年金受給者のカードローンの利用上の注意点

キャッシングベスト3

年金暮らしの人がカードローンを利用する場合の注意点とは何か

私は現在64歳の年金受給者でボランティアなどをして暮らしています。年金以外に収入がないため、万が一の時のまとまったお金の工面が心配でカードローンに申し込もうかと考えています。

年金暮らしの者がカードローンを利用する場合、どんなことに注意していたらよいでしょうか。

借入条件、適切な借入と返済、悪徳業者対策、利用環境が重要です

年金で生活している方がカードローンを利用する場合、いくつかの注意しておかねばならない重要なポイントがあります。カードローンの金利や利用限度額などの借入条件の特徴の理解、適切な借入計画と返済計画の立て方と実行の仕方、悪徳業者との接触を避ける方法、利用手段や利用環境の理解と選定、金融の専門家の助言、などの点を理解して実行できることがカードローンを賢く利用するためには必要です。

年金以外に収入が無い方がカードローンを利用することは困難ですが、それでも利用できる事業者は存在します。しかし、一般の利用者と比べると利用できる条件が制限されたり、不利な条件になったりすることもあるので、ローンの内容や特徴をしっかり把握して利用しないと損したり不便を被ったりすることになるので注意しなければなりません。

まず、把握しておかねばならないのが借入条件です。年金以外に収入が無い場合、返済能力が疑問視されて高い金利、少ない利用限度額が設定されることもあります。もし、アルバイトをする予定があったり、家や車などの固定資産や株式・国債などの金融資産などがあったりするなら、予めそうした情報をローン会社に提供しておきましょう。そうすればあなたに対する評価が上がり、金利なども改善されるかもしれません。
(⇒アルバイトでも借り入れ条件に当てはまる?

初めてローンを利用される方に特に注意して欲しい点が計画的な借入れと返済の実行です。ローンの便利さに魅了されついつい借入が増えるのは仕方がないのですが、返済計画も立てずに利用を続けると借金が大きく膨れ上がり返済できない状態になってしまうことも珍しくはないのです。あまり細かい計画は必要ないですが、今月はいくらまで借りて、いくら返すのか、いくら借金を残すのか、ということは明確にしてほしいですね。

次に悪徳業者の罠にかからないように注意する必要があります。カードローンの業者を装ってあなたの年金を狙って接近してくるかもしれません。また、カードローン業者であっても法外な金利を貪る闇金なども存在していますので、貸金事業登録があるか、操業年数は長いか、店舗などの施設を持っているか、などの点をよく確認してください。よくわからなければ、家族や知人などにも相談してみてはどうでしょうか。

最後は、ファイナンシャルプランナーなどの金融の専門家を利用することも重要です。カードローン自体やその事業者についてわかりにくいことも少なくないので、専門家に相談する機会があれば積極的に活用すべきです。ファイナンシャルプランナーなどでは無料の相談会などを開いていることもあるので、そうした機会にカードローンのことを相談して賢い利用方法を教えてもらったらどうでしょうか。

年金暮らしの方が利用出来るカードローンについて

年金暮らしの方がカードローンの申し込みを行うことが出来るかと言うと、それも可能なことで利用出来るサービスがいくつかあります。ただローンを取り扱う金融会社によっては、年金受給者に関しては安定した収入として認めていないところがあるので、すべての金融会社で利用が可能と言うわけではありません。

改正賃金業法によって消費者金融は利用者による前年度の年収の3分の1以上の貸付は出来なくなり、現在無職の方で前年度の収入が0の場合でしたら消費者金融から借り入れが出来ないこととなっています。このため退職をして年金暮らしの方であれば、借り入れが難しくなってくることが現状です。しかし金融会社によっては年金は安定した収入と認めているところもありますので、年金収入のみでも貸付を行えるカードローンのサービスはあります。

年金受給者が融資を申し込む場合には申込可能年齢を確認する必要があります。高齢者が借入を行うとなるとその後の死亡率が高くなることから、返済期間もあるていどの期間が限られています。このため利用出来る年齢にも制限があります。銀行のカードローンの申込の場合は年齢の上限が65歳未満に設定されています。また消費者金融系のカードローンの場合は69歳未満で年齢の上限が設定されているところがあります。このことから年齢が70歳に達するまではローンの利用申し込みが出来るということになります。
(⇒銀行のカードローンはルールも消費者金融と異なる?

高齢者が借入を行う際に気をつけるべきことは相続問題です。カードローンの借入も相続の対象となり、返済が終わる前に利用者本人が死亡してしまうと遺族に相続されることとなりますので、借りる際にはご家族に事前に打ち明けておくことが必要です。借入のきっかけに生活費が足りないから融資を受けるという利用方法は望ましくありません。働いて収入を得て返済することが難しくなるのでしたら生活保護の申請を行うか、不動産を担保に借入を行うことも考慮に入れた方が良いかもしれません。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2017 お金を借りるならココだ!一番人気のカードローン・ランキング All Rights Reserved.