消費者金融との和解はどれくらいの期間ブラック扱いになるの?

消費者金融との間で任意整理による和解をし、1年前から利息免除で元本をコツコツと返済しています。月1万5千円ずつ、あと2年かけて完済する予定でがんばっています。

ただ、任意整理とか和解って言っても、ブラックであることに変わりはないんですよね?私の様な裁判沙汰にはならなかった双方の話し合いによる和解(任意整理)は、どのくらいの期間ブラックとして扱われるんでしょうか?今は借り入れなどをせずに返済一本で頑張るつもりですが、将来何年後にブラックから解放されるのかは知っておきたいんです。

任意整理は完済から5年は情報が残されることになっています

経緯は解りませんが、和解をされて返済に力を入れるということですから、是非途中で心が折れたりしないように頑張ってください。利息免除だけでかなりの効果が得られていますから、支払いが終わったときに物凄くスッキリした気持ちになれますよ!

さて、ご質問のブラック期間ですが、任意整理の場合は最初に「この取引きは任意整理に入りました」という異動情報が登録されます。つまり、通常の取引きではなくなったことを登録することで、業界内に警告を発しているようなものです。そして、その情報が消えるのは、完済の日から5年以内とされています。

単純に書くと、①任意整理が行なわれた、②完済した、③完済から5年経った、の3点が情報登録と消去されるタイミングです。ちなみにこの「任意整理」。過払い返還請求で過払い金を全額取り戻しても元本が返しきれない場合にも同様に登録されることになります。通常の取引きではなくなった、という意味合いではブラックな情報と言えますが、これを「ブラックだ」と判断するのは各社の審査担当者だということも、ついでに覚えておいて下さいね。

【参考ページ】
その他のブラック要因

消費者金融のブラックリストの適応期間はどれぐらいか

ブラックリストとは、会社や金融機関に著しい損害を与えたり、迷惑をかけるなどの悪質な利用者をリスト化したものです。これは金融機関に限らず、あらゆる会社で作成されています。金融機関のブラックリストとしては、滞納を繰り返していたり、嘘の情報を記載して申し込みを受ける等あらゆるブラックリストが存在します。

こういったブラックリストに載ってしまったら、長期に渡って借入を含む全ての取引が出来なくなります。では、一度ブラックリストに載ってしまったらどれぐらいの期間その効果が持続するのかというと、これは金融機関が独自に管理しているリストであるので一概には言えません。

金融機関によっては一生適応し続ける場合もあります。基本的には滞納を繰り返している場合には、5年程でリストから削除されます。ただリストに載ってしまったタイミングというものは利用者にはわかりません。つまり、5年経過していると思っても実はまだ3年しか経過していないという事も有り得ます。いつリストに載ったのかが迷惑にわかる事例としては自己破産が挙げられます。

自己破産をしたタイミングでリストに載るので、その時からしっかり計算する事が出来ます。自己破産によるリストに載ってしまった場合には、7年から10年程経たなければリストから外れません。7年はかなり長い機関であり、その間にお金を借りなければならない事態になってもどこも貸してくれないという事になります。金融機関の中で最も審査がゆるいのが消費者金融であるので、そこを利用してリストに載ってしまったのであれば、出来るだけ今後一切借入はしない方がいいです。こういう場合は何度でも同じ事を繰り返す事になるので、自己破産を繰り返す事になります。

またこういったリストはあらゆる金融機関で共有される事になるので、銀行口座を作る際にも場合によっては拒否されてしまうこともあります。こういった事にならないようにする為にもしっかり返済計画を立てる事が大切です。
(⇒色んな審査に通らないのもブラックが関係する?

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2017 お金を借りるならココだ!一番人気のカードローン・ランキング All Rights Reserved.