消費者金融の借り入れは一時的な無職でもできないの?

先月、会社を辞めました。転職のためです。転職先は決まっているのですが、ずっとほぼ休みなく働いていたので、これを機会に海外旅行などして羽を休めたいと思ってます。でも、その間、収入がなくなるので、ちょっと不安に思います。蓄えは多少ありますが、万一の時、消費者金融会社から借り入れはできないのでしょうか。

転職先は決まっていて、一時的な無職ではあるのですが、今消費者金融会社に申し込みしても、無職なので借り入れはできませんよね?

一時的なものでも無職だと新規借り入れはできません

残念ながら、無職だと消費者金融会社から借り入れはできません。収入がない方に融資をするというのは、消費者金融会社にリスクがありますから、審査に通過はさせません。とはいうものの、あなたのように、転職で一時的に無職になっても、消費者金融会社のカードを持っていて借り入れをしている人はいるのです。それはどういうことなのかというと、お勤めしている時に申し込みして、そのまま無職になってもカードを持っている、という状況だということなんです。

一度消費者金融会社と契約してしまえば、たとえ無職になったとしても、それを消費者金融会社に伝えなければならないというルールはありません。もちろん、お金に困って、返済などできないということになれば話が別ですが、無職になったというだけではカードを取り上げられたりはしません。ですから、そのまま転職して、便利に返済して使っている人も多くいるのです。

しかし、無職中に申し込みしたら、無職の人を審査するということになってしまいますので、カードローンは作れないのです。いくら転職が決まっていると言っても、未来のことはどうなるかわかりませんから、消費者金融会社としては、現在の状況で審査するしかないのですね。

ですから、消費者金融会社に申し込みするのは、働き始めてからにしましょう。それも、ある程度収入がはっきりしたころ、半年くらいは経ってから申し込みするのが賢明です。転職してすぐに申し込みしても、収入がはっきりしないので、審査で落ちてしまう可能性が高いからです。

【参考ページ】
消費者金融に申し込む前に役立つ豆知識

無職でも借り入れ可能な消費者金融はレイク

収入を得ていない無職のような専業主婦や学生の場合、お金が欲しくなったときにカードローンを使って借り入れができるかどうか自信の無い人もいるでしょう。(参考ページはこちら→実際無職でも融資は受けられるの?

現在では消費者金融系のカードローンサービスも利便性が高められていますし、積極的に融資を行っている金融機関も多いですので、無職の人でも借り入れ可能なものがあります。新生銀行カードローンのレイクは、年齢が20歳以上から70歳までの人が申し込むことが可能なものとなっており、職業の形態は問われませんので、アルバイトやパート、非正規労働者の人、自営業者、学生や専業主婦も借り入れることができます。
(⇒アルバイトといった雇用形態でも普通に融資は受けられます

新生銀行カードローンのレイクは、消費者金融系の融資サービスの中で審査スピードが速いことが特徴となっていて、パソコンやスマートフォンからインターネットを使って簡単に借り入れの申し込みをすることができて、最短であれば30分ほどで契約を済ませることができてカードを発行してもらえます。ですので、速いケースであれば申し込みを行った日に、融資を受けることもできる消費者金融サービスと言えます。

レイクは大手銀行の子会社として行っているカードローンですので、貸金業法に基づいて融資を行っているサービスと違って、年収3分の1を超える金額を貸し付けられないということはありません。新生銀行カードローンのレイクの申し込みは利用限度額が50万円以下の場合であれば、給与明細書などの所得を証明するための書類を提出しなくても良いですので、無職の人でも借り入れしやすいカードローンとなっていておすすめです。大手銀行が行っているカードローンサービスですので、全国各地に利用可能なATMがたくさん設置されていますので、24時間いつでも使いやすいものとなっている点もおすすめです。

初めてレイクのカードローンを利用する人であれば、30日以内に返済することで利息が無しになりますし、または180日以内に返済することで5万円分の利息が無しになりますのでお得に利用できます。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2017 お金を借りるならココだ!一番人気のカードローン・ランキング All Rights Reserved.