カードローンの会社への審査がいやな場合

キャッシングベスト3

カードローンの審査で会社に電話されるのがいやなんですが…

カードローンに申し込みをしたいと思っているんですけども、会社に電話されるのがいやなんです。私が勤めているのはラーメン屋さんで、日中の個人的な電話は店長が物凄く不機嫌になるからなんです。特にお昼や夕方は出前の電話も来るし、お店に来るお客さんも多いので、本当に困るんです。でも、カードローンは必要なので、どうしたらいいか悩んでいます…。
(⇒在籍確認ってそもそも何をするの?

ネットで申し込んだ後、コールセンターに相談してみましょう

会社への電話確認は、その人が本当に勤めているのかを審査する、それによって安定した収入があることを確かめる上で欠かせない項目なんです。なので、基本的にはこれを回避することは不可能だと思ってください。ただし、こちらから相談をすることでよりストレスフリーな審査を受けられる可能性は残されています。
(⇒安定した収入は融資審査で欠かせない?

まずはネットで申し込みを済ませてしまいましょう。電話であれこれ話すより、申し込みはネットで自宅から行うのが一番おススメです。電話だと申し込み内容を全て問答式でしなければいけませんからね…。

ネットで申し込んだら、次はそのカードローンのコールセンターが何時から営業しているかを確認し、その時間に電話をして会社への電話について事情を話して相談することです。申込みは既にネットでしているが、会社への電話はお店の都合上、この時間帯は避けて欲しいとか、こういう事情なんだけど電話なしにしてもらう代わりの方法はないかとか、自分からその一点だけに集中して相談できる状況を作ることです。

多くの場合、電話審査は避けられないという回答になるでしょう。その場合、時間帯だけは何とかして欲しい。職場での人間関係が非常にまずくなると主張するのは全然構いませんから、便宜を図ってもらえるようにお願いするといいでしょう。飲食店であれば、開店前の準備中に自分が電話に出られるときなどを指定するのもいいでしょう。

カードローンは利用者がお客であると同時にお金を貸してもらうという立場でもあります。貸す側の審査をなくせとは言えないことを充分理解した上で、お願いをするという姿勢で相談することも大事ですよ。

【参考ページ】
在籍確認がどうしても嫌な場合の対策方法

一括払いはいやだ!カードローン会社や審査について!

大きな買い物をしてしまった、冠婚葬祭が重なって出費がかさんだ、旅行に行ってついつい使い過ぎた等々、誰しもが一時的な多額の出費に頭を悩ませた経験があると思います。そんな時に所持していると便利なのが、カードローンです。

カードローンとは、借入可能額を事前に設定しておき、その可能額内であれば好きな時に希望金額をATM等で借入ができるというローンです。似たものとしてクレジットカードがありますが、これは買い物をする際に支払いをカード会社に立て替えてもらい、毎月決まった日に使用分の金額が口座から引き落としされます。それに対してカードローンは、借入可能金額までであれば、使い道自由な資金を現金で手にすることができる点が特徴となっています。審査も簡単で、インターネットやインターネットで申込することができます

返済方法は発行会社によって様々ですが、最近の主流としては以下の2つが多くなっています。一つが、「残高スライド返済」という方法です。例えば、借入可能額を50万円以下と以上にわけている会社の場合、50万円以下であれば毎月返済額の上限を15,000円、50万円以上の場合は上限を100,000円というように設定され、その中で利用残高に応じて返済金額が最少となるようなに調整がされます。その結果、例え40万円利用残高があったとしても、毎月の返済額は15,000円と無理のない範囲に抑えられ、返済が生活の収支を圧迫することがなくなります。

もう一つの返済方法が「定額返済」という方法です。これは、毎月一定額の返済金額を自由に設定でき、毎月20,000円を返済すると設定すれば、利用残高がいくらであろうと決まった金額にて返済がされます。こちらは、毎月の返済金額が一定で生活設計が立てやすいメリットがありますが、利用可能金額枠によって、設定可能な毎月返済額の下限が決められているので、大きな利用額を設定すると日々の返済金額が大きくなってしまうことがあるので、注意が必要です。

以上のようにカードローンは借りやすさと日々の暮らしを圧迫しない返済方法を兼ね備えたローン商品であると言えます。タイトルの通り、一時的な出費で一括払いはいやだという時のために、お守りとしてのカードローンを検討してみてはいかがでしょうか?
(⇒カードローンの検討前にしっかりとメリットとデメリットを理解しよう

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2017 お金を借りるならココだ!一番人気のカードローン・ランキング All Rights Reserved.