カードローン返済者が死亡したらどうするか

キャッシングベスト3

カードローン返済者が死亡したら代わりに払わないといけない?

父が亡くなって、初めてカードローンを利用していたことを知りました。結構な額なので、請求が来たときにはビックリしました。どうやら年金だけでは足りず、趣味の釣りなどにお金をかけてたみたいです。

母もすでに亡くなっているので、相続人は私だけなのですが、カードローン返済者がしぼうしたら代わりに払わないといけないのでしょうか?私も一人暮らしで生活が楽ではないので、出来れば払いたくありません。

カードローン返済者が死亡したら代わりに払わないといけませんが、相続の仕方で払わなくても済みます

お父様が亡くなって大変な時に、カードローンの請求書が来てビックリされたでしょうね。本来であれば、カードローン返済者が死亡したら、相続人のあなたが代わりに払わないといけないんだけど、それじゃ相続した人が大変でしょ?だから借金を相続しなくても良い相続の仕方があるのよ。

相続にはまず単純相続っていうのがあって、これはプラスの財産もマイナスの財産も全て相続するっていうものなの。預貯金などの財産も借金も全て相続するってことね、特に申請などをしなければ、この相続を承認したことになるの。これだとあなたはカードローンを返済しないといけなくなるから、他の方法を教えるわね。

相続には他に限定承認っていうのがあって、これはプラスの財産でマイナス分を支払って、それでもプラス分が余っていれば相続して、マイナスの方が多くて払いきれなくても、残りは払わなくて良いっていうものなの。これだとあなたはお父様のプラスの財産でカードローンを支払って、借金はチャラになるし、もしもプラスの財産が残ればそれを相続出来るわ。あとひとつ、相続放棄っていう方法があるの。これはプラスの財産もマイナスの財産も全て放棄するっていうものよ。明らかにマイナスの財産が多い場合はこの方法が一番ね。

だから、お父様のプラスの財産分によって、限定承認か相続放棄するかを決めると良いでしょう。ただし、限定承認も相続放棄も相続があると知った時から3か月以内に家庭裁判所に申請しなければ無効になっちゃうの。だから早めに専門家に相談して、手続きをしましょう。あと気をつけなくちゃならないのは、相続放棄はひとりでも出来るけど、限定承認は相続人全員の合意が必要なの。お母様はいらっしゃらないということだけれど、お父様のご両親や御兄弟、あなたの御兄弟など、他に相続人が本当に居ないのか確認してみましょうね。

そして、どちらの相続もやはり自分で申請するのは難しいから、期間内になるべく早く弁護士などの専門家に相談して、家庭裁判所に申請してね。

もし今あなたの知っているカードローン返済者が死亡したら?

カードローン返済者が死亡したら?そんな疑問を持ったことがあるかと思います。仮に、今自分が借入をしているとして、その自分が死んでしまったとした場合、このお金はどこに行くのだろう?と思ったことはあるでしょう。借り入れの返済はどうなるのか?家族や恋人のところに行くのか、はたまた友達や会社に行くのか…など考えたことがあると思います。

昔であれば保証人というものがありましたから、保証人のついたカードローンを使って借入をしていた場合は、その保証人が支払うことになっていました。しかし今の消費者金融も銀行系カードローンも、保証人というシステムを取っていないですから、基本的にそれはできません。じゃあ昔のように団信を使うのか?というとそれもなくなりました。

団信は団体信用生命保険のことで、借り入れをするときに加入しなければならない条件のローンというものが存在します。今では住宅ローンくらいのものですが、少し前まではサラ金で借り入れをするときにも加入しているところが多かったのです。しかし返済のために命を投げ出す人も多く、批判の的にされてしまいました。

じゃあ今はカードローン返済者が死亡したら?どういうふうになるのか決まっていないのかというと、基本的には遺族に相続されることになります。子供の場合や親、親の場合は子どもや配偶者になることが多いでしょう。そうして借金の返済を続けていくことになるわけですが、この相続は別に強制ではありません。強制であれば家族・親族は連帯保証人のような形になってしまうでしょう。

ここで相続をするかどうかを遺族は選ぶことができるのです。相続をしなければ、そのまま借金を返済する必要はなくなります。銀行系カードローンや消費者金融の業者がそのまま返済されずに損を抱えることになります。実際には保証会社がある程度は保証をすることになるかと思いますが、基本的には返済されないと思っていいでしょう。

ですからカードローン返済者が死亡したら?という答えは遺族に相続されるということです。だからできるだけ家族に迷惑をかけない形で、先に全て返済を終わらせておいてから、最後を迎えるようにした方がいいのです。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2017 お金を借りるならココだ!一番人気のカードローン・ランキング All Rights Reserved.