では、借入れを行うために必要となる、勤務先への確認を行い、その利用者に融資額がいくらまで可能なのかを正式に決めます。消費者金融でカードローンを組む場合は、これらの基礎的な審査項目を把握しておき、上手に利用することが大切です。これらの仮審査と本審査の役割の違いを学んでおくことで、安心してカードローンの各審査を受ける事ができます。

そして、この最初に行われる審査で重視される項目としては年齢があり、年収と他社からの借入額などが重要な情報として融資の可否が決まります。これらの基準はおおよその目安となり、借入れが可能な金額や、金利を判断する指標となるのです。大手の消費者金融系のカードローンでは、この仮審査を数分で完了させるシステムを設置している事もあり、簡易的な審査で融資の可否の結果を表示してもらう事が出来るようになっているのです。そのため、短時間で融資を受けられるかどうかが判明します。(参考ページはこちら→方法によってはその日にお金を借りる事も可能です

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2017 お金を借りるならココだ!一番人気のカードローン・ランキング All Rights Reserved.