カードローンの申込みをしたいのですが大光銀行はどうですか?

この頃、出費が重なっていて懐が寂しい日々が続いております・・・そこでカードローンを利用したいと思っています。大光銀行というところで借りようかなと考えているのですが、どうでしょうか?そこにしようと思った理由は近所だったからなんですけど、あまり聞いたことがない銀行だったので・・・銀行のカードローンなら消費者金融と比べて金利も低めで安心してお金を借りれるかなと思っていたんですが、どこの銀行でも安心して借りれるとは中々、思えなくて少し心配です。

大光銀行なら安心してカードローンを申し込んで大丈夫ですよ

大光銀行は新潟県に多くの店舗を持つ第二地方銀行で、地域の人達に親しまれている新潟県では有名な銀行です。サービスも他の大手の銀行とも引けをとらないのでオススメできますよ。大光銀行のたいこうツインスマイルくらぶというサービスは利用者の取引内容をポイントに換えて、そのポイントの合計に応じて様々な特典を受けることができます。金利が低くなる、ATMの手数料が無料になる、更にはプレゼントが当たったりなどたくさんの特典があります。

給与振り込み、カードローン、電気代やガス代など多くのことでポイントが貯まるので特典も受け易く、入会金、手数料も無料なのでとってもオススメですよ。大光銀行のカードローンはフリーローンモアと呼ばれ、アルバイトやパートの方でも30万円以内なら申し込むことができます。セブン銀行やイオン銀行と提携しているので、借り入れにも不便なことはありません。このような銀行なので、安心してカードローンの申し込みをしても大丈夫だと思いますよ。
(⇒アルバイトやパートは普通にお金を借りられる?

サラリーマンに優遇の多い大光銀行のカードローン

大光銀行は新潟県の長岡市を拠点としている第二地方銀行です。中越地区を中心に県内に60以上の支店展開をしており、首都圏にも支店を出しています。大光銀行の前身は、大光相互銀行で、戦中の昭和17年創業という銀行でした。70年代に日本列島改造論に乗り、新潟県外に手広く事業を拡げ、国内外に大きな負債を抱え、80年代には上場取り消しとなりましたが、その際に現行名の大光銀行に改名しました。その後地道な事業再建に取り組み、金融ビッグバン政策により、2001年には破たんした新潟中央銀行を取り込み、2004年に株式店頭市場に再上場し、2011年に念願の東証一部上場復帰を遂げた銀行です。

こうした過去の教訓から、再建の過程の中で、個人向けや中小企業向けの小口融資事業を脈々と育ててきました。その結果として行っているのが、個人向け小口融資のカードローン、たいこうカードローンEXです。無担保で保証人不要が基本のカードローンで、新規申し込みの場合には最大融資限度額100万円、借入年利12..0%の固定金利となります。吸収合併した旧新潟中央銀行から引き継がれたローン利用者の場合には、別途当時の条件を引き継いだローンが適用されます。

借り入れ条件は、申込時の年齢が20歳以上60歳未満で、現住所に1年以上の定住で、定期給与所得者いわゆるサラリーマンか、自営業者の、最低所得年180万円以上が対象です。このカードローンには大光銀行の各本支店の総合預金口座で、公共料金やクレジットカードなどの引き落とし時に残高不足が生じた場合、預金口座への自動貸付機能が付帯されます。また年収400万円以上、3年以上勤務の方の場合には、融資限度額が300万円となり、変動金利ながらも短期プライムレートプラス年2.5%という固定金利型住宅ローン並みの低利融資が可能になります。
(⇒銀行融資はアルバイトだと厳しい?

さらに大光銀行の住宅ローン返済中の方には年利0.625%が優遇されます。また公務員、上場企業従業員、開業医に際してはさらに年利0.5%が優遇されますので、変動金利型住宅ローンにかなり近づく低利融資が実現できます。

【参考ページ】
銀行でお金を借りる利点とは

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2017 お金を借りるならココだ!一番人気のカードローン・ランキング All Rights Reserved.