レイクカードローンの審査通ったの?審査は厳しいのかなあ~?

20代のOLです。先日のお昼休みにレイクのカードローンに申し込んだって言う同僚に「レイクカードローン審査通ったの?」って聞いたら、「うん、簡単に通ったよ!…」って言ったんです。

その同僚の話を聞いたら少し羨ましくなりました。だってレイクって銀行カードローンだし、知名度も高いから審査が厳しいと思っているから…。

だから自分じゃ無理なのかなあ~って感じちゃんうんですよね…。実際にレイクのカードローンの審査に通るのって難しいのですか?

レイクのカードローン審査は厳しくありません

わかりました…あなたの質問に答えますね。レイクカードローンは、銀行カードローンなので総量規制の対象外となるので収入の3分の1以上でも融資可能です。また、一般的な見地から言えば、銀行カードローンは、カードローンの中でも一番審査が厳しめになると考えて良いのです。

他方で、審査は厳しいものの、融資可能となれば低金利メリットと高い融資額をエンジョイできるのです。それゆえ、銀行カードローンは、カードローンの中では一番メリットが大きいカードローンとも言えるのです。

そして、レイクカードローンも銀行カードローンですので、審査は厳しいと考えられます。が!実はレイクカードローンの審査はそんなに厳しくはないのです。レイクカードローンの基本的な利用条件を挙げれば、満20歳以上満70歳以下の成人であることと、継続した一定の安定収入があることの2点なのです。
(⇒審査が簡単な金融業者には理由がある

つまり、この2点をクリアできればレイクカードローンの審査に通るのはそんなに難しくはないと言って良いのです。しかし、もちろんこの2点だけでレイクカードローンの審査に必ず通る訳ではありません。

その他にも審査で調べられる点はあります。たとえば、、個人信用情報機関に与信をかけて申込者の信用力を調べるので、過去に金融事故を起こして金融ブラックであったりすると審査でアウトです。

また、現在の借り入れ状況も問題となります。たとえば、複数社からの借り入れがあったり、他社から多額の借金があると審査に響きます。ただし、この点に関するレイクカードローンの審査基準は、他の銀行カードローンの審査基準と比べると、やや柔軟と言って良いのです。

加えて、年収・勤続年数・勤め先・職業・居住形態等の個人属性の観点からも審査されます。しかし、レイクカードローンの審査なら、極端に属性が低くなければ心配する必要はないと言えます。

たとえば、勤続年数が3か月とか半年とか言った場合には極端に属性が低いと見做されて審査に落とされることがあります。また、転職ばかり繰り返しているような人だと属性が低いとされて審査に落とされます。

加えて、レイクカードローン審査で注意したい点としては、携帯電話料金の支払いや公共料金の支払いに滞納があると審査に通り難くなってしまうことなんです。以上がレイクカードローンの審査に関するコメントとなります。

他の銀行カードローンの審査に比べれば、レイクカードローンの審査はやや甘めと言って良いです。だから「レイクカードローン審査通ったの?」との問いに、「うん、通った…」と答える人は案外多いのですよ。

しかもレイクカードローンは、銀行カードローンでありながら即日審査で即日融資が可能なのです。また、金利も年4.5%~18%といった低金利メリットもあります。

つまり、レイクカードローンには“銀行カードローンとしてのメリット”と“消費者金融並みの融資スピード”とが合体したハイブリッドなカードローンであると言って良いのです。

えっ!あの人がレイクカードローン審査通ったの?

何故あの人がレイクカードローン審査通ったの?と不思議に思われるような方がカードローンに通ったりします。以前では考えられないような職業、年齢の方でもレイクのカードローンやキャッシング・サービスを利用できるようになっています。

カードローンやキャッシング・サービスの審査は一般的に収入面と借入状況の双方のバランスをみて判断されますが、以前と違い、収入面のチェックがだいぶ緩和されてきているようです。以前の審査との違いは3つです。1つは職業、もう1つは年齢、そして、3つ目は収入が年収によるチェックになったということです。職業や年齢については以前はかなり厳しい条件が課せられていたようです。そのため、サラリーマンや高所得の会社役員以外はカードローンが通らないということも珍しくありませんでした。

しかし、若年層が利用できるカードローンが登場していたり、年金生活者のような方でも利用でき、また、これまでであれば絶対に通らないと言われていたアルバイト・パートでもカードローンやキャッシング・サービスは利用できるようになってきています。そして最大の変化は月収ではなく、年収による収入チェックです。

年収による収入の確認方法については、サラリーマン以外でもカードローンやクレジットカードが利用できるチャンスが増えてきたことを意味します。特にアルバイト・パートのように収入が安定しないような職業の場合は年収でのチェックが行われるとサラリーマンと同等の収入となることもあり、カードローンの利用ができる場合が増えます。

カードローンやキャッシング・サービスは法的な制限が消費者金融に課せられており、総収入の3分の1を超える現金は貸し出せず、各金融機関も法律に準拠しているようですが、制限が加わったことでかえって利用できるユーザーを増やす方向に向かうことができています。今後は更に審査が効率化され、適正に利用できる利用者が増えていくものと考えられます。

【参考ページ】
レイクは予想以上に多くの人が使えるようになっています

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2017 お金を借りるならココだ!一番人気のカードローン・ランキング All Rights Reserved.