取引がある銀行系カードローンしかダメか

キャッシングベスト3

取引がある銀行の銀行系カードローンじゃないと申し込めない?

私はネットショッピングが好きで、見ていてつい買っちゃったということもよくあります。もちろんそんな高いものは買いませんが、それでもたまに買い過ぎて、支払い時に焦ることも少なくありません。それでもしもの時のために、銀行系カードローンってやつに申し込もうと思うんです。

有名なカードローンって銀行系が多いでしょ?だから安心かなって思うのですが、銀行系に申し込む場合、取引がある銀行の銀行系カードローンじゃないとダメなのかしら?だったら先に口座作っておかないとって思ってるんだけど・・。

取引がある銀行の銀行系カードローンじゃなくても申し込めます

そうね・・今人気の消費者金融は銀行系カードローンが多いわね。消費者金融の行き届いた顧客サービスと、銀行がバックにあるという信頼性と安心感で人気があるの。だからもちろんおすすめよ。それに銀行系のカードローンだからって、直接その銀行と関わるわけではないから、取引がある銀行の銀行系でなくても申し込めるわ。今は銀行自体のカードローンすら、口座不要で申し込める時代だもの。

だから好きな銀行系カードローンに申し込んで良いのよ。もちろんわざわざ口座を作る必要もないから、直接スマホやパソコンからインターネットで申し込んじゃってちょうだい。カードローンの借り入れは振り込みによるキャッシングも出来るから、あなたのようにネットショッピングでの買い物をする人にもとっても便利だと思うわよ。
(⇒ネット経由で簡単に融資を申し込み

大手の銀行系カードローンは、取引がある銀行じゃないものでも申し込めるから、ホームページなどでよくチェックして、自分に合ったカードローンを選んで、上手に利用してみてね。ただし、くれぐれも返済出来ないほど借り入れてショッピングしたりしないよう、十分に気を付けるのよ。

銀行系カードローンは取引がある銀行を選んだほうが良い

銀行系カードローンは金利が低い傾向がありますし、総量規制が適用されないために限度額を大きくできる傾向があります。そのために、消費者金融よりも銀行でカードローンを利用したいと考える人は多くいるのです。しかし、銀行は審査が厳しいために、申し込みをしても審査に通らない人もいます。審査に通らなければ借りる事はできないのですから、審査に通りやすいということは一つのメリットとなります。

銀行はもともと審査は厳しいのですが、審査に通りやすくするためには取引がある銀行を選ぶのが良いです。取引とは、銀行のサービスを利用していることを指します。簡単なものであれば、預金口座を開設していることがサービスを利用していることもふくまれます。ただ、信用力を高めるような取引を行っている方が審査には通りやすくなります。

例えば、給与振り込みに用いている銀行口座を持っていれば、その銀行に対して信用力は高くなります。給与振り込みに用いていればある程度の残高もあるでしょうし、また給与が安定的に得られていることを証明できるのですから、信用力は高くなります。ですから、利用したことのない銀行に申し込みをするよりも、メインとして使っている銀行に申し込みをした方が審査には通りやすくなるのです。

他にも、借り入れをしている銀行なら審査に通りやすくなります。すでに借り入れをしていると、その情報があるから新たな借り入れをしにくくなると考える人もいるようですが、これは正しくはありません。金融機関は借り入れに関する情報を共有していますから、借り入れのある銀行ではなくてもその情報を知ることはできますから、他の銀行に申し込みをしても同じです。

具体的には、住宅ローンを組んでいる銀行からなら借りやすい傾向があります。住宅ローンの契約をしている時点で、厳密に審査が行われています。そのために、銀行側は返済可能な金額を知っているのです。最近では住宅ローンとセットにすれば金利が引き下げられるサービスもあります。

【参考ページ】
銀行カードローンって本当にお得?

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2017 お金を借りるならココだ!一番人気のカードローン・ランキング All Rights Reserved.