キャッシングでリボ払いがブラックリスト入りの原因ってホント?

私は現在キャッシングサービスを利用していて、非常に助かっています。返済方法もリボ払いにしているのですが、最近少し気になる話を耳にしました。それはリボ払いによる返済は結果的には損をすることになる、更にはブラックリストに載ってしまう原因になるということです。これはなのホントでしょうか?また、果たしてこのままの返済方法で大丈夫なのでしょうか?リボ払いの問題点があれば教えてください。
(⇒ブラックリストになってしまう正しい原因の追及

リボ払いの良い点悪い点を正確に知ることが大切です

キャッシングの返済方法には3つの方法が主流です。一括返済、分割返済、リボ払い(リボルビング払い)の3つです。返済方法としては、一括返済が一番得ですが、まとまった大きな金額を借りた場合には選びにくい方法です。大きな金額を借りた場合に選ばれ易いのは分割返済です。返済回数がふえると利息も増えてしまいますが、負担の少ない返済方法です。問題のリボ払いですが、一定の返済額を決めて毎月返済していく方法です。生活に負担の少ないムリのない金額で返済していけるのが良い点ですが、自分がいくら返済したか分かり辛く、返済額にしても1番損をしてしまう可能性があります。

リボ払いのメリット、デメリットを正確に理解して、衝動買いといったこともせずに計画的なキャッシングをできる方にはリボ払いは、便利な返済方法ですが、キャッシング利用者がみんなそうではありません。それでリボ払いは、ブラックリストに載る原因という話が出たのでしょう。返済期間が長くなればなるほど、利息や手数料が増えていくので、リボ払いで損をしないためには、ボーナスなどでお金に余裕があるときに一括払いで返済してしまうのが、リボ払いの賢い返済方法でしょう。
(⇒融資を使うならメリットデメリットを必ず把握

キャッシングのリボ払いの注意点とブラックリストを知っておこう

キャッシングは返済方法としてリボ払いを活用することが出来ます。これは分割払いとは異なり、一定の返済額に設定することができるという返済方法です。どのくらいの返済額に設定できるのかは各社が決めている返済方式により異なります。例えば、限度額50万なら毎月の返済を1万から可能となるなど、かなり少額の金額を設定することができるのでこれが大きな特徴です。つまり、大きな金額を借入しても月々の返済は少額で返していくことができるので、大きなお金を借りやすいのです。

しかし、このキャッシングのリボ払いは注意点があります。月々の返済額を少額にしますと、当然ですがなかなか元金が減りません。これは返済額が少額だからというよりも利息がポイントになります。借りている金額が100万で利率が15%の場合、100万×15%÷365×借入日数で利息が算出されます。借入日数が30日として計算すると利息は約12300円となります。リボ返済で月々の返済を2万に設定しますと2万-12300円となるので元金から減る金額は7700円となります。

上記の利息計算のように利息額によっては少額返済をしてもなかなか元金が減らないので長期返済になることが多いのです。また、長期返済になっても月々の返済額は少額でも良いので新たに借入することも多くあります。こうして結果的に返済がかなり厳しい状況に追い込まれてしまうことがあるのでしっかりと返済額と借入額を見ながら返済計画を立てることが重要です。

返済が遅れてしまうことが多くなったり、債務整理をすることになるとブラックリスト入りしてしまいます。ブラックリストとは信用情報が返済事故になることを言います。新しくクレジットカードやカードローンなど金融会社の商品を利用したい時に返済事故になっているとブラックリストと判断されてしまうので、信用を得ることができなくて不合格になってしまいます。しっかりと返済には気を付けましょう。(参考ページはこちら→返済は最初に計画を練っておくべき

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2017 お金を借りるならココだ!一番人気のカードローン・ランキング All Rights Reserved.