カードローンでブラックにのると大変です

キャッシングベスト3

カードローンでどんな問題起こすとブラックにのる?

20代のOLです。たまにカードローンを利用しています。ところで先日、会社のお昼休みに仲間とご飯を食べているときにカードローンの話をしていたら、その仲間のひとりが「カードローンってブラックリストがあるんだよねえ~…」って言ったんですよ…。

私には何の事やら分からなかったのですが、その友人の話によるとブラックリストに名前が載ってしまうと大変な事になってしまうそうで、「カードローンを利用している人は誰でもブラックにのる可能性があるんだよ!…」って少し脅かされたんです。

で、カードローンを利用していてブラックにのる場合ってどういったケースなのでしょうか?教えてください。
(⇒ブラックリストになる意外な原因とは?

返済の延滞や債務整理でブラックにのる

わかりました。あなたのご心配にお答えしましょうね。まずひとつ言える事は、きちんと借りてきちんと返済している限り絶対にブラックにのることはありません!だからそんなに心配する必要はないのです。

「カードローンでブラックにのる…」と言うことは、個人信用情報機関に事故情報として名前とともに登録されてしまうことであり、実際に“ブラックリスト”なるものが存在している訳ではありません。(参考ページはこちら→個人信用情報の中身について

そして、この個人信用情報機関にはブラックであるか否かに関わらず、カードローンに申し込んだ履歴やカードローンの利用履歴、また現在の借り入れ状況や返済履歴及び返済状況といったような、カードローン利用に関わるあらゆる情報履歴が記録されることになるのです。

だからカードローンを利用した経験があるあなたの利用履歴もこの個人信用情報機関に記録されているのですよ。その中でも“ブラックにのる”ということは、カードローン利用において何かしらのトラブルを起こして“事故扱い”となってしまった場合にブラックとして登録されてしまうのです。

では、カードローンでどんなトラブルを起こしてしまうとブラックにのるかと言えば、大きく2つに分けられます。一つは、返済の遅延や滞納を繰り返してしまうと事故扱いとされてブラックにのります。

ただし、1回や2回程度の返済の遅延や滞納で即ブラック扱いとなることはないようですね。一般的に、滞納については3か月以上するとブラックにのるみたいです。しかしながら、1度でも返済の延滞をすることは契約違反となるので、仮に1度の返済の延滞でブラックにされても文句は言えないのです。

二つ目は、弁護士を介入させるかたちでの任意整理・調停・個人民事再生及び自己破産といった債務整理をしてしまうと完全に事故扱いとなってブラックにのります。そして、確かな事ではないのですが、返済の延滞によるブラックと債務整理によるブラックでは、債務整理によるブラックの方が金融機関ではより深刻に扱われるようなのです。

そして、ブラックになると銀行はもちろん、たいていの消費者金融のカードローンが利用できなくなります。さらに、ブラックにのっている期間は、まずカードローンの利用は無理と考えてください。

あくまでもひとつの目安ですが、返済の延滞のブラックだと3年~5年くらい、他方で債務整理の場合は5年~10年くらいは個人信用情報機関にブラックとして登録されてしまいます。それゆえ、カードローンが通常に利用できるのは、ブラック登録が抹消されるまでの期間後と言うことになると考えて良いでしょう。

カードローンでブラックにのるとどうなる?

カードローンを借りていて返済出来ないという金融事故になると、信用情報機関のブラックにのることになります。それでブラックにのるとブラックということで、どこからも借りられなくなります。

ブラックになるパターンですが、まず債務整理を行うとブラックになります。債務整理には任意整理、特定調停、個人再生と有りますがどれも金融事故扱いでブラックになります。それで債務を完済していてもブラックになります。

そして自己破産は債務が無くなるわけではなく、返済を免除されるだけでこれもブラック扱いになります。そして債務を返済しないで逃げた場合もブラックとして扱われます。

ブラックにのるとどこからも借りられなくなる理由ですが、信用情報機関は3つあって、それぞれ貸金業者系と銀行系と別れています。そして3つとも金融事故情報に関してはシステムを統合していて、どこで金融事故を起こしてブラックになってもわかるということです。だから1つでも金融事故でブラックになるとすべて借りられなくなります。

そして各金融機関は貸し出しが慎重でして、金融事故を起こしてブラックになる人は返済能力が無くて金銭管理が杜撰だということです。金融機関は返済出来ると思って貸しているのに、金融事故を起こすのは金銭管理が杜撰だからです。だからそんな人には貸せないということで、ブラックだとまともな金融機関は貸しません。

そしてブラックでもカードローンを借りられるとなると金融事故が増えます。ブラックになると借りられないからと債務整理を断念していた人達が、ブラックでも借りられると分かれば、債務整理をし始めます。そうなれば自分で自分の首を絞めることになるので、ブラックには貸さないということで、債務整理をけん制しています。

カードローンでブラックにのると、ブラックということでもうどこからも借りられなくなります。だからブラックにならないように無理な借り入れを行わず、毎月きちんと遅れずに返済をすることです。

【参考ページ】
どうしてもブラックでも借りたい場合に

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2017 お金を借りるならココだ!一番人気のカードローン・ランキング All Rights Reserved.