消費者金融の審査で、無職ではないとウソついて通ったのは何故

27歳。現在無職で、家事手伝いをしています。無職だと消費者金融で借りることはできないんですよね?好きな歌手のライブのチケットが欲しくて、ダメ元で申し込みしてみようかな、と思って、先日、消費者金融のインターネットの審査を受けてみました。無職とはいえなくて、アルバイトということにしたのですが、審査にその場で通ってしまいました。

これから本審査ということですが、無職なのに審査に通ってしまったということは、このまま借りられる可能性があるということなんですか?無職だと審査に通らないと思うんですけど・・・。

消費者金融の本審査では無職だと通りません

御存知の通り、消費者金融の審査は、無職だと通りません。消費者金融は、きっちり収入のある人ではないと、融資はしてくれません。返済してもらわなければ、ボランティアになってしまうどころか、お金を配ることになってしまうからですね。

しかし、消費者金融のインターネット審査で、無職だということを偽ったら、審査に通ってしまった。何故なのでしょうか。それは、インターネット上で行われる「仮審査」だからだと思われます。

今主流の、消費者金融の審査の流れは、まずインターネットでの仮審査を受けて、それで通ったら本審査に進むというものです。インターネットでの仮審査を挟むことで、効率をよくして、多くのお客さんにスピーディーにお金を貸すことができるようになっているのです。

インターネットの仮審査は、証明するものは何も必要なく受けられます。あなたの自己申告で、年収はどのくらいあるか、なんの職業に就いているかなどを申し込みフォームに登録して、インターネット上で機械による審査を受けることができます。

ご質問者様は、その仮審査で、無職なのにもかかわらず無職ではないと申告したのでしょう。それが正しいことなのかどうか、インターネット上では判断できませんので、審査に通ってしまったのかもしれません。

しかし、このまま本審査に進むと、在籍確認などを行い、あなたがちゃんと働いているかどうかなどをチェックされますので、偽りの職業では、100パーセント審査に落ちてしまいます。インターネットでの仮審査でウソをついて通ってもなんの意味もありませんので、必ず正しい情報にて審査を受けるようにするべきです。

【参考ページ】
消費者金融の融資審査に通過するコツについて

無職であっても消費者金融の審査に通るには

お金というのは、生活をしていくためには大切なものです。しかし、人生何が起こるかわかりません。順調に生活をしていたと思っても、リストラにあったり、病気やけがなどで仕事ができなくなったり、取り巻く状況が一変することもよくあることです。そうなると、本当に生活をしてくのが大変になることでしょう。いざという時にどのように対応をしていけばいいのか、考えてみましょう。

まずは、お金がないというときにやることとしては、質素な生活に慣れることです。これには、本当に生活レベルを下げることになるので、大変ですが、それができればある程度見通しが立つものです。そして、どうしても足りない分をどうにか調達する方法を考えましょう。

初めに考えるのが、人から借りるという方法です。親や親せきなどに頼るのもいいのですが、返済できない時にかなり揉めるので、避けた方がいいでしょう。そうなると、やはりほかの金融機関から借り入れるといいでしょう。しかし、金融機関で借り入れるには審査がに通る必要があります。無職や主婦の場合では、かなり制限があるので、知っておくといいでしょう。銀行やクレジットカード会社では、かなり厳しい審査になるので、消費者金融会社にするといいでしょう

消費者金融では、即日審査・即日融資が可能であり、無職であっても、主婦であっても、年金生活者であっても、審査に通ることがあります。ですから、可能性はかなりあるということです。それに対して、銀行などでは通る可能性が低く、無理な場合に消費者金融に来る人もいるくらいです。申込やネットや電話ででき、スムーズな流れで融資してもらうことができるでしょう。気になる金利手数料は、法的な規制が入っているので、あまり心配することもないでしょう。

このように、無職であっても融資をしてもらえることもあるので、消費者金融会社の申し込みをしてみるといいでしょう。しかし、借金であることを忘れないようにして、計画的にお金を使うようにしましょう。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2017 お金を借りるならココだ!一番人気のカードローン・ランキング All Rights Reserved.