無職でもキャッシング可能な大手が知りたい

キャッシングベスト3

無職でもキャッシング可能な大手企業はないかなあ

無職でもキャッシング可能な大手企業はないかなあ

どうも、ぼくは無職の男です。自分の身の上を話すと大体呆れられてしまうのですが、ぼくは小中高と平凡に過ごした後そこそこの大学に進学し、そこでもなんとなく上手いこと単位を取りつつ、でも就職活動に失敗してしまいました。

その結果、まあそこそこに順調だった人生で大きな挫折を味わうことになってしまい、運悪く圧迫面接ばかりが続いたこと、一社も採用試験に通らなかったことから心のバランスを崩してしまいました。

そんな状態ではすぐにまた来年頑張ろうという気持ちも湧いてこず、結局は大学を卒業してから3年ほど、ほぼニートの無職として親のすねかじりをしています。

短期間のアルバイトや派遣社員として働いたことはあるのですが、どうしても他人と関わり合うことが苦手で、頭の中が真っ白になってしまうのです。

こういう経歴の僕にも趣味があり、その趣味のために先々お金が必要なんです。ただ、今は働いていない。無職でもキャッシング可能な大手企業はないかなあ、と思って探してるんですが、中々見つかりません。

そういうのは、ないんでしょうか。

探すのは非常に難しいですが、他の手段は残っています

こんにちは。最近は、というかいつの時代もですが、やれ若いものはダメだのといった無神経な言葉が簡単に飛び交うようになってしまいましたよね。

本人の性質や打たれ強さ、得意不得意というものは本来全く異なるはずなのですから、全てをマネキンのように画一化して考えることはできないはずなのですが、どうしても若い世代が失敗するのを邪魔する世の中になっています。

本来であれば、人はそれぞれ自分なりの先の進め方を見つつ成長していけるのですが、そんな悠長なことも言ってられませんよね。特に金銭的な問題に関しては、早急に手を打つ必要があります。

だからこそのキャッシングなのですが、貸金業者も慈善事業ではないので、できるだけ儲かりそうな人に貸したいと思っています

ここでいう儲かりそうな日という人んも条件は、第一に収入が安定していることです。キャッシングを受けるに当たって必要なのは、今手元にある数円万円ではなく、今月も来月も再来月も継続してもらえる、毎月の給料です。

この辺りの考え方が、馴染みのない人からすると面食らってしまうものなのですね。さて、安定した収入があるということは、言い換えればずっと働いているということですよね。

公務員や高給取りの正社員といった人たちは非常に評価も高く、多くのキャッシングで審査なんて何ほどもない、と簡単に通ってしまいます。

ですが、無職であるということはそれだけで貸金業者にとっては大きなマイナスポイントなのです

収入がそもそもなく、仮にあったとしても一時的なもので、借りたお金を返す当てがないので当然といえば当然です。そして、大手であればあるほどリスクが高く儲かる相手よりも、リスクも低くもうかりにくい相手を選んでしまいます。

ですから、無職のままの状態で、何が何でも大手からでないと借りたくない!! という場合、大変困難だとしか言いようがないのです。しかし、例えば派遣社員として審査が緩いところを狙ったり、アルバイトに復帰して申し込むのであれば話は別です。

まずは返済計画を立て、キャッシングしやすい会社が見つかるように適切な社会的地位を手に入れましょう。

大手の金融会社なら無職でもキャッシング可能?

どうしてもお金が必要でキャッシングを利用したい時、消費者金融や銀行などたくさんあるので、どこで借り入れをすればよいか迷ってしまいます。まず考えることは総量規制の問題です。貸金業にある規制で消費者金融は年収の3分の1までの額しか借り入れることができません。銀行は貸金業ではないので、その銀行の定めた限度額までの借り入れが可能になります。そこで自分が借りたい額が消費者金融で借りることができるかどうかを確認しなければなりません。収入がない無職の人が借り入れる場合には大手の消費者金融では不可能になってしまうのです。

では無職でもキャッシング可能なところはあるのでしょうか。大手銀行のカードローンの場合は、無職の専業主婦でも配偶者に安定した収入があれば借り入れをすることができるところも多いので、専業主婦の場合は銀行を利用するとよいでしょう。そうでない無職の人の場合には大手の銀行でも難しいのですが、正規の職にはついていなくてもアルバイトなどをして何らかの収入がある人は、その収入源がどこなのかをはっきり証明すれば借り入れができることもあります。堂々と無職でもキャッシング可能と謳っているところはかえって危険が潜んでいることがあるので注意が必要です。

これらのように借入先を選ぶときはまず借り入れる人の条件とあったとことを探す必要があります。また借入先を選ぶ重要なポイントとしては利率です。最低利率から最高利率まで金融会社は示していますが、最高利率が低いところを探すことがポイントになるでしょう。誰でもお金を借り入れるときには少しでも利率が低い方がいいでしょう。さらに急いで借り入れをしたい場合には早く審査をしてもらえるところが良いでしょう。

お金が必要になりどうしても借り入れが必要なときには、自分の条件に合った借入先を選ぶことがとても重要になってきます。そして返済に無理のない範囲内で延滞などが起きないように計画的に借り入れをすることが大切です。

【参考ページ】
無職がお金を無理なく借りる為の方法

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2017 お金を借りるならココだ!一番人気のカードローン・ランキング All Rights Reserved.