ブラックが銀行の融資審査に通りにくい理由

キャッシングベスト3

ブラックが銀行のキャッシングローンの審査に通りにくい理由とは

私は5年前に信用事故を起こしてキャッシングローンを利用できなくなっていますが、ブラックでも利用できるローンがあるという情報をネット上でみました。しかし、その情報ではブラックは銀行ローンの審査に通ることが難しいとなっていて、ブラックが可能な銀行ローンの紹介はありませんでした。

ブラックが銀行のキャッシングローンの審査に通りにくい理由は何でしょうか。ブラックを対象とする銀行はないのでしょうか。

銀行の担保主義・保証人主義の考えや保証体制が影響しています

金融ブラックが一般的なキャッシングローンの審査に通ることは難しいと考えられていますが、特に銀行ではより困難であるとみられておりその理由がいくつかあります。例えば、ブラック自体の信頼度が低くすぎる、従来からの銀行の担保主義・保証人主義の考えが影響して大きなリスクが取りにくい、さらに審査を保証会社に大きく依存しているためその影響を受ける、などの点が理由として考えられます。

ブラックが銀行カードローンの審査で通りにくい理由はいろいろあるでしょうが、まずブラック自体の信頼度や信用力の低さが挙げられます。もちろんそのブラックの状況にもよりますが、過去に大きな信用事故を起こしていることも多く、貸手の多くは現在の状況よりも過去の事故内容を重視する傾向があり、その情報で不合格の判定を出すことが多いようです。

つまり、過去に信用事故を起こした人イコール貸してはならない危険な人と認識される、銀行の場合はそれがより顕著であるとみられています。消費者金融の中には過去の事故だけでなく現在の信用状況や返済能力をしっかり確認しようとする事業者もいますが、銀行ではそういったタイプのところは非常に少ないと考えられます。(参考ページはこちら→銀行の融資審査がシビアな理由

銀行は貸金事業での参入が遅れこの分野での知識やノウハウが乏しいこともあり、多くの銀行は大手消費者金融や大手信販会社などと提携して、審査や保証を委託しています。貸倒リスクをどの程度とっていったらよいかを判断するだけの実績やそれに伴うノウハウがないので、銀行自らが事業収益の拡大を見越した適正なリスクを取ることがまだできていないといえるかもしれません。

その結果、どうしても守りの運営になり貸倒リスクの高いブラックを敬遠することになるのでしょう。また、銀行は従来から担保主義・保証人主義の融資を行ってきており、体質的にはリスクを進んで取らない性質であると考えられます。そのため、過去に信用事故を起こしたリスクの高い人とは契約を避けようとするかもしれません。

また、多くの銀行は消費者金融や信販会社に保証してもらっているので、たとえ利用者がローンの返済を滞らせたとしても実質的に損をすることはありません。しかし、審査も彼らに委ねている場合は、審査自体が少し難しくなっていることが予想されます。保証を請け負っている消費者金融などはローンの支払いがされない場合には代位弁済しなければならないので、審査を通常より厳しくしている可能性があります。

また、その審査に銀行独自の審査を加えるようなことがあれば、より厳しくなるかもしれません。現実的には、どれほどの難度の差が生じているかは計りようがありませんが、まったくあり得ないともいい切れないのです。理由の内容はどうであれ、銀行がブラックに対して優しくないというのは否定できないのでカードローンを利用したい場合は、現在の状況を評価してくれる消費者金融を検討するのが妥当といえるでしょう。

ブラックになると銀行キャッシングはできなくなります

ブラックになると消費者金融から借りる事ができなくなるだけではなくて、銀行キャッシングもできなくなります。他にも、信販会社から借りる事ができなくなったり、あるいはクレジットカードを作ることができなくなったりしますから、生活をしていく上で非常に不便を感じる事になるでしょう。

なぜこのようになるのかと言いますと、金融機関や信販会社は信用情報機関を通じて情報を共有しているからです。例えば、ある銀行から借り入れをして、そして返済をしなかった場合、その銀行は信用情報機関に事故情報として登録を行います。別の銀行や消費者金融に借り入れの申し込みをした場合には、審査の過程で信用情報機関で調査が行われ、事故情報が登録されていれば貸し付けを行いません。

このようにして情報が共有されますから、約束通りに返済をしなかったり支払いが行われなかったりすると、新たに借り入れをすることはできなくなるのです。ブラックになる理由は、お金を借りた場合だけではありません。クレジットカードでショッピングをして支払いが遅れた場合や、分割払いの契約をして支払いが遅れた場合なども同じように扱われます。これらの情報は信販会社が扱っていて、遅延すると信用情報機関に登録されます。
(⇒ブラックは審査落ち理由でも最大?

かつて遅延したのが消費者金融であっても、銀行キャッシングの審査に影響するのは信用情報機関が関係しているからです。また、クレジットカードの未払いがあれば、やはり信用情報機関を通じて銀行で情報が共有されますから、銀行キャッシングの審査には通らなくなります。

逆に、銀行キャッシングで借り入れをして返済が何ヶ月も遅れたり、あるいは債務整理をして返済をしなかったりすると、その情報はやはり信用情報機関に登録されますから、その後は新たな借り入れをすることが難しくなりますし、クレジットカードを作ることも難しくなると考えておくべきでしょう。このようなデメリットがありますから、くれぐれも返済は遅延しないように心がけましょう。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2017 お金を借りるならココだ!一番人気のカードローン・ランキング All Rights Reserved.