主婦への審査が甘いカードローンの注意点

キャッシングベスト3

主婦への審査が甘いとみられるカードローンの注意点とは何か

私は33歳の4人家族の主婦ですが、学生時代の友達やママ友などとの付き合いが多く自分のパート代だけでは不足することも多くなってきました。そこで急場をしのぐ方法としてカードローンの利用を考えているのですが、審査があると聞いて少し不安になっています。

できれば主婦への審査が甘いカードローンに申し込みたいのですが、どのようなことを注意しておけばよいでしょうか。

借入条件、必要書類の提示や利用環境などに注意が必要です

今やカードローンのほとんどが主婦を利用対象者に含めているので、主婦にとっては借り手の選択肢が随分と増えています。そのため、審査が甘く借りられるという理由だけでろくにローンの内容を吟味せずに契約すれが損するかもしれません。契約にあたっては、金利や利用限度額の条件、配偶者の同意や収入証明の必要性などの確認条件、利用環境の適合性、などを十分に確認して契約を結ぶ必要があります。

主婦は有職している人と専業の人に分けられますが、カードローンを組む場合前者のほうが有利であり、後者の場合はローンの利用対象者から外れるケースも少なくありません。あなたの場合は、パートをしているので多くのローンの利用対象者に該当することになり、ローンの選択肢が多いはずです。そのため、自分に合った最も有利なローンを選ぶこともできるので慎重にローンを検討する必要があるともいえます。

主婦に対するローン会社の考え方はさまざまですが、審査が甘くなることもあるようです。本人に一定の収入があれば、それをベースに契約の判断もできますが、配偶者にも安定した収入があればそれを加味した評価も行えるので、より審査に通りやすくなるわけです。しかし、審査に通りやすいローンだからといってその借り手にとってベストな貸し手であるとは限りません。

例えば、その主婦が希望する借入額でなく減額した金額にされることもあります。これでは別のローン会社を探して新たに契約しなければならないかもしれません。また、借入金利が他のローンよりも高くなっていることが後で気づき後悔するということもあります。

主婦の中には配偶者や家族に内緒でローンを利用したい方もおられますが、ローンによっては配偶者の同意やその収入証明書を求めるところもあるので家族にばれることもあります。契約の手続に入る前に審査やその手続きの内容をしっかり把握しておかないと家族にばれたり、それを回避するために新たなローン先を土壇場で探したりということになるので注意が必要です。

さらに、忙しい主婦がローンを利用するにあたり、利用環境の適合性を考慮することも重要です。例えば、利用する主婦の家や職場の近くにATMがないと借入れや返済を行うにしても不便になります。また、電話やインターネット経由で預金口座などへの振込みができないと利用できるATMで行って引出したり、入金したりというような手続きをしなければなりません。

また、そうした利用でATM手数料が高くなるローンもあるので、よく調べて契約しないと利用面でも損することになります。以上のことから、借りられる先は多くあると考えられるので、とにかく自分なりにローン会社を研究してみましょう。簡単に審査を通過しても、少ない融資額、高い金利、家族にばれる、利用しにくい、ATM手数料が高い、などの不利なローンを利用することになっては意味がないのではないでしょうか。

主婦がカードローンを借りる場合審査はどこが一番甘いか

主婦も大きな買い物だってすることはありますしその場合はカードローンを利用するのが手っ取り早いはずです。ですが、主婦といってもパートをしている主婦の方もいれば専業主婦の方もいます。仕事をしているかしていないかで借りれるカードローン会社も異なってくるでしょう

全く、お仕事をしていないのであれば消費者金融から借りるのはかなり厳しいと見るべきでしょう。消費者金融からお金を借りるには個人に収入が無いと難しいからです。総量規制という法律のおかげで消費者金融から借りるには希望借入金の3倍以上の年収が必要なのです。そのため、無職の場合は審査さえ受けさせてくれません。仕事についていない主婦が借りることができるのが銀行系のカードローンでしょう。審査は甘くないのですが、消費者金融みたいに縛られていませんし、審査もしてくれます。

一方仕事についている方は、消費者金融と提携している銀行などがおススメです。例えば、三菱東京UFJ銀行などはアコムと提携しており、実質的にアコムがカードローン営業をしているのです。そのため、審査も比較的甘いという特徴も持っています。また、銀行でありながら個人の雇用形態などは審査対象となっておりません。ですので、比較的借りやすくなっているのです。もちろん、ダイレクトに消費者金融に申し込むのもOKです。お仕事さえしていれば年収は必ず発生しますので無職に比べてかなり簡単に借りることはできます。

このように、家庭を持っている女性は仕事をしているかしていないかで借り入れ先も結構異なってきます。パートやアルバイトさえしていれば比較的、甘い会社からカードローンを借りることが可能です。ですが、無職ですと銀行に申し込みをしなければならず、かなり難易度は高くなる傾向です。なるべく、お仕事を始めてから契約の申し込みなどをするのが一番、良いのではないでしょうか。やはり、返済するのは自分ですから収入があったことに越したことはありません。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2017 お金を借りるならココだ!一番人気のカードローン・ランキング All Rights Reserved.