パートがカードローンを利用できる数の限界

キャッシングベスト3

パートがカードローンを利用できるのは何社まで?その限界とは

私は近くのドラッグストアに3年パートとして働いている主婦ですが、FX投資に失敗して急遽30万円を証券会社に入金しなくてはなりません。20万円は既存のカードローンから限度額いっぱいで借入れする予定ですが、10万円が不足するため新たなローンを組む必要があります。

私のようなパートがカードローンを利用する場合、何社までなら契約できるでしょうか。
(⇒パートでのカードローン利用方法

収入の少ない一般的なパートでは2~3社までの利用が限界かも!

最近ではほとんどのカードローンはパートを利用対象者としており安定した収入があれば利用は十分に可能ですが、複数のローン会社から融資を受けることは簡単ではありません。銀行は審査が比較的厳しいので多額の利用限度額を期待できず、消費者金融は総量規制の適用を受けることになるので収入の少ないパートではやはり限度額が少なくなります。そのため一般的なパートなら2~3社までの利用が限界と考えられます。

現在のカードローン業界では利用対象者の範囲が広がり、パートやアルバイトを含めるのは常識になってきました。特に主婦がパートをしている場合、配偶者と合わせた世帯収入もあるので、ローン会社としては大きなリスクを心配する必要があまりないといえるでしょう。しかし、一般的な収入の多い利用者と比べると利用限度額で大きな差があり、その結果多くのローンと契約を結ぶことは難しいといえます。
(⇒主婦でも申し込めば普通にカードローンが使える?

一般的な主婦などのパートの収入は月で9~10万円あたりで、年収では110~120万円あたりといわれています。利用限度額は年収をベースとして算定されるので、平均的なパートなら120万円がベースとなります。消費者金融は総量規制の適用を受けるので利用者の年収の3分の1を超えて融資することができず、年収120万円のパートに対しては40万円までしか融資できません。

利用限度額は最初から限度額一杯で設定されることはないので、上記の場合は10~20万円あたりからスタートすることが予想されます。仮に20万円が利用限度額になったとしたら、残りの限度額は20万円となります。この結果からそのパートが別のローンを利用するにしてもあと1~2つが限界ということになります。このことから消費者金融を対象とするならパートは2~3社の利用が限界と推察されます。

銀行や信用金庫は総量規制の適用を受けませんが、利用者の限度額を算定する上で総量規制の考え方を参考にしているといわれることがあります。すなわち融資する範囲をその人の年収の3分の1まであたりを目安にしているというものです。したがって金融機関であっても平均的なパートに対しては40万円程度の限度額が限界になる可能性があり、そのことからそのパートはやはり2~3社の利用が限界と考えられるのです。

もちろんパートによってはもっと年収の多い方もおられるはずですが、その場合は年収の多さとともに利用限度額が増加し、限度額の多さにともなって利用できるローンの数も増えると考えられます。あなたがどの程度の年収を稼いでいるかによって利用できるローンの数が最終的に決まることになるでしょう。

パートをしている場合、カードローンを発行出来るのは何社まで?

借り入れをする場合はお仕事をしていることが1つの条件となります。そこで、パートなどの比較的雇用形態の軽いお仕事をしていればカードローンを発行してくれる会社は何社まで?なのでしょうか。これは、ご想像の通りそれほどたくさんの会社からカードローンを発行するのは難しいでしょう。

カードローンに限らず個人向け融資は既に他者からの借り入れがあればその分だけ審査は厳し目に見られます。既に借金があるのですからその分だけ他者に返済を行っている証にもなりますからそうなりますと、自分の会社に返済する余裕なんてあまりないのではないかと見られるのです。パートに限らず正社員の会社勤めでも同様に厳し目に見られるのです。

もちろん、絶対に複数の会社から借り入れ出来ないというわけではなく、ある程度1社当たりの借入金が少なければ比較的艦谷借り入れすることができるでしょう。ですが、既に何社からも借り入れをしており、多重債務に陥っているのであれば新たな契約先を見つけることは段々と難しくなります。パートの場合ですと、将来的な昇給も正社員に比べればそれほど見込めないでしょうから、尚更です。

このように、パートなどの雇用形態が軽いお仕事をしている方は、それほどたくさんの会社からカードローンを発行してもらう事は出来ません。仮にできたとしても3社までが限度ではないでしょうか。それに、1社当たりの借入金もなるべく少なめに取っておく必要があります。消費者金融などの場合は、借入できる金額も年収に左右されますので比較的甘い会社でもやはり複数の借り入れは難しいと見るべきでしょう

しかし、複数の会社から借り入れをすること自体、借入金を分散させ適用金利を書くさせてしまい結果的に無駄に返済総額を高くしているので、複数の会社から借り入れをするのはおススメ出来ません。なるべく、複数の会社から借り入れするのではなく、1社から大量に借り入れができるように利用するのが一番でしょう。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2017 お金を借りるならココだ!一番人気のカードローン・ランキング All Rights Reserved.