派遣社員の登録でカードローンを組めるか

キャッシングベスト3

派遣社員の登録だけでカードローンを組むことができるのか?

私は1カ月前に退職して現在就活中なのですが、仕事が決まるまでの生活費が心配なので今のうちにカードローンを組もうかと考えています。しかし、友人から無職の状態ではローンの審査に通らないので派遣社員の登録だけでもしておいたらどうかとアドバイスをもたらいました。

派遣社員の登録だけでもしておけばカードローンを組むことができるのでしょうか。

派遣社員の登録だけ勤務実績がないと難しいかもしれません

専業主婦を除き無職の人がカードローンに申し込んでも多くの場合審査で落とされますが、派遣社員であれば契約できるローンも少なくありません。しかし、派遣社員の登録だけで実際に働いていない場合、働いた実績がない場合などは実質的に安定した収入を得ていない、得られる可能性が高くないと判断され審査で落とされ契約に至らないこともあるので注意が必要です。

最近の貸金業界は競争の激化を背景に利用対象者の範囲が拡大され、学生、アルバイト、専業主婦、高齢者や派遣社員までもその中に含まれるようになってきました。派遣社員に関しても安定した収入が得られているという条件を満たしていれば、契約できるローンも少なくありませんが、単に登録しているだけ勤務している実績がない場合は審査で落とされることも多いようです。

派遣社員も人によって就業状態にかなりの差があり、比較的長期間に渡り断続的な勤務についている人もいれば、短期間の仕事を単発的、かつ、不定期に続けている人もいます。しかし、派遣会社に登録はしているが実際に働いたことがない、或いはごくわずかしか実績がない、というような人も少なくありません。貸手としては、後者の派遣社員は実質的に無職の人と同じと考え、ローン契約することができないのです。

そのため、勤務実績のない登録者が今後の仕事を期待して勝手な予想で年収額を申告するというケースもあるようです。しかし、ローン会社によっては源泉徴収票などの収入を証明する書類を求めることがあるので、虚偽の申告をしても直ぐにばれることになります。虚偽の申告は即審査で不合格に繋がり、そのローンでの利用は今後とも難しくなるので絶対に行うべきではありません。

以上のことから登録だけで勤務実績がないとローンの契約は基本的に困難であるといえますが、ローン会社は多く存在しており審査の内容ややり方もさまざまです。ローン会社の中には、一定額までは収入証明書を求めない、会社へ電話連絡しないという、審査の甘い会社もあるので、たとえ現在勤務実績がなくても契約できるところがないとはいえないのです。

あなたの場合は1カ月前に退職しているので、昨年の年収や今年の収入があるはずです。審査での年収の申告はそれに基づいて記入(入力)することもあるので、年収がゼロ円とはならないでしょう。そのため、収入証明書を求めない、会社への電話連絡をしないローンであれば、今までの収入源と派遣会社が一致しない点は表面化せず審査に通る可能性はあります。

しかし、勤務状況を詳しく聞かれれば直ぐにわかることなので、その場合は正直に現在の状況を説明し今後の派遣社員としての勤務予定などを説明するのがよいでしょう。もしそれで利用が難しいようであれば、正規の就職先が決まるまではアルバイトをしてはどうでしょうか。アルバイトなら勤務実績を比較的早く持てるとともに生活費の足しになるので効果的といえるでしょう。

派遣の登録だけでカードローンを借りられますか?

派遣会社に登録だけでカードローンを借りる場合ですが、申し込んだ金融機関によって借りられるか借りられないかが決まります。派遣会社に在籍確認をして問題無ければ、大丈夫ですけど、金融機関には派遣先で無いと駄目なところも有ります。だから登録だけでは借りられる場合も有り、借りられない場合も有ります。
(⇒融資審査で重要な在籍確認について

ただ登録だけのパターンにもいろいろ有り、たまたま仕事が無くてお休みの場合は、契約書の年収欄に想定の年収を書いて審査に出せますが、仕事をしていない時が多い場合や全く仕事をしていない場合は、年収欄で審査に落とされます。それでカードローンの契約をしようと虚偽の年収を書けば、契約になれば詐欺に該当します。

だから契約後に全く仕事が無くなった場合は、問題無いですけど、収入が無いのに年収を偽って書けば契約になってキャッシングした時点で詐欺に当たりますから、だからそういうことはやらないことです。

在籍確認は会社勤めを確認しているだけではなく、継続的かつ安定的な収入を得ているかを確認しているので派遣会社に登録しているだけで、収入が無い人には全く貸出する気は無いです。だから収入が無い人はカードローンは借りられないと考えるべきです。

だけど借りてもきちんと返せれば金融機関は問題にしません。登録だけの後に、仕事が入るなりして収入が出来て返済出来れば問題ではなくなります。しかし借りた後必ず働いて返済できる保証が無い以上、借りても返せなくなるのは必然で、返せなくなれば金融機関は、契約書の年収の虚偽記載は忘れて融資の回収に一生懸命になるだけです。

そして裁判所に訴えて、財産の差し押さえ等をしてきます。だから返せる当てがない以上年収を偽ってまで借りるのはよくないことです。

派遣の登録だけでカードローンを借りることは無理です。契約書の年収欄で審査で落とされます。そして年収を偽っての申し込みは問題行為になるのでそういうことはやらないことです。

【参考ページ】
派遣と融資の関係について

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2017 お金を借りるならココだ!一番人気のカードローン・ランキング All Rights Reserved.