カードローンって、増枠の申請しないと増えないの

カードローンって、増枠の申請しないと増えないの

どうも、こんちは。ぼくはここ数か月でカードローンというものに目覚めました。これまでは、手持ちのお金がなかったらあらゆる誘惑を諦めなければならなかったのですが、カードローンを上手に使えば人生を楽しく過ごせることが分かったのです。

月末の急な友人からの誘いや、気になる女性とのデート資金だって慌てずに用意できるようになり、無理のない範囲で借りては返しているので、非常に楽しいです。

こういうことを言うと嫌味に取られてしまうのですが、ぼくは人並み以上の収入を持っています。なので今利用しているカードローンの限度額だと少々不満に感じてしまうことがままあります。

調べてみると、何やらカードローンの使用限度額を増枠することも可能なんだそうで、増枠はどうしたら良いんだろうと首を捻っています。

そこでふと気になったのでお聞きします。カードローンって、増枠の申請しないと増えないのでしょうか?

話が来る場合もありますが、基本は自分からの申請です

こんにちは。今日はよろしくお願いしますね。かなり収入に余裕のある方ということで、カードローンにハマりすぎて首が回らなくなってしまう、なんてことだけにはならないように気をつけてくださいね。

現状はしっかりと理性の手綱を握りしめているので全く問題ないかと思いますが、例えばひどく酔っ払ってしまった時、仕事で嫌なことがあった時などはたがが外れやすくなるので注意しましょう。

カードローンは便利に堅実に利用するものであり、返済に追われるのは決してスマートではありません

さて、本題に戻りましょう。今回いただいたご質問は、カードローンの使用限度額の増枠に関してですね。

カードローンは、総量規制のかかる消費者金融系こそ最高限度額が抑えめですが、銀行系のカードローンとなると限度額が300万円、500万円に届くものがざらにあります。

ただ、お金を貸す貸金業者としては、とりあえず最低限審査は通したものの、本当にきちんと返済してくれるか分かりません。なので、最初は敢えて限度額に制限をかけ、数十万円程度しか使えないようにロックしているのです。

そして、カードローンは使用実績を積み重ねれば増枠をすることが可能です。要するに貸金業者からの信頼が一段階アップすると、増枠してもきちんと返済してくれるだろう、と制限が緩むわけです。

カードローンの増枠に関しては、相手方か話を持ちかけてくる場合と、自分で増枠申請をする場合とに分かれます。ただし、向こうから増枠を持ち掛けてくるというのは、よほどハードに使っていないとお目にかかれません。

ですから、通常は頃合いを見て自分で増枠申請を行います。明確な基準こそないのですが、大体半年ほど継続的にカードローンを利用し、きちんと返済して実績を積んでいれば、増枠申請は上手くいく可能性が高いです。

利用額が少なかったり、利用中に何らかのトラブルがあった場合は、増枠申請をしても却下されてしまう場合もあります。

カードローンの増枠ができれば使えるお金の幅も広がるので、またお金の借り方を考えなおす良いチャンスにもなるでしょう。賢く借りて賢く返す、いつまでも今の状態をキープできるように、必要な分だけ増枠の申請を行ってくださいね。

【参考ページ】
実はカードローンの増枠にもデメリットがあるって本当?

勤務先の変更をカードローン会社に申請しないとどうなるか

カードローンの申し込みを行う際、勤務先の情報を銀行や消費者金融に伝えることになります。貸金業者はその情報を元に在籍確認を行って、融資するかどうかの審査を行うわけですが、基本的に貸金業者が勤務先に連絡をするのはそれ一回だけということになります。もし、返済が遅れた場合は、貸金業者の判断で勤務先に連絡をしますが、それは客の勤務先の人に、おたくの社員はうちの会社からお金を借りたのに返してくれないということを伝えたいからではなく、客に連絡を取るためです。

一般的に、貸金業者は客の勤務先に連絡をする前に、客の携帯電話か自宅の固定電話に連絡を入れるので、その電話に出れば、勤務先にはかかってこないことになります。つまり、貸金業者は、いろいろな理由が重ならない限り、審査の時の在籍確認以外、客の勤務先には連絡をしないということです。なので、もし客が勤めていた会社を辞めて別の会社に移ったりした場合は、申請しないと貸金業者にはそのことがわかりません。
(⇒融資審査の在籍確認時にする電話内容

では、客は申請した方がいいのかというと、慌てる必要はありませんが、勤務先が変わったら速やかに貸金業者に連絡を入れた方がいいでしょう。自分から電話をしたくないという場合は、インターネットにアクセスして貸金業者の会員用ページから個人情報の変更を行えばいいでしょう。変更をしなくても、返済を遅らせない限りは貸金業者に勤務先が変わったことは伝わりませんが、もし遅らせて、前の勤務先に連絡を入れられてしまうと困ったことになります。

というのは、その人ならもう退職したと言われてしまうからです。その場合、一時的に借り入れが出来ないようにされてしまう可能性があります。客と連絡が取れて、新しい勤務先を確認することが出来れば、また借り入れが出来るようになりますが、新しい勤務先を伝えてこなかったというのは、貸金業者によくない印象を与えてしまうことになるので、避けるようにしましょう。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2017 お金を借りるならココだ!一番人気のカードローン・ランキング All Rights Reserved.