主婦が簡単にキャッシングできる選び方とは

キャッシングベスト3

主婦でも簡単にキャッシングローンを組むための選び方はあるのか

私は近くのスーパーで4年間パートをしている37歳の主婦ですが、キャッシングローンを利用しようかと思っています。しかし、私にはローンの知識がほとんどないためどのローンを選んでいけばよいか見当がまったくつかず困っています。

主婦でも簡単にキャッシングローンを組むための選び方は何かあるでしょうか。(参考ページはこちら→主婦ならやっぱり主婦向きのカードローンがおすすめ?

主婦の状況にあったキャッシングローンの選び方もあります

主婦ができるだけ簡単にキャッシングローンを組むためにはその状況に合わせたローンの選び方が重要となります。比較的安定した収入がある人は大手消費者金融へ、収入が少ない人は審査の緩めの銀行へ、収入のない専業主婦などは審査の緩めの銀行や中堅の消費者金融など、その状況に合わせて申し込むほうがローンを組みやすくなります。
(⇒銀行って審査が緩いの?

ローン業界では主婦への融資を熱心に行っているローンは少なくないので、主婦もできるだけ条件の良いローンやより契約できる確率の高いローンを選び利用しないと損です。利用条件に関しては主婦の借入ニーズに適合しているか、より有利であるかをしっかりと確認する必要があります。例えば、借入額と金利です。最初はとにかく必要な金額を借りられるかが目的になっているので、金利の高さを軽視する人も少なくありません。

たとえ必要な金額を借入れできたとしても他のローンよりも高ければ損ですし、高すぎると返済が困難になっていくこともあるでしょう。また、利用環境もよく調べておかないと後悔するかもしれません。例えば、現金の引き出しや返済の方法が限られていたり、利用できるATMが少なかったり、手数料が高かったりすると不便な上に損もします。

主婦が選択できるローンは少なくないので、できるだけ自分の希望に近い借入条件や利用条件のローンを探していくべきでしょう。しかし、一般の正社員の労働者などと比べると主婦に対する審査は厳しいといえます。そのため契約できる確率の高いキャッシングローンを選んでいくことも非常に重要になります。そしてその選択の判断基準の一つが主婦の収入です。

主婦に対する各ローンの対応は系統別で若干の違いがあります。例えば、大手消費者金融では総量規制の関係から専業主婦に対する融資を原則行っておりません。しかし、銀行や信用金庫などは総量規制の適用を受けないこともあり専業主婦も対象にしているローンは少なくありません。例えば、三菱東京UFJ銀行のバンクイックの場合本人に収入が無くても配偶者に収入があれば利用が可能となっています。

収入が比較的多い主婦の場合は、多くのローンが利用できるしょう。大手消費者金融も総量規制の範囲内で融資を行うことできるので、収入のある主婦への融資には積極的な事業者が多いといえるでしょう。例えば、プロミスでは「レディースキャッシング」という女性専用の対応サービスも行っています。

そして、収入が少なく配偶者にローンの利用が知られたくない主婦の場合は選択が容易ではないでしょう。大手消費者金融や銀行などの中には配偶者の同意書や収入証明書を求めるところもあるので選択肢がある程度限られてきます。例えば、ネットバンクや中堅の消費者金融などが候補に挙げられます。

例えば、イオン銀行のBIGなら100万円以下の融資なら原則収入証明書の提出が不要となっていますので、この点で配偶者にばれる可能性はありません。また、中堅の消費者金融などの中にも対応している事業者は少なくありませんが、闇金などにはくれぐれも引っかからないように注意しましょう。

主婦でも簡単キャッシングするにあたり知っておきたいこととは?

家族の中において主婦という立場は何かと出費の機会が多く、自分の手持ちのお金が不足してしまう事もよくあるものです。家族のための食費や日用品の支払いをはじめ、友人どうしのお茶や会食、ファッションアイテムやコスメの購入、エステやスポーツジムに通ったり、その他にも各種趣味の充実を図るなど、その出費の機会は様々です。こうした事案にお金を支払う上でどうしても支払いが不可能になってしまった際には、銀行や消費者金融をうまく活用して金策を行うとよいでしょう。

こうした金融機関や金融会社からのキャッシングの中でも、カードローンや振り込みローンは主婦でも簡単キャッシングできる方法として大きな人気を博しています。カードローンとは一枚のカードを発行することによって、それを用いれば近くのコンビニなどにあるATMからいつでも融資金を引き出すことが可能となります。一方の振り込みローンはお金の必要性に合わせて的確な方法で融資申請を行うことで、銀行の預金口座にそのお金を振り込んでもらうことが可能となります。

ただし、キャッシングサービスを利用するには審査をパスしなければなりません。その審査基準は金融機関や金融会社によって大きく異なるので、同じ主婦と言う立場でも借りやすいところとそうでないところが混在しているのが実状です。その部分に関してはネットの口コミや金融会社の電話相談や仮審査を活用して、自分がその条件に当てはまるか否かを明確にすると良いでしょう。

また、同じ主婦でもパートやアルバイトなどで少しでも収入のある人と、まったく収入のない専業主婦とでは大きく条件が異なってきます。特に消費者金融などでは貸金業法の規定によって年収の3分の1の金額までしか融資できない決まりとなっているので、全く収入のない主婦だと借り入れが困難になってしまいます。その際には夫の名前を併記することで借り入れが可能となる金融会社や、あるいは貸金業法の適応されない金融機関などで借り入れを行うと、スムーズに手続きを進めることができてよいでしょう。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2017 お金を借りるならココだ!一番人気のカードローン・ランキング All Rights Reserved.