無職で通りやすいカードローンありません

キャッシングベスト3

無職でも通りやすいカードローンってあるのでしょうか?

現在無職の39歳の男性です。いままでは派遣社員で働いていたのですが、先月突然に解雇を通達されてしまったんです。もちろん、次の就職先は探しています。が、年齢のせいもあってかなかなか見つかりません。

貯金も無いので今月の生活費も家賃の支払いにも困っている有様なんです。だから無職でも通りやすいカードローンを教えて欲しいのです。よろしくお願いします。

無職で通りやすいカードローンはありません!

あなたの境遇には痛く同情しますよ…。でも、厳しい結論から先に言わせてもらえば、無職でも通りやすいカードローンと言うものは無いと思いますよ。どの金融機関のカードローンでも、満20歳以上の成人であり、かつ継続した一定の安定収入のあることが融資の最低条件となるのです

そのことから、このどちらか一方でも条件をクリアできない場合には、カードローン審査に通るどころか、申し込みにも応じてくれないことがあるのです。それゆえ、無職であるあなたは、この2つの最低条件の一方を満たしていないので、一般的に言えば、カードローンの審査に通るのは無理と言えるのです。

また、「無職でも通りやすいカードローン」といったものも聞いたことがありませんし、存在しないとも思われるのです。無職である限り、銀行のカードローンはむろんの事、知名度の高い大手消費者金融のカードローンも絶望的と言ってよいでしょう。

そして、どうしてもカードローンを利用したいのであれば、まず無職で無収入といった状態から抜け出すことですね。だからアルバイトでもパートでも良いから、次の定職先が見つかるまでの間働いて、とにかく安定収入を確保することが肝要なのです。

収入は多くなくても、継続した一定の安定収入さえ確保できれば通りやすいカードローンは出てきます。だが、無職のままでは、いくら通りやすいカードローンを探しても見つからないと思います。

また、無職であっても次の就職先が確定しており、確かに何か月後かには必ず就職できるとの確信が取れる場合には、先の“見込み収入”というかたちで通りやすいカードローンはあると思います。

一方、街金融や中小の消費者金融なら審査がかなり甘くて柔軟なので通りやすいカードローンはあるのではないかと考えたくなるところですが、やはり無収入の完全無職でカードローン審査に通してくれるところは無いと思いますよ。

以上の事から、無職でも通りやすいカードローンは無いと言って良いのではないでしょうか。

無職でも通りやすいカードローンがあります

無職の定義は一般的に定職に就いていないということですが、定職に就いていないとこれまではカードローンやおろか、クレジットカード等も契約できないことがほとんどでした。しかし、現在では定職についていなくともアルバイト・パートでも利用できるようになってきています。また、定年退職後に年金生活をしている方も無職の扱いになりますが、カードローンやキャッシング・サービスは通りやすくなっています。

カードローンやキャッシング・サービスが通りやすい理由は職業での審査ががなくなってきているからです。これまでのカードローンやキャッシング・サービスでは職業、年齢による審査は必須と考えられてきました。しかし、最近のカードローンやキャッシング・サービスでは年齢不問、職業不問のサービスが増えています。審査はあくまでも集乳と借入状況のみで審査するということが一般的です。

誰でもローンがくめますよ、という触れ込みで利用者を募集しているローンが増えていますが、多くの場合、収入の確認は年収による場合が多いようです。月収での収入の審査が一般的だったのに対して年収による審査は利用できる方を格段に増やすことが出来たようです。年収による審査でローンの審査が通りやすくなった職業は、アルバイト・パート、自営業、会社役員などです。収入は月ごとに安定しないが年収なら一定額あるという方が利用できるようになったこともあり、多くの方にローンが利用されてきています。また、無職と呼ばれる方、特に若年層のフリーターや年配の年金生活者の方もローンが利用できることで生活に余裕が生まれたとして大変好評です。

ローンやキャッシング・サービスは年々審査が変化してきていますが、法的な制限も整備され、金融機関が消費者金融へ資本介入するなど業界をあげてローンやキャッシング・サービスを安全、安心で利用できるように努力してきたことも審査が通りやすくなってきた要員の1つだと考えられています。

【参考ページ】
本当に無職でもカードローンは作れるの?

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2017 お金を借りるならココだ!一番人気のカードローン・ランキング All Rights Reserved.