フリーターでもキャッシングできますか?

キャッシングベスト3

フリーターでもキャッシングの審査に通ることはできますか?

私は現在フリーターをしているのですが、事情があって今住んでいるアパートから引越しをしたいと考えています。新しい住居や引越しのための費用が足りないので、キャッシングサービスのお世話になりたいのですけど、やっぱり公務員や会社員といった職業でないとキャッシングの審査に通ることは無理なのでしょうか?貯金をすることも考えましたが、引っ越す時期によってはかかるお金もかなり違うので・・・フリーターでもキャッシングできるところがあるなら是非、教えてください

フリーターの方でもキャッシングの審査に通る可能性はあります

キャッシング会社がお金を貸すのを避けたい人はどんな人でしょうか?会社によって審査のやり方や基準は違っていきますが、共通しているのは貸したお金を返せる見込みがない人、返済能力が低い人だと思います。ですから、収入のない無職の人が審査に通るのは非常に難しいものとなります。お金を貸す側としましても安定した収入のない方に返済能力があるとは判断し辛いですからね。

では、アルバイトやパートで働いている方はどう判断されるのでしょうか?安定した職業の公務員や会社員と比べると審査が通り辛いという見方もできるでしょうが、安定した収入がある方達もたくさんいます。キャッシング会社もそれを理解していますし、アルバイトやパートの方でも問題なくお金を貸している金融業者も数多く存在しているのです。ですから、職業を重視しているというよりは、安定した収入があって返済能力に問題がなければどなたであっても、お金を貸してくれる傾向がキャッシング会社にはあります。

キャッシングはフリーターでも利用することができる

キャッシングはフリーターでも利用することができるサービスです。そもそも、キャッシングは大手の金融機関が提供する大口のローンとは性質が全く違います。基本的に、大口のローンでは必要となる書類がいくつもあるのですが、キャッシングにはそのようなものがありません。誰であっても気軽にお金を借りることが出来るように審査も簡易化されており、所得を証明するための書類すら必要ないのです。
(⇒融資に申し込む時に必要な物とは

では、なぜこのような簡単な審査でお金を貸してくれるのでしょうか。それは、少額融資であるキャッシングと大口の違いにあると言えます。少額融資は、貸金業法という法律によって提供されます。これは消費者金融などの貸金に特化した会社に対して適用される法律で、融資の上限に関して明確な制限が存在するのです。そのため、信用性のある消費者であっても一定以上のお金は借りることが出来ません。

しかし、大口のローンを提供している銀行などの金融機関は、銀行法という法律によってサービスが提供されます。銀行に依存して提供されるサービスの最大の特徴は、少額融資のサービスと異なって融資の上限に限界がないことにあるのです。銀行は、基本的に消費者だけではなく大手の企業など様々な人や法人に対してお金を貸す金融機関ですので、融資の金額に上限を設けていません。

実際、融資の上限に限界がある貸金業法には、銀行法に存在しない総量規制という融資の枠に関する規制があります。これは、融資の申請を行った消費者の年収の三分の一以上の融資を認めない規制のことを言いますので、どれだけお金を持っていたとしてもそれ以上のお金を借りることが出来ないのです。これによって、安全にお金を借りることが出来ます。

総量規制は、年収さえ存在すればその枠内でお金を借りることが出来るということを意味していますので、フリーターであっても収入を得ていればお金を借りることが出来ます。このように、きちんと法律的な理由があるわけです。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2017 お金を借りるならココだ!一番人気のカードローン・ランキング All Rights Reserved.