借入の際によく耳にする事故とは何のことなのでしょうか?

金融事故という言葉は、信用機関に登録されてしまうマイナス情報のことを指します。自己破産は当然、任意整理や個人再生のような債務整理も自己情報として登録されてしまいますので知っておきましょう。

また、返済の滞納も一定期間を経過すると信用機関に記録されてしまいます。この滞納情報が記録される滞納期間は、2ヶ月~3ヶ月くらいだといわれます。数日返済が遅れてしまったからといっても、すぐに事故情報として記録されることはありませんので安心されてください。しかし、毎月返済が遅れてしまう人の場合は十分注意が必要です。毎月遅れてしまう人の場合は、3ヶ月経たずに信用機関に記録されてしまう場合もあります。

この事故情報は、貸金業者側の判断で信用機関に記録されます。審査時にその事故情報をどう判断するかも貸金業者次第です。過去に返済が滞った経験があったとしても、貸し手側が問題ないと判断すれば貸してくれる場合もあります。

金融機関にとってのネガティブ情報全てが金融事故になります。ですので、返済が遅れてしまう人などの信用情報には金融事故の記録が沢山残っていることになります。普通なら他社から借り入れを行うことは出来ないように感じますが、実際にはわかりません。審査に通る可能性だってあります。

審査に通るか通らないかは、事故の大きさによって変わってきます。債務整理をおこなったという金融事故なら、ほとんどのケースで審査にも落ちてしまうでしょう。しかし、少しの滞納程度の事故情報なら貸してくれる金融機関だって存在します。

金融事故という言葉は色々なマイナス情報を総称したものだと言えますので、これからは事故の大きさにも注意するようにしてください。

また、労働金庫や銀行などは、小さな事故情報があっただけでも融資を見送る傾向がありますので、日々の返済にも十分注意しておきましょう。

金融業者が借入の際に最も重視しているのは金融事故についてだ

金融機関である銀行や消費者金融に共通しているのが、借り入れをすることができるということ、そして借入のための審査というものがあることです。消費者金融も銀行も、銀行系カードローンも全て審査があり、審査がないようなところはありません。あるとすればそれは闇金だといえるでしょう。

そんな借入の共通点ですけれども、この審査の厳しいところと甘いところの違いというのはあります。審査が厳しいところを選ぶと金利が安いというメリットがありますし、甘いところは通りやすい分支払いが厳しかったりします。審査については通りやすいところと通りにくいところがありますが、共通して重視している項目というのもあります。

それが金融事故についてだといえるでしょう。金融事故については消費者金融も銀行もすごく敏感で、事故の履歴があるというだけで貸出を断ることも大いにありえます。特に金利が安くて借入返済がしやすいと言われているような業者ほど、借入の時に金融事故が少しでもあると拒否する可能性は高いでしょう。

金融事故とは基本的には返済が滞ることを指します。例えばですが返済日を忘れてしまって返済し忘れたということがあげられます。返済し忘れてずっと放置していると、延滞という状況になりますが、こういった情報が金融事故として扱われるのです。今ではほとんどの業者で信用情報が見れるようになっているので、金融事故のことはまずバレてしまうと考えましょう。

とは言え金融事故を一度でも起こしたら、返済がちょっと遅れただけでも今後一切借入などができないのかというとそうではありません。この金融事故などが載っている信用情報というのは定期的に更新をしているのですが、数年間経過することによって信用情報が綺麗になるということがあるのです。綺麗になってしまえば、後は消費者金融も銀行系カードローンも使うことができるようになるでしょう。

事故を起こしてしまったら信用情報が綺麗になるまで待つしかありません。それ以外の方法で借り入れはほぼまともな業者なら、できないと思ったほうがいいでしょう。逆に言えば借り入れをちゃんとしたいならば、金融事故を起こさないようにすることです。これを守ることが最も重要な事なのです。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2017 お金を借りるならココだ!一番人気のカードローン・ランキング All Rights Reserved.