開業資金でカードローンを使うデメリット

キャッシングベスト3

個人事業の開業資金をカードローンで借りるデメリットって何?

30歳の会社員です。今、個人事業を開業する予定でいろいろと勉強しています。開業資金全額を賄えるほどは預貯金がなく、今持っているカードローンからお借りすることも考えていますが、開業資金をカードローンでお借りしたときに起こり得るデメリットがあればアドバイスをいただけないでしょうか。

個人向けのカードローンは事業性の目的では使えない点に要注意!

カードローンって、一度契約してしまうとその内容までは覚えていないというか、関心が薄れてきてしまうものなんですよね。限度額の増額や金利の引き下げには興味を持っていたとしても、利用目的まで関心を維持できる人はそう多くないでしょう。
(⇒融資の増額に注目する理由

開業資金としてカードローンを利用することは、デメリットの前に不可能なものが多いという事をご存知でしょうか?個人向けカードローンのほとんどは、「事業性資金を除く」目的なら自由に利用ができます。ですから、質問者様が開業用にご自分のカードローンからお金を借りること自体、規約違反になってしまうんですね。当然帳簿上でもカードローン会社からの借り入れという形をとることはできない事になっています。

個人あるいは中小としての開業は、国金(日本政策金融公庫)が資金融資の相談に乗ってくれます。金利も大きな違いがありますから、カードローンで数十万円を借りようとするなら、時間はかかってもしっかりとした事業計画を練って、低金利での事業性資金を借りる方が良いでしょう。

生活費などの全てを事業者が貸し付けたという形にして、カードローンは個人の生活費の為に借りるという、形式的な帳簿上の流れを作ることも可能ですが、やはり金利や今後の事業経過の良し悪しで自分の生活を脅かすことになりかねないのはお勧めできないですね。開業については特に慎重に、資金調達とご自分の家計とのバランスも検討なさってください。
(⇒カードローンの使い道アドバイス

開業カードローンデメリットとメリットについて

ご自分で何らかのビジネスを行いたいと考えている場合、問題になってくるのは開業資金の調達方法です。自分で貯めたお金を利用する人や、知り合いから貸して貰って対応するなど、いろいろな調達方法がありますが、その中の一つに開業カードローンを利用する方法があります。カードローンと聞くと、デメリットばかりを思い浮かべて身構えてしまう人も多いと思います。では実際の開業カードローンデメリットにはどんなものがあるのでしょうか。

基本的には通常のカードローンと同様ですが、金利の問題等が上げられます。ただし、思い立ったビジネスを早く実践するためには、お金を借りて対応するという方法も一つの有効な手段であることは間違いありません。開業ローンは、個人事業主や中小企業の事業者のために作られたローン形態のことで、一般のカードローンとは性質が異なったカードとなっています。開業カードローンのメリットとしては、個人のカードよりも借入限度額が多い点や、審査の速度が速い点、保証人が不要な点、また個人で借りる場合と引けを取らないほどの低金利で借り入れが出来るローンも存在する点等が上げられます。

また、個人でお金を借りる場合は審査の時間が必要なことが多いのですが、開業ローンでは場合によっては即日の借り入れが可能な場合もあるようです。何より、最大のメリットとしては時間を労することなく、すぐに思い立ったビジネスに挑戦できるという機会損失のリスクを回避できる点です。海外旅行に慣れている人は知っている人も多いですが、現地通貨に両替する手数料を考えた場合、窓口で両替ではなく現地のATMでキャッシングしてもそこまで手数料と金利が変わらない場合も多々あります。場合によっては、金利のほうが安い場合も多く存在するため、カードローンやキャッシングも場合によってはお得な方法として有効活用することは可能です。
(⇒すぐにカードローンが欲しい場合の申し込み方

1円から会社の企業が出来るようになった現在、各種カードローンの特性を踏まえて、賢い方法で企業を成功させる事業者が出られる機会を作るのに、開業カードローンは一役買うことも少なくないでしょう。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2017 お金を借りるならココだ!一番人気のカードローン・ランキング All Rights Reserved.