銀行のカードローンはデメリットありますか

キャッシングベスト3

銀行のカードローンを利用したいのですがデメリットはありますか

この頃何かと要りようで、キャッシングサービスを受けたいと考えており、どこで借りようか調べていくうちに銀行のカードローンがいいんじゃないかと思いました。金利も低めで限度額も多く、何より銀行が運営しているということに安心感があったからです。しかし、少し心配し過ぎかもしれませんがこのようなメリットばかりではないと思うのです。そこで知りたいのは、銀行のカードローンを利用するにあたって何かデメリットはありませんか?ということです。

消費者金融などと比べて審査に時間がかかります

確かに銀行のカードローンは消費者金融と比べて金利も低く、借り入れ限度額も多めです。さらに年収の3分の1以上はお金を借りることができないという法律、総量規制の対象外でもありますから、お金を借りる側としてはメリットが多いと考えられます。逆にメリットが多すぎて何かデメリットがあるのでは?と考えてしまうのも仕方のないことかもしれませんね。銀行のカードローンのデメリットは、消費者金融に比べて審査が厳しく時間がかかるということが挙げられます。

消費者金融などの審査は本当にスピーディーで30分くらいで済んだり、遅くとも借り入れの申し込みから翌日には融資が可能なところが多いです。それに比べて銀行のカードローンは審査に時間がかかり、2日から3日はかかってしまいます。今すぐにまとまったお金が必要!といった利用者にとってはこれはデメリットと言えるでしょう。しかしながら、そうでない利用者にとっては銀行のカードローンはメリットの多い便利な借り方だと思います。

【参考ページ】
融資の利用前は必ずメリットだけではなくデメリットも見よう

銀行のカードローンにおける見逃せないデメリット

近年の都市銀行のカードローンは金利が低いだけではなく、即日融資ができるようになったり、インターネットからの申込が可能になったりしたため、利用者が増加傾向にあります。さらに、メリットとして、コンビニATMの利用手数料が無料であることや、銀行の預金口座を公共料金やクレジットカード代金の引き落とし口座に指定していると、口座の残高不足で引き落としができない時に自動的にカードローンから口座に入金してもらえる自動融資機能があります。
(⇒即日で融資は何故受けられるのか

ただ、従来大手企業への融資を専門に行っていたため、消費者金融のカードローンと比較すると、サービス面におけるデメリットが無いわけではありません。(参考ページはこちら→銀行と消費者金融をもっと比較

まず、銀行カードローンには消費者金融が行っている振込キャッシングの機能の無いことが大きなデメリットになっています。振込キャッシングというのは、インターネットから申込んで借入金を利用者の所有する金融機関の口座に振り込んでもらうものです。振込キャッシングができないために、借入はすべてコンビニATMなどの提携ATMを利用するしかありません。

そして、利用者の所有する他金融機関の口座からの引き落としという返済に対応していません。また、「ペイジー」というインターネットからの振込返済もできません。ペイジーというのは、インターネットを利用して自分の所有している金融機関の口座から消費者金融の口座へ返済金を瞬時に振り込めるシステムのことです。パソコンやスマホがあれば家や勤務先、出先からでも入金ができる上、休日や夜間でも手続きが可能です。しかも、振込手数料が掛かりません。これらの返済方法が採れないため、借入をしている銀行に口座を持っていない場合は、新たに口座を開設するか、毎回ATMから返済するしかありません。

また、銀行カードローンは後発でもあるため、消費者金融に比べるとサービスの種類が少なくなっています。例えば、利息の掛からない無利息期間のサービスや、利用するごとにポイントの付くサービスなどは提供されていません。
(⇒それでも銀行カードローンが人気の理由

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2017 お金を借りるならココだ!一番人気のカードローン・ランキング All Rights Reserved.