カードローンの審査を確実に通過する秘訣

キャッシングベスト3

カードローンの審査を確実に通過する秘訣はなんでしょうか

25歳の実家住まいだったんですが、会社員歴3年で初の転勤を言い渡され、旅費などの費用だけでなく、家電も冷蔵庫に洗濯機に炊飯ジャーにと買い込まなければいけなくなったんです。とても安月給では足りないので、カードローンを使って一時的に足りない分を借りたいんですが、カードローンのカの字も知らないので無事に作れるのか不安です。

カードローン初心者が確実に審査に通過する秘訣みたいなものはありますか?これだけは気をつけろみたいな注意点でもいいので、少しでも審査に通りやすくなる方法を教えて下さい!
(⇒初心者に教えたいカードローン活用法

欲張らない、嘘や水増しをしないなど、基本的なことで充分です

初めての転勤に初めてのカードローンですか…。それは不安も多く抱えていそうですね。少なくともカードローンについては、その不安を解消できるようにお答えしましょう。と、言っても難しいことは何もないんですけどね(笑)。

まず、基本中の基本は、「絶対に嘘をついたり、数字を水増ししたりして申告をしないこと」です。カードローンだけでなく、ローン業界では、嘘はほぼ見抜かれると言われている世界です。上手く嘘を見抜かれなければラッキーですが、バレたら一発で審査落ちですから、そんなリスクを負ってまで冒険をする必要はありません。勤務歴3年があれば、堂々と申告をするに充分ですし、年収も源泉徴収票に書かれた「税込み収入」をそのまま書き込みましょう。

次は、「欲張らないこと」です。カードローンも「お金を借りる」ということに他なりませんから、できるだけ謙虚に、必要最小限の金額を申し込むようにしたいものです。最初であれば「他社債務がない分だけ有利」になっている状態ですから、さらに有利に事を進めるためにも、謙虚な姿勢で臨むことをお勧めしたいですね。

また、主に申し込み者本人を確認するための携帯電話などへの着信には、必ず対応するようにしましょう。見知らぬ番号だからといって放置してはいけません。その場では出られなくても、必ず折り返すなどの対応はすべきことがらです。多くのカードローンの商品概要にも、「確認がとれない場合はお断りさせていただく場合がございます」と丁寧に書かれているくらいですから、大したことがなさそうでも意外と重要なことなんですよ。

初めてであれば、そう深く心配することはありません。先に触れたように、他社債務はないわけですし、その分だけ審査は有利だと思って大丈夫です。後は申し込みを誠実な対応で行なうこと。記入漏れや書き間違いなどの基本的なミスをしないことは仕事と同じですから言うまでもないでしょう。

【参考ページ】
逆に融資審査に落ちてしまう人は何が原因?

カードローンの審査に確実に通過するための基礎的なポイントとは

カードローンの審査を確実に通過するには、予め審査で重視される項目を把握しておく必要があります。審査で通るかどうかは、業者の設定する融資基準を満たす必要があり、これらの項目はカードローンを提供する業者に共通する部分が多くあります。そのため、これらのポイントを把握しておけば、カードローン審査に通過する可能性が非常に高くなるのです。
(⇒融資審査に通る為にしておきたいこと

この審査に確実に通過する為には、申込者の個人情報で嘘の情報を記入しないという点があります。また、複数社への申し込みは避け、大手の融資条件の良いカードローンの審査のみを受けるという点も重要になるのです。カードローン審査に通過するためには、これらのポイントを把握しておく事で、通過出来る確率が高くなります。

特に、審査で配慮しておくべきポイントとしては、虚偽の申請があります。申込書に記入する情報に間違いや嘘があると、融資を受ける際には、不利な状態になってしまうのです。具体的には、この審査で事実とは異なる情報を入力をしてしまうケースとして、現在の借入残高があります。この数字を低く入力したり、現行の借り入れがあるにもかかわらず、無いと記入することで、審査に不利な条件となってしまうのです。また、年収の項目を高く記入したり、審査に有利になるように勤務年数を多く記入したりすることで、審査でこれらの事実が判明し、審査の通過は難しくなります。
(⇒融資の申し込み時は注意点がたくさん

このような虚偽の申告は、この審査では重要な事項として扱われます。この審査で記入した情報は、個人信用情報機関などに問い合わせをして確認する事で、簡単に判明しますので、正確に記入する事が重要なポイントとなるのです。また、各金融機関は、融資を受けた方の個人情報や顧客情報を共有しており、融資の状況を正確に把握していますので、虚偽の申告は審査の段階で必ず判明してしまいます。そのため、確実に審査に通過するためにも、これらの点を把握しておくことが重要になるのです。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2017 お金を借りるならココだ!一番人気のカードローン・ランキング All Rights Reserved.