カードローンがくめないのはどうしてでしょう

まだ就職したてで給料は安いのですが、通勤用のスーツとかカバンとかを買ったりして、次の給料日までの食費がなくなってピンチです。一人暮らしはてきめんに食べていけなくなるので怖いですよね。それでカードローンに申し込んだのですが、審査に通らなかったんです。

学生の時は学生ローンを利用出来てたんですけど・・。今回申し込んだのは有名な大手の消費者金融です。カードローンがくめないのはどうしてでしょう?

カードローンがくめないのは過去の返済遅滞が大きな理由です

それは残念だったわね。カードローンが利用出来ないと厳しいでしょうね。カードローンがくめない最も考えられる理由としては、過去の返済遅滞の記録ね。以前学生ローンを利用していたということだけど、もしかしたら返済に遅れたことはなかった?後はクレジットカードの返済とかでも同様ね。返済日を忘れていたり、引き落とし日に残高不足だったりするだけで、立派な返済遅滞になってしまうのよ。もしそれが原因だとしたら、残念ながらどの金融機関からも借り入れは出来ないわ。

もしそういった記憶が無いのであれば、一度信用情報機関に申請して自分の履歴を開示してみると良いかもしれないわね。そこに何かしらの記録があれば思い出すかもしれないわ。信用情報機関に返済遅滞などの履歴があった場合は、その時点から5年間は記録が残るから、消えるまではどこからも借り入れすることは出来ないのよ。でももし情報を開示して問題が無ければ、単にあなたの申し込んだ消費者金融の審査基準に通らなかったというだけだから、もしかしたら他のカードローンだったらくめるかもしれないわね。

ともかくカードローンがくめない理由は他社からの借り入れや過去の返済遅滞が最も考えられるわ。大手消費者金融の審査基準はそれぞれだけど、そんなに大きな違いは無いから、どちらにしろ他でも借りられない可能性は高いかもしれないわね。でもだからといって、名前の知らないような中小消費者金融で借りるのは危険だからやめましょうね。闇金だったら大変。今以上のピンチが待ってるわよ。

【参考ページ】
融資審査に落ちてしまう理由はどれくらいある?

カードローンがくめないときに確認しておくべき事とは

カードローンがくめないという状況になってしまうと、お金が必要なときに困ってしまいます。このようなときには、まずその原因を探るしかありません。そして、何とかしてカードローンを組むことができるように工夫するしかないでしょう。(参考ページはこちら→融資審査に落ちた理由を探すには

原因によっては解決できないこともあります。例えば、自己破産をしたばかりの人の場合には、しばらくはカードローンで借りることは不可能です。自己破産ではなかったとしても、金融事故情報として情報が登録されている人であれば、まず借りることはできません。例えば、何ヶ月も滞納して返済をしなかったことがあれば、その情報は金融事故情報として登録されます。この情報が登録されている限りは、審査には通らなくなるのです。

自己破産などの債務整理を行ったり、あるいは何ヶ月も滞納を続けたりした場合には、その情報が信用情報機関に登録されています。これらの情報は、最長で10年間保管されます。ですから、もしもこのような経験がある人なら、10年間待つしか借りる方法はありません。

人によっては申し込み状況が原因して借り入れができなくなっている可能性もあります。申し込みを立て続けに行うことを金融機関はあまり好みません。そのため、同時に複数のカードローンに申し込みをしたり、短時間にいくつも申し込みをしたりした場合には、それが原因で審査に通らなくなるのです。このような状況を申し込みブラックと呼びます。

申し込みブラックになる理由は、申し込み状況を信用情報機関が保存しているからです。信用情報機関が申し込み情報を保存している間は、新たに申し込みをしても申し込みブラックとなり、審査には通らなくなります。ですから、信用情報機関が情報を消去してから申し込みをすれば良いのです。申し込み情報については最長で約半年間保存されます。ですから、申し込みブラックになってしまったと思ったのであれば、半年待ってから新たに申し込みをするのが良いです。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2017 お金を借りるならココだ!一番人気のカードローン・ランキング All Rights Reserved.