カードローンの仮審査は在籍確認後なの?

キャッシングベスト3

カードローンの仮審査は在籍確認後に行なってるのですか

43歳でパート事務員をやっている兼業主婦です。カードローンの審査について教えていただきたいことがあるのですが、インターネットで申し込みをした後に”仮審査”が行なわれますよね。この仮審査は職場への在籍確認の後に行なわれて審査結果がでるものなのでしょうか?それとも仮審査後に在籍確認が行なわれるものなのでしょうか?

事務員をしているので、在籍確認の電話には自分が応対することになると思うのですが、その電話で仮審査が通過するのか、それともまだ始まったばかりになるのかが気になったので質問させていただきました。

カードローン会社によりますが仮審査の最終項目と考えられます

会社によって審査の手順は異なりますが、在籍確認の電話審査は書類審査が終わった後、仮審査の最終段階と考えるのが一般的です。理由は簡単で、「書類審査で落とす人のために、わざわざ電話代をかける必要がない」ですよね。コストパフォーマンスを考えれば、電話など費用のかかることは最後に行なうのは当然のことと言えます。

カードローンの審査も様々ですが、「仮審査」と呼ばれるものはそのほとんどが審査全般を指していることも多く、本審査は最初の申し込み内容と身分証明書や本申込書の内容が異なっているかのチェック程度という所も少なくありません。つまり、仮審査に通ってしまえば、後は書類の不備などがない限り安全圏に入っていると考えることもできるわけですね。(参考ページはこちら→融資審査に落ちる場合は何が違う?

在籍確認や自宅・携帯などへの本人確認は、仮審査の一環であるということ、電話審査まで行っていれば多くの場合、最終的な段階に入っていると考えられること、ただし、全てのカードローンが同じではないことの3点を抑えておけば、安心感も変わってくるでしょうか。

【参考ページ】
融資の在籍確認の処理の仕方について

カードローンの仮審査の在籍確認後について

カードローンは保証人や不動産などの担保をつける必要がありませんので、多くの人が申込んで利用しています。使い道が自由ですし、提携先のatmも多いのでいつでもどこからでも現金を引き出すことができるという点も人気の理由のひとつとなっています。また、審査基準波多野目的別ローンに比べると比較的緩やかになっており、パートやアルバイトでも安定した収入があれば借り入れができるようになっています。
(⇒カードローンって本当にどんな用途に使っても良いの?

カードローンの審査は、通常一度ですむ場合もありますが、銀行や一部の消費者金融系では仮審査をした後で本審査に移行するという流れになっています。とはいえ、ほとんどの業者が仮審査の段階で融資可能であれば最終的に融資を行うようになっていますので、本審査は書類のやり取りや正式な契約の取り交わしの未で終わるというケースも珍しくありません。

仮審査では、本人確認書類や申込書に記載された内容のチェック、信用情報の調査、在籍確認の電話などが主な内容となっています。在籍確認後は仮審査に通っていれば本審査の案内をしますので、必要書類に記載して、持ち込むべき書類は一緒に提出します。本審査は店頭窓口で行うようなところも多く、ここで契約書に署名押印してカードを発行してもらうという流れになっています。(参考ページはこちら→仮審査と本審査の違いについて詳しく

カードローンの申し込み自他はオンラインでできますし、本審査までの手続きは全て自宅や外出先など好きな場所で続けることができます。そのため、勤務時間が不規則な人や、忙しい人でも簡単に手続きをすることができます。これから借り入れの申込みをする予定の人は、できるだけ本審査のないところでの申し込みが手続きも少なくて便利ですが、二回審査を受ける場合にはいろいろな手続きができるだけインターネットで済ませられるところを選んでおくと、忙しい合間に外出して時間をとられることもありませんので安心です。比較サイトや口コミサイトなどをチェックしてみるとよいでしょう。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2017 お金を借りるならココだ!一番人気のカードローン・ランキング All Rights Reserved.