カードローンの審査の仕方を知ることの長所

キャッシングベスト3

カードローン会社の審査の仕方を知っておくことの長所は何か?

私はこれまでカードローンを利用しことがまったくない未経験者ですが、就職したのを機に1枚カードを持っておこうかと考えています。契約では審査を受けないといけないようですが、どのような審査かまったく知らず多少不安になっています。(参考ページはこちら→カードローン審査について簡単に解説

やはりカードローン会社の審査の仕方を知っておいたほうがよいでしょうか、そのほうが何かメリットはあるでしょうか。

信用力や収入力の維持向上に繋がる対策を打ちやすくなります

カードローン事業を行っている会社は多様ですが、大手消費者金融や都市銀行などの金融機関では審査は申込者の信用力と返済能力をスコアリング方式で評価する方法が取られています。その審査方法を把握しておけば、不用意な信用事故を回避し信用力を維持向上する、安易な転職や退職を回避し収入力を維持する、といった対策がとれ、審査に通る確率を高めることもできます。(参考ページはこちら→融資審査を少しでも通りやすくする為に

多くの金融機関は大手消費者金融と提携して審査や保証を委託しているため、大手消費者金融の審査システムを間接的に利用しているともいわれています。その審査システムは申込者の信用力と返済能力についての質問に対する回答を点数化して評価するというスコアリング方式が採用されています。簡単にいうと質問の答えに点数をつけてその合計点にプラスアルファを加えて合否を判定するというものです。

こうしたスコアリング方式を採用しているローンの審査でもその質問項目、答えの評価の基準や点数のつけ方などは各ローンによって異なりますが、質問項目に関してはそれほど差がなくその内容もある程度判明しています。そのため、その質問項目に対する答えの内容をよくしていけば高い点数が得られ合格に近づくことができるわけです。

その代表的な質問項目は、年収、職業、勤務先、勤続年数、家族構成、住居形態、住居年数、資産状況、借入金額、借入件数などです。さらに、質問以外にもローン会社は信用情報機関から申込者の信用情報を入手して、その信用力を評価します。例えば、他社での借入状況と返済状況、返済の遅延の履歴、長期滞納の有無などを調べるのです。そして、これらの情報を評価して審査の結果に反映させていくわけです。

このように、大きくは信用力と収入をベースとした返済能力に関する審査ということになるので、不用意な信用事故を回避し信用力を維持向上する、安易な転職や退職を回避し収入力を維持する、といった対策を取っていくこともできるはずです。直ぐにできること、時間がかなりかかることなど対策の内容はさまざまにあると思われますが、まずは取組み安いものから始めてみてはいかがでしょうか。

カードローンの審査の仕方はどんな風にやるのか

カードローンの審査の仕方ですが、まず申込者に本人の名前住所電話番号を書かせます。これらは本人確認書類でチェックします。この時名前に振り仮名が入っていない本人確認書類の場合、読み方を変えて申し込む人がいますが、それでも漢字だけでチェックして過去に社内ブラックになっていないかを調べます。(参考ページはこちら→ブラックってどんな状態?

そして居住形態、年収などを書かせて、勤務先の名前住所電話番号を書かせます。この時勤務先が実在するのか、勤務先の住所を地図で調べて確認します。だから無職の人が偽りの勤務先を書いても、ばれて審査で落とされてしまいます。

そしてそうやって記入された事実が本当ならば、属性調査といって、それらをスコアリングして点数を付けていきます。そしてその点数が悪ければ審査の厳しいところは審査で落とします。(参考ページはこちら→融資の審査で落ちてしまう条件

そして書類審査が終わり、在籍確認と他社借入状況のチェックになります。この二つは金融機関によって順番が違います。普通は在籍確認の後で他社借入状況のチェックですが、コスト削減で在籍確認を減らしたいところは先に他社借入状況をチェックします。

それで在籍確認は、契約書に記入させた勤務先に本当に働いているかをチェックします。それで勤務先に電話をして申込者を呼び出します。この時個人名で電話をして、金融機関の名前を出しません。それで申込者がその勤務先に在籍をしているのが確認できれば、それで大丈夫です。

他社借入状況をチェックですが、加盟している信用情報機関に申込者の情報開示を請求して、他社借入状況をチェックします。過去に金融事故が有れば、それだけで審査が通りません。金融事故が無くても収入に対して他社借入が多過ぎれば、返済が厳しいと判断されて、それで審査に落とされてしまいます。

金融事故も無く他社借入が問題無ければ、書類審査で出た点数で借入限度額を決めます。それが終わればすべての審査が終わって、カードローンが利用できるようになります。

カードローンの審査の仕方はこんな風にやりますが、順序が変わっていたり、方法が変わっている場合が有りますので、必ずしもこの通りやるとは限らないので、そのことを理解する必要があります。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2017 お金を借りるならココだ!一番人気のカードローン・ランキング All Rights Reserved.