審査が緩いところまた一番厳しいところは?

キャッシングベスト3

カードローンの審査が緩いところまた一番厳しいところはどこ?

少し前にカードローンの申し込みをしたんですけど、審査に落ちてしまいました。また別のところにカードローンの申し込みをするつもりですが、さすがに連続で審査に落ちたくはありません。次のカードローンの審査に通るためにも、審査の緩いところ、また1番審査が厳しいところを知りたいです。それを参考にして、自分に合ったカードローンの申し込みをしたいと考えています。
(⇒審査に通りやすい金融業者の探し方

一般的に銀行系は厳しめ消費者金融系は緩めと言われています

お金を貸してくれる金融業者のカードローンの種類は、大きく3つに分けられます。銀行系のカードローン、信販系カードローン、消費者金融系カードローンです。審査はそれぞれ基準や重視しているポイントなどが違いますし、キャッシング希望者の状況によって、審査が通り易くも通り辛くも感じるでしょうから、明確なことは言えませんが、一般的に審査が厳しいのは銀行系、緩いのは消費者金融系、その二つの中間なのが信販系と言われています。

銀行系は審査が厳しいですが、金利が低く融資してくれる額が多めという利点があります。消費者金融系は審査が緩めですが、銀行系に比べると金利も高めで融資してくれる額も低めとなっている傾向があります。また、信販系はその二つの中間の傾向があります。どの種類のカードローンが1番だとかはありません。利用したい人の条件や状況で、銀行系、信販系、消費者金融系の便利さは変わっていくので、賢く選んで利用していきましょう。

審査が一番厳しいカードローンを利用する人とは

カードローンの審査はそれぞれの金融機関が行いますし、また金融機関が指定している保証会社も同時に行うことがあります。ですから、サービスによって厳しさは異なっています。厳しすぎると審査に通らない人が増えますから、利用できる人は限られてくるでしょう。通りにくいことが分かっていて申し込みをする人を見ると、少し滑稽に感じる人もいるのではないでしょうか。
(⇒融資審査にはそんなに落ちてしまうのか?

しかし、実は一番厳しいところに申し込みをすることには意味があります。なぜなら、厳しければ厳しいほど有利な条件で借りることができるからです。例えば金利に付いてみてみるとよいでしょう。年収に関する制限があって、そして正社員でないと利用できないような厳しいカードローンもあります。厳しい半面で、限度額が非常に大きいことが多いですし、金利も5%未満のものもあって、かなり有利に借り入れができることが多いです。

一番厳しいというと、申し込みをしても通らないだろうと思い込んでしまって、できれば甘い消費者金融に申し込んでおこうと考えてしまう人もいるようです。しかし、貸す側としても貸すことが仕事なのですから、一番厳しいと言っても誰でも彼でも落としてしまうわけではありません。返済する能力の低い人だけを落とそうとして選別をしているに過ぎないのです。

ですから、カードローンを一度も利用したことがない人の場合、厳しいと言われているカードローンに申し込んでも、すんなりと審査に通ることもあります。一度も借り入れをしたことのない人なら、申し込みの条件をクリアしていればたいていは落ちることはないのです。一番厳しいと言われていたとしても、通った人は多くいます。

もちろんですが、厳しいですから落ちる人もいますから、落ちて利用できなくなることも考えておかなければなりません。ですから時間的に余裕があるのなら、厳しい順にも雄牛込みをして行くのが良いでしょう。厳しいものに落ちてから次のものに申し込むというようにすれば、借りられる範囲でもっとも有利なものを選ぶことができるのです。

【参考ページ】
厳しい審査の代わりに良い条件で貸してくれる業者について

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2017 お金を借りるならココだ!一番人気のカードローン・ランキング All Rights Reserved.