リストラされた私はキャッシングできる?

キャッシングベスト3

キャッシングはリストラされたという理由では契約できませんよね

リストラされて約半年・・・なかなか仕事が決まりません。焦って職探しをしているのですが、どうにもうまくいかず、追い詰められています。さらに、お金の心配が出てきています。このまま職が決まらなければ、生活費が心配です。キャッシングして、職が決まったら返済しようかと思うのですが、現在の状況ではキャッシングは難しいのでしょうか。リストラされたという理由では、審査に落ちてしまうでしょうか。
(⇒今現在が無職だと融資は無理?

無職の人はキャッシング契約は難しいです

キャッシングに申し込みする理由は問われません。それが、キャッシング(カードローン)の特徴です。他のローン、たとえば、住宅ローンや自動車ローンでは、住宅のためのお金や自動車を買うためのお金として融資してくれるものですから、その他の理由では契約できません。しかし、カードローンのキャッシングであれば、使い道は自由で借りることができます。ですから、リストラされたため生活費で貸してほしい、ということもオッケーです。

しかしながら、リストラされ、現在は無職では、残念ながらキャッシング審査には落ちてしまうと思います。もちろん、あなたはまた働く気持ちでいますし、すぐにでも職が決まれば、絶対に返済するという覚悟があるとは思います。しかし、その未来のことを証明することはできません。。そのためには、現在に定期的な収入があるということが重要です。未来のことは誰にもわかりませんから、いくらあなたが頑張って職探しをしていることを伝えても、精神論にしかならず、キャッシング契約は難しいでしょう。

もし、どうしてもキャッシングしたいのであれば、アルバイトでも構いませんから、とにかく定期的な収入を作りましょう。アルバイトだと、少ないお金しか借りられませんが、それでも契約することができる可能性は高まります。いったんアルバイトをしながらキャッシング契約して、職探しというのが良いのではないでしょうか。ただし、返済は金利も含めると予想以上に膨らむかもしれませんので、そこは真剣に考えなければなりません。

リストラされたことでキャッシングに走るケースもあります

お金が必要となったとき、金融機関からお金を借りて用立てすることは、決して間違った手法ではありません。それがないと生活できないのですから、返済のめどがしっかりとあるのなら、一時的に借金で賄うのは、否定されることではありません。近年、よく見られる事例ですが、新しいタイプの借金の理由というのがあるのです。

それは、リストラによって解雇された人が、手近なキャッシングに頼るというものです。ずっと勤務してきた会社の業績が思わしくなくなり、多くの経費削減策の一つとして、人件費に目を付け、リストラに踏み切ることが珍しくなくなりました。こういった場合、解雇された人というのは、家族にリストラの事実を伝えられずにいることが圧倒的に多いのです。離婚の懸念があったり、家族に余計な不安を与えてはいけないとの配慮から、伏せておくことがほとんどです。そして、リストラの事実を知られないように、いままでどおり会社から給料が振り込まれいるかのように装うため、毎月の給料日に、キャッシングで借りたお金を振り込み続けているのです。
(⇒リストラ後にキャッシング審査は透の?

本人は、次の就職先が決まるまでの間のつなぎとして、あくまでも緊急避難的に考えて対処しているのです。晴れて、新しい仕事が見つかれば、それからは返済の態勢に入っていくのです。決して、ギャンブルや遊興に溺れた人とか、投資に失敗した人たちだけが、金融業者から借入をしているわけではありません。こういった健気なサラリーマンも多いということを認識しておく必要があります。

家族を思う気持ちの強い会社員たちが、敗戦で廃墟になった日本を立て直し、日本の高度経済成長を支えてきたのです。その思いを大切にすると同時に、そういった会社員が家族のための金銭的な苦労をサポートしている金融会社の存在価値というのは、非常に大きいものがあります。誰もが名を知っている大企業だけではなしに、片隅で営々と働いている無名の人を経済的に支える立場の機関も、社会にはなくてはならない存在です。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2017 お金を借りるならココだ!一番人気のカードローン・ランキング All Rights Reserved.