消費者金融より厳しいと言われる銀行融資にコツはあるのでしょうか

金利の低さから、消費者金融より銀行のカードローンに魅力を感じています。一般的に銀行カードローンは審査が厳しいと聞きますが本当でしょうか?審査のハードルが消費者金融より高い場合、審査に通りやすくなるコツってあるのでしょうか。

過去に消費者金融を利用したことはありますが滞納したことは一切ありません。小さな会社ですが勤続年数は三年で給料も普通にもらっています。

コツはインターネットを使って申し込みを行うことです!

銀行カードローンの審査のハードルは消費者金融より高いというのは事実です。実際に、銀行カードローンの審査に落ちて消費者金融の審査に通るというケースは多くあります。しかし、銀行カードローンは総量規制の対象外なので、年収の低い人や収入の無い人でも利用できるというメリットもあります。

銀行の審査のポイントは、返済能力がしっかりあるかどうか、勤務先の情報がメインです。質問者様は、過去に消費者金融の利用経験があり返済が遅れたことは無いとのことですので、返済能力はしっかりあると判断されることでしょう。また、勤続年数も三年ですので十分審査対象となります。一年程度の勤続年数の場合、銀行カードローンの審査に落ちてしまうケースもありますが、三年なら問題ありません。

職種によって少し左右されますが、質問者様の情報が正しいのであれば銀行カードローンの審査も大丈夫でしょう。

銀行カードローンの審査に十分通るラインにいらっしゃいますので、それをより確実にする為にも「ネット申し込み」を利用するようにしましょう。このネット申し込みが審査に通るコツです。

銀行の窓口や専用の無人契約機を利用した場合、外見や対応がそのまま審査に影響してしまいます。くたびれた服装で申し込みに行ってしまったり、窓口担当者とのやり取りの中で挙動不審と思われる行動をとってしまったり、緊張されて申し込み内容を間違ってしまった場合、銀行はそれを嘘の申告と判断してしまい審査時のマイナス点になってしまう恐れだってあります。嘘を付く人には誰もお金を貸してくれないのは当然です。

ご質問者様は、銀行カードローンの審査に通るラインにいらっしゃると思います。ネット申し込みを利用してゆっくりと記載ミスの無い申し込みを行うようにしてください。

絶対に借入をしたい人のための銀行融資のコツ

絶対に借入をしないと危ない、そんな人にとっては銀行融資のコツがあれば聞いてみたいところでしょう。企業を経営している人や、会社の経理担当であれば、銀行融資のコツに関するセミナー等が色々と行われているので、そういうところで聞いたほうがいいでしょう。ただ、企業向けというのはあったとしても、個人向け向けというのはほとんどないものです。

ですから個人向けの銀行融資のコツというのを知りたい人は多いんじゃないでしょうか。そこで個人がすぐに融資を受けられるような、そんなコツを照会したいと思います。もちろん失敗することもありますが、確実に確立を上げていくことができるかと思います。

まずカードローンやフリーローン等の借入の種類をよく知っておくことです。カードローンが最も借入をしやすく、フリーローンの方が借り入れは難しいです。もっと言えば、銀行系のグループ企業に消費者金融があれば、その消費者金融を使ったほうがいいでしょう。借り入れに関するハードルというのはぐんと下がります。

そして最初に借り入れをするときに、希望金額を書くことがあれば小さく書くことをおすすめします。例えば10万円であるとか、小さな金額で100万円200万円というような金額を書いてはいけません。銀行側に「そんなに困っているのか」と思われてしまえば、借入が難しくなってしまうからです。

小さな金額でほしい金額に足りない場合でも、使い続けていくことによってどんどん枠を大きくしてくれます。これはカードローンでもフリーローンでも、その他の商品でも共通していることです。ですから長期間にわたって枠を大きくして、希望額に近づけるというパターンが最も優れているといえるでしょう。

そして最初の申込時には嘘を書かないこと、これもポイントです。銀行融資のコツとして収入が多いほうがいいというのはそのとおりなんですが、だからといって最初に嘘を書いていいかというと、そうではありません。むしろウソで高い収入を書いてしまうと信用されなくなってしまうので、正しい収入を書くようにしましょう。

銀行融資のコツは個人と企業ではだいぶ違います。自分の立場にあった方法を使って銀行融資を引き出しましょう。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2017 お金を借りるならココだ!一番人気のカードローン・ランキング All Rights Reserved.